1
/
5

目標を見つけた時、「選べる自分」でありたい――大手の内定を辞退してベンチャーに進んだワケ

2020年4月に入社した新入社員メンバーをリレー形式で紹介するコーナー「Animals Real」

No.10は、大手の内定を辞退し、その後ZUUに入社することを選んだ吉川さん。ベンチャーを選んだ理由や、入社してからの毎日、仕事のやりがいについて、率直に語っていただきました。

反骨精神あふれる吉川さんは、飾らない誠実な人柄が魅力。新卒1年目にしてすでにZoom講義の講師も務めています。

プロフィール
2020年3月早稲田大学卒業。株式会社ZUU入社。鬼速PDCAエンジニアリング事業本部にて新規プロダクト開発を担当。現在はマーケティングチームで顧客開拓をはじめとするプロモーションプランの立案から実行に従事。

――最初に、大学時代について教えてください。

吉川:僕は大学からアメフトを始めました。体が小さくて細かった僕は、周りから「選手は無理だろう」と思われていたと思います。でも、そこで負けず嫌いな性格に火がつき、猛練習。最終的に、選手として試合に出場し、最後の大会では全国2位の成績を収めました。


――どんな就活をしていましたか。

吉川:大手企業を1社受けて内定をいただいたので、僕は就活をほとんどせずにアメフトに注力していました。でも、大学4年の12月に部活を引退し、このままでいいのかと葛藤が生まれました。

部活の片手間に取り組んだ卒論しか手元に残らないのはいやだ、もう1年勉強しないと後悔が残る。そう思って、内定を辞退し、あえて1年留年しました。その後、就活にもしっかり向き合いました。

――大手からベンチャーに舵を切った理由はありますか。

吉川:最初、ベンチャー企業は視野に入れていませんでした。でも、自分の人生を振り返り、考えが変わりました。

早稲田大学に入り、全国2位の成績で部活を終え、大手企業に入社。大きな挫折を経験することもなく、普通に生きて、普通にお金をもらう。自分の人生のピークは、大学時代の決勝の舞台だったと、時々思い返す――。そんな人生を想像して、ダサいしつまらないなと率直に思ったんです。

だからこそ、就活では「何かを成し遂げないと評価されない場所」を求めるようになりました。会社において自分が大きな役割を担える環境と考えた時、大手よりベンチャーだと気づきました。

――ベンチャーの中でもZUUを選んだ理由を教えてください。

吉川:エージェントさんに「熱いベンチャーを紹介してほしい」と頼み、紹介されたのがZUUでした。

正直にいうと、ZUUの第一印象は「この会社は自分には合わない」でした。代表の冨田さんの『鬼速PDCA』を読み、これを組織として本気で実践している会社だとしたら、絶対にしんどいなと(笑)

でも、だからこそ入社しようと思いました。僕は、圧倒的に不利な場所に身を置くことが、一番の成長につながると思っています。不利な立場で自分に足りないものを考え、最善のアプローチにたどり着けるのが僕の長所。アメフトを通じてそう自負していたからこそ、あえてZUUに入社しました。

――入社してからの印象を教えてください。

吉川:想像通り、ZUUはまさに鬼速PDCAが常識の会社でした。鬼速PDCAでは、目標と現状のギャップから課題を見つけ、課題を解決していきます。

そのため、会話のスタートが「こんな課題があります」じゃ遅いんです。「課題に対してこんな仮説を立てました」が当たり前。それも、筋の良い仮説じゃないと価値がない。そういう文化は、すごく好きだし、僕の肌に合っています。


――入社後は、どんな仕事に取り組んでいますか。

吉川:入社して4ヵ月目に、顧客に鬼速PDCAを伝えるコンテンツ作りを任されました。他社の同期は、まだ研修期間中。僕もまだ「鬼速PDCAを学ぶ立場」という甘えがありました。

だけど、ZUUでは新卒にも「鬼速PDCAを体現して人に教えられるレベル」が当然のように求められるんだなと。ここでならケタ外れの成長角度で伸びていける。そう感じた瞬間でした。

その後は、PDCA Cloudというプロダクトを企画開発する部署で、講師として経営者の方々にZoom講義をしました。講義後のアンケートで、現役の経営者の方から「今まで見えていなかった課題に気づけた。これから吉川さんに教えてもらった手法を会社の常識にしていきます」と名指しで感想をいただきました。新卒でも、会社のリーダーに新しい視点を提供できるというのは、印象深く刺激的な体験でした。

ZUUでは、「お客様の前で話せるレベル」まで一気に引き上げる、そういう仕事の任せ方をしてくれます。

――仕事をしながら意識していることがあれば教えてください。

吉川:業務だと、「お客様の課題を一番に考える」ことです。鬼速PDCAをただ売るのは、違うなと。あくまで課題ファーストで考え、お客様の課題に対して最大限コミットできる自信を持てた時、鬼速PDCAを提供しています。

仕事の仕方でいえば、当事者意識を持つことです。他の人が課題にぶつかっている時、「自分だったらどうするだろう?」と考える。自分がその課題にぶつからなかったのは、単にその機会がなかっただけです。当事者意識を持つことで、成長速度も仕事の仕方も変わってくると考えています。

――上司先輩について教えてください。

吉川:仕事を任された時、最初は「絶対無理だ!」と思うんです。でも、よくよく考えてみれば、可能にする道筋が見えてくる。仕事を通じて、自然とリミッターを外せるんです。

上司や先輩は、僕の力量をしっかり見極めてくれているので、不可能なラインは設定しません。成長角度が高くなるぎりぎりのラインで仕事を任せてくれる。そういう信頼と安心感があります。

ZUUは「目標はどれだけ高く掲げても損はない」と思わせてくれる会社です。

ZUUの上司先輩は、とにかく視座が高い人が多い。僕には見えない先の先まで見えている。見える世界が違えば、必然的に考え方も解決策も、行動も変わってきます。僕はまだ見える距離が短いので、視座を上げることが課題です。追いつきたい先輩、追い越したい先輩がたくさんいます。

――ZUUでの仕事を通じて実現したいことはありますか。

吉川:鬼速PDCAの考え方は非常に合理的です。お客様がつまずくのは、理解よりも実践。課題に正しくアプローチができるかが難しい。だからこそ、第一線でお客様に寄り添えるコンサルやセールスになりたいです。


――ZUUにかかわりなく、人生で実現したい目標はありますか。

吉川:僕は奈良出身なので、奈良に戻ってビジネスをしたいです。

奈良の魅力は、文化遺産がたくさんあるのに、いい意味で“商売下手”なところだと思っています。ホテルも観光客も少なくて、人や暮らしが侵害されていない。生活感が残っているからこそ、奈良でしかできない体験がある。そういう奈良のよさを守るビジネスがしたいです。

――就活生に向けてメッセージをお願いします。

吉川:成長角度の高い会社にいれば、自分がやりたいことを見つけた時の選択肢を増やせます。そういう意味で、ZUUは人生の選択肢を増やしてくれる会社です。

組織の中で大きな役割を果たしたいと考えているなら、大手だけでなくベンチャーにも目を向けてみてください。現状に満足せず、「果たしてこれでいいのだろうか」と常に問い続けられる人は、ベンチャーでこそ輝けるかもしれません。僕は自分自身の実体験から、そう思っています。

株式会社ZUUでは一緒に働く仲間を募集しています
8 いいね!
8 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう