1
/
5

【インタビュー】「当たり前」を支えるSREという職種。新卒エンジニアがハマったその世界。

【プロフィール】
髙塚大暉(技術本部 SRE部 ECプラットフォーム基盤SREブロック/
2020年新卒入社)
2020年にZOZOテクノロジーズ(現株式会社ZOZO)に新卒入社。入社以来、ZOZOTOWNのリプレイスプロジェクトにて、AWSとKubernetesを活用したクラウドネイティブなインフラ構築・運用に従事する。趣味は将棋とピアノ。

技術力で世の中を変えるワクワク感

私がZOZOと出会ったきっかけは「ZOZOSUIT」です。学生時代の私はファッションにほとんどこだわりがなく、「ZOZOTOWN」や「WEAR」を使ったこともありませんでした。ただ、当時世間の注目を集めた、ZOZOSUITで一人ひとりの体型を計測し、オーダーメイドで服を作るという取り組みに興味がわき、実際に使ってみたところ、その計測技術の高さに驚きました。その時から、ZOZOという企業に関心を持ちはじめたんです。

最終的に入社を決めた理由はいくつもありますが、一番大きかったのは、ZOZOSUITをはじめ「服を買う」という日常を全く新しい体験に変えてきた、ZOZOの技術に挑戦する姿勢です。

学生時代の開発経験から「技術力で課題を解決する」ことの喜びを知っていた私は、ZOZOのエンジニアとしてFASHION TECHで世界を変える挑戦がしたいと思い、その未来にワクワクし入社を決めました。

あとは「人が良かった」ということも大きいですね。説明会や面接で出会ったエンジニア社員の温かい人柄や、プロダクトに対する熱い想いに触れ、「この人たちと一緒に働きたい」と思えるほど惹かれましたし、自分もこうなりたい、という憧れもありました。選考でお世話になった人たちとは今でも交流があります。


お客様の「当たり前」を支える

私はSRE部ECプラットフォーム基盤SREブロックに所属しています。SREとは「サイト信頼性エンジニアリング」のことで、私たちはクラウドインフラの構築・運用を通じて、お客様に「ZOZOTOWNでいつでも服を買える」という当たり前を届ける専門チームです。

業務内容はとても幅広く、マイクロサービス基盤の構築と運用、CI/CDやシステム監視の構築、パフォーマンスチューニングのための負荷試験、BOT対策などのセキュリティ関連業務、障害対応などがあります。

続きはこちら

株式会社ZOZO(エンジニア・デザイナー部門)では一緒に働く仲間を募集しています
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう