1
/
5

インタビュー!!vol.5 / Yusei Ikejima「涙のZEROGRA卒業!!」

こんにちは、ZEROGRA採用チーム(Momoka&Akira&Natsuki)です!!

今回はZEROGRAインターン生「涙の卒業インタビュー」です!

インターン1期生としてZEROGRAを引っ張ってこられたYuseiさんが、4月から社会人になるためZEROGRAを卒業されました!

卒業前に、これまでどんな想いでZEROGRAで活動してきたのか、どんな経験をしてきたのかをインタビューしたので是非最後までお読みください!

それではさっそく色々お伺いしていきます!

まず、インターンを始めようと思った理由から教えて下さい。

Momoka:個人的には、就活を終えてからの残りの学生生活をインターンに注力しようと思った理由が気になります。

私だったら遊びまくりたくなっちゃうと思うので(笑)

Yusei:そうだなぁ、就活のGDとかでインターン経験者の優秀さを感じてその人達に負けてることにもやもやしたからかな。

小さい頃から負けず嫌いな性格だからか、就活が終わってもその人達に負けてたことがずっと引っかかってしまってて(笑)

あとは今までの経験から自分はぶっつけ本番より準備期間があったほうが上手くいきやすいって感じてたからっていうのもある。

仕事にしても、社会人として4月からいきなりスタートするより、インターンで社会人としての実務経験を積んでからの方がいいスタートが切れると思ったんだよね。

その点、ZEROGRAを選んだのも学生目線のケーススタディや研修じゃなくて実際に仕事をやらせてもらえるってところがあったかな!

Akira:なるほど。確かにZEROGRAの仕事は社会人がやってる内容と変わらないですよね。

そこに関して、入った後でギャップを感じたりしたことはありませんでしたか?

Yusei:ギャップっていうか入った後に感じた魅力としては、自分が出した成果が会社の利益や成長にダイレクトに繋がってるって実感できるところだね。

あとは、インターン生同士も他の学生の成果を讃えあう雰囲気があるのもいいところ!

Momoka:そうですね〜!相手の成功を讃えて、そこから学ぼうとする姿勢は私もすごく感じます。

↓ ZEROGRAインターン1期生4人での集合写真 ! ↓

Natsuki:それじゃあ次の質問なんですけど、

ZEROGRAのインターンの中で一番大変だったこととか時期はありますか?

Yusei:それはやっぱり初アポを取るまでの期間!周りの2,3年生がどんどんアポを獲得していく中で、自分は年上なのに成果がでなかったからしんどかった。

実際初アポまで1ヶ月ぐらいかかったしね。

Momoka:それはしんどいですね…。どうやって乗り越えたんですか?

Yusei:毎日退勤する時に書く日報あるじゃない?自分の良かったところを書く欄でとにかく自分を色んな角度から褒めた!

他のインターン生は結構テレアポで良かったところをメインで書いてたんだけど、僕は「今日はスケジュール通りに業務を進められた」とか書いてたな(笑)

今振り返ると、自分を褒めて自己肯定感を高めてたのがしんどい時期を頑張れた大きな要因だったなぁ。

Akira:なるほど、ありがとうございます!

それじゃあ一番嬉しかった時はいつですか?

Yusei:2月に社長賞に選んでもらえた時!2月あたりはどんどん新しいインターン生が増えてきて、僕も自分なりに考えて新しいインターン生にテレアポのコツとか伝授してたんだよね(笑)

そしたらそういう僕のやった事がそのまま会社の利益に繋がって、さらに会社からも社長賞って形で認めてもらえたのが嬉しかったな。

Momoka:表彰ってやっぱり嬉しいですよね!

Akira:僕もその賞狙ってたんで、Yuseiさんが受賞して悔しかったです(笑)

じゃあ次の質問です。

Yuseiさんって人事機能を持つHR Promotion Team(以下、HRP)でも活躍してきたと思うんですけど、組織作りとかに興味があってこの部署に入ったんですか?

Yusei:うん。組織づくりにはもともと興味があったんだよね。大学で学園祭実行委員をしていたんだけど、2回生の時に先輩にすごく可愛がってもらってて。

その恩返しも含めて3回生の時に実行委員皆に楽しんでもらえるような実行委員内のイベントを企画したんだよね。

その経験を通して組織作りとか組織自体に興味を持つようになったね。

Natsuki:そんな経験があったんですね!それがHRPでのZEROGRAの働き方を考えるってところに繋がったんですね。

Yusei:そうだね。もともと、人の「働く」ってどうやったら楽しくなるのかなってずっと考えていたし、新卒で入社する会社はそういうビジョンを持ってる会社だよ。

Momoka:そうだったんですね。

↓ 1月に掲載した1期生Taishiへのインタビュー中 ↓

じゃあ逆にZEROGRAに入ってから、興味を持ったことや成長を感じたところはありますか?

Yusei:成長したところか〜。思ったことをすぐに行動できるようになったところかな。皆も仕事に対して何かこうした方がいいんじゃないかって思うことってあると思うんだよね。

その時に、これやっていいのかなって悩んで行動に移せないことない?

Natsuki:あ〜。ありますね…(笑)

Yusei:うん。僕も前はそうだったんだけど、ZEROGRAで働く中でしっかり自分の考えで行動できるようになったな。

Akira:それってZEROGRAっていう環境がそうさせたんですか?

Yusei:そうだと思う。そういうのを良しとしていた会社だと思うし、自分からどんどん手を挙げていこうっていう文化があるよね。

Momoka:確かにそれは私もHRPで活動していて感じます。

それじゃあ、卒業する今率直にどんな気持ちか教えてください!

Yusei:不安はあるけど、社会人になる楽しみの方が強いかな!

Natsuki:すごい!社会人が楽しみって素敵ですね。

Akira:どうして楽しみなんですか?

Yusei:就職する会社にも納得感を持っているし、自分がやりたかったことだしね。あとはZEROGRAで成果を出せたっていう自信を持っていけることもあるかな!

Akira:なるほど。やっぱりZEROGRAで働いたことは自信に繋がったんですか?

Yusei:間違いなくそう!ZEROGRAはすごく好きだし、入ってよかったと思う。

ここでの経験のおかげで社会人になることにあんまり不安はないかな。

多分インターンしてなかったら不安だっただろうな(笑)

Akira:そうなんですね!僕もZEROGRAでの経験が就活でも自信になっていたので共感します。

Momoka:卒業っていう観点で見た時に、もう少し続けたかったのか、それともやり切ったって思いがあるのか気になったんですけどどうですか?

Yusei:それはもちろんあと一年はやりたかったって思ってるよ!今ZEROGRAでやれることもどんどん増えてきてて僕もそういうのにチャレンジしてみたかったし、なにより好きな組織だっていうのもあるし…。

組織全体についても、今になってもっとこうできるんじゃないかとか、もっとこうした方がいいんじゃないかってことが色々でてきてる(笑)

Momoka:これから私達がYuseiさんの分も頑張って行きますね!

↓ 卒業式での1枚 ! 後輩に慕われる良い兄貴↓

ちなみに、今後YuseiさんはどんなふうにZEROGRAと関わっていきたいですか?

Yusei:プライベートはもちろん仕事での関係作りがしたいな。これができるようになったら僕が成長したってことだし、ZEROGRAへの恩返しになると思う。

自分が仕事で得た経験やノウハウを共有してZEROGRAに貢献出来たらいいな!

Natsuki:卒業後もまたYuseiさんのアドバイスをもらえるのが楽しみです!

Akira:じゃあ次に、

Yuseiさんが思う今後ZEROGRAでインターンをする後輩が意識するべきことを教えてください。

Yusei:これはおかしい、これはもっとこうした方がいいっていう自分の感覚を大切にしてどんどん発信していってほしいかな!

アドバイスを受けることはもちろんだけど、それ以上に自分の感覚を信じることは本当に大事。

あとは「働くことを楽しむ」ということを意識してほしい!常に自分自身が楽しく仕事できるように考え続けるべきだと思う。

僕が考えるに、今までの楽しかった感覚を大切にしながら働いてる人がそれを出来ていると思うし、楽しい感覚のヒントは今までの人生の中にたくさんあると思うよ!

Natsuki:「働くことを楽しむ」って良い言葉ですね!今後、私も意識しながらZEROGRAで働いていきたいと思います!

Momoka:ありがたいお言葉ありがとうございます。

最後に、今後のZEROGRAメンバーへの期待を教えてほしいです!

Yusei:期待してることはメンバーの「覚醒」かな!OSK(大阪)は4月から組織形態が変わってやれることの幅が広がったし、NGY(名古屋)も各々成果が出始めたりしていて、どんどん新しいことにチャレンジできる環境になってきてると思う。

今まで以上に色々挑戦できる環境って、個々の能力の「覚醒」に繋がるんじゃないかな。みんなが「覚醒」すれば関西で一番インターン生が育つ会社」もきっと実現できるよね!

Momoka:まさに過渡期って感じですね。インタビューは以上です。今日は沢山答えて頂いてありがとうございました!

今回は、Yuseiさんのインターンでの経験や想いについて書かせて頂きました!

これからのZEROGRAを担う私達にとっても、学ぶことの多い貴重なインタビューになりました。

この記事でインターンメンバーの考えや、ZEROGRAの成長できる環境を知っていただけたら嬉しいです!

ZEROGRAでは今後も一緒に働いてくれるインターン生を募集しています。

ZEROGRAに少しでも興味を持っていただいた方、Yuseiさんのようにインターンの経験によって自信を持ちたい方、こうした記事を作成してみたい方、動機は何でも構いません!皆様のご応募お待ちしております!

ご興味をお持ち頂いた学生さんは気軽に「応募する」ボタンをポチッと押してみて下さい!

大阪/採用・SaaSサービスを通して顧客の課題解決ができるインターン!!https://www.wantedly.com/projects/585391

〈愛知/1期生募集!SaaSサービスのインサイドセールス立ち上げメンバー!!〉https://www.wantedly.com/projects/615661

最後までお読み頂きありがとうございました!

株式会社ZEROGRAでは一緒に働く仲間を募集しています
2 いいね!
2 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう