This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

バスケのインハイ出場選手が、青葉台のITベンチャーでエンジニアとしてキャリアをスタートさせた理由

こんにちは!ZERO TO ONE採用担当の川北正和と申します。

ZERO TO ONEは神奈川県横浜市青葉区にあるITベンチャー企業です。閑静な住宅街にポツンとある設立5年目のこの会社は、実は世界115ヵ国にビジネス展開していて、自社開発システム取扱高200億円を超えている、知る人ぞ知る会社です。最近は、自社開発したライドシャアアプリ「ノリーナ」はメディアに取り上げられることもしばしばあり、知名度も少しずつ世の中の皆さんに知られ始めてきたネクストブレイクカンパニーです。

そんなZERO TO ONEのビジネスを支えているエンジニアメンバーを数回にわたって紹介しています。第七回目は、阿部 秀哉(あべ しゅうや)さんです!

プロフィール

阿部 秀哉(あべ しゅうや)

趣味・特技:バスケットボール(インハイ出場)、ポケモンGO、猫をめでる、食べること、マンガ(宇宙兄弟とか好き)

2019年 株式会社ZERO TO ONEに新卒でジョイン

ZERO TO ONEで取り組んでいるミッション

川北:ZERO TO ONEではどんな仕事をしていますか?

阿部:今は中村さんの下で、基幹システム関連のOJTを受けています。内容としては、半分研修、半分業務といった感じです。あとは、お客様や来客の受付対応を都度しています。

※中村については、こちらの記事をご覧ください。
https://www.wantedly.com/companies/zerotoone2/post_articles/177435

川北:すでに現場で開発しているとお聞きしましたが・・・

阿部:はい。8月中旬頃から取り組んでいます。想像していたより研修内容が濃くて、日々自分の成長を感じています。

川北:具体的にどんな瞬間に成長を感じますか?

阿部:自分が入社した直後の4・5月に書いていたコードを見て、気持ち悪くなる瞬間ですかね笑

川北:なるほど笑

阿部:あとは、先輩が話している用語が分かるようになったり、自分が出来ることが増えたり、実践の場でのバージョン管理やテストコードを書いたりとか、入社する前に知らなかったことが身についているところは自分でも成長したなと実感できますね。

川北:素晴らしいですね!エンジニアとしてこの半年間、順調に成長していると思うのですが、何か理由はありますか?

阿部:研修内容がとても充実していることと、あとは質問しやすい環境を作ってくれているのも大きいです。

ZERO TO ONEの魅力

川北:この半年間、エンジニアとして順調に成長してきた阿部さんが感じる、ZERO TO ONEの「魅力」って、何ですか?

阿部:入社前から感じていた魅力である「一人一人が熱い思いをもってプロダクト開発している」「他責にしない」「サービスをよくしようという意識の高さ」は今でも変わらないです。加えて、入社後に感じた魅力としては、「若手の声に耳を傾けてくれる」「疑問にきちんと答えてくれる」「自分の意見を形にしてくれる」ところですね。

川北:なるほど。入社後に感じた魅力は、具体的にどんな時に感じたのですか?

阿部:経営陣と若手メンバーのMTGの時ですね。そのMTGは週一で開催されていて、社長や役員に意見を言いやすいですし、僕ら若手メンバーの質問・疑問にしっかりと答えてくれます。また、MTGで提案して実現していることもいくつかあり、非常にいい環境を作ってくれています。


ZERO TO ONEで一緒に働きたい人は?

川北:入社して半年、あと半年もすると後輩の新卒メンバーが入ってきますが、阿部さんがこれから一緒に働きたい・一緒にチャレンジしたいと思う人は、どんな人ですか?

阿部:悪い報告を一番先に出来る人、ですね。

川北:それはなぜですか?

阿部:ミスや失敗を報告するのはとても気が重たいのですが、それを周りのメンバーやクライアントにしっかり伝えないと、プロジェクトが頓挫したりチームが破綻してしまうからです。

川北:なるほど。ミスや失敗は認めて、迅速に報告する・行動できる人ですね。

阿部:はい。もっと言えば、ミスや失敗を想定して前もって相談・報告ができれば、より素晴らしいと思います。私自身はまだきちんと出来ていないところがあるのでそこは今後の課題ですし、それが出来る人がジョインしていただければ、学びたいなと思います。

学生時代にエンジニアを目指そうと思ったきっかけ

川北:ここからは少しテーマを変えて、阿部さんがエンジニアを目指そうと思ったきっかけについてお聞きしたいと思います。学生時代はスポーツに打ち込み、元々は経営者を目指して勉強していたとお聞きしていますが、何がきっかけでエンジニアを目指すようになったのですか?

阿部:経営の勉強をしようと進学した学校でプログラミングに出会ったのがきっかけですね。高校まではバスケットボールに夢中でしたし家にPCもなかったので、エンジニアやプログラミングの世界とは無縁の生活を送っていました。高校卒業後は、身内が漁業や野菜の卸しのビジネスをやっていたこともあり、経営が学べる地元の短大に自然と進学を決めました。

川北:そこでプログラミングに出会ったと。

阿部:そうですね。初めて触れた言語はC言語でした。そこからプログラミングに興味を持ち、本格的にプログラミングが学べる大学に編入しました。大学ではゼミで農場のブランディングの研究をしていました。企画・デザイン・プログラミング等、色々なことに取り組みましたが、その中でもやはり一番面白かったのがプログラミングでした。また、身内がやっている漁業や野菜の卸しのビジネスをもっとシステム化できれば面白いという将来のビジョンもあり、エンジアを目指すようになりました。


ZERO TO ONEにジョインした理由

川北:スラムダンクの世界からITベンチャーのエンジニアへチャレンジを決意した阿部さんが、ZERO TO ONEにジョインするきっかけは何だったんですか?

阿部:デザイナー志望の就活生がよく利用するWebサービスに、自分のプロフィールを掲載してオファーをもらったのがきっかけですね。

川北:デザイナーの新卒採用サービス、ですか?

阿部:はい。実はデザインにも興味があって、インターンに参加したことがありました。その経験から、デザインも出来るエンジニアはバリューがあるんじゃないかと思い、得意分野にエンジニアと記載してプロフィールを掲載していました。

川北:なるほど。自分の強みを活かした就活戦略だったんですね。その結果、ZERO TO ONEに入社を決断した理由は何だったんですか?

阿部:何社かオファーいただいた中で、ZERO TO ONEの当時の採用担当の方や役員の高橋さんの話を聞いて、どの会社よりも自分と向き合ってくれる・プロダクトを良くしようという気持ちが伝わってくる会社だったので、決断しました。将来、エンジニアもデザインも出来る環境があるなとも感じたのも理由の一つです。また、私自身が仮面ライダーが好きでチョロQが好きで親戚もクルマ関係の仕事をやっているので、縁を感じたのもあります。

川北:なるほど、そういう理由だったんですね。

阿部:はい。

川北:・・・仮面ライダーとチョロQ、薄くないですか?

阿部:・・・薄いですかね汗

これから実現したいこと

川北:色々な縁を感じていただいて笑、ZERO TO ONEにジョインしていただきましたが、今後はどういったことを実現・チャレンジしたいですか?

阿部:まずは当たり前のことかもしれませんが、エンジニアとして自分が関わったプロダクトを責任を持って完成させたいです。また、エンジニアとしてだけでなく、デザイナーとして画面設計やアプリデザインにもチャレンジしたいですね。

川北:就活同様、自分の強みを最大限に生かしてものづくりに取り組むと。

阿部:はい。最終的にはPMになって、企画やスケジュール管理も学び、いいプロダクトを生み出せるようになりたいです。

川北:それは将来楽しみですね!PMには何年後になりますか?

阿部:10年後ですかね・・・

川北:・・・・・

阿部:・・・ご、5年後で!

川北:5年後、期待しています!笑

株式会社ゼロトゥワンでは一緒に働く仲間を募集しています

今週のランキング

ランキングをみる
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう