1
/
5

インタビュー!! Vol.1 / Mikiya Sanada「記念すべきインターン生第1号!」

こんにちは!採用チームのTanakaです!!

今回は、皆さんにZEROGRAをもっと知ってもらえるように、

記念すべき1人目のインターン生であるSanada君(みっきー)にインタビューしてみました!

私とはまた違った視点でZEROGRAの魅力を語ってくれているので是非読んでみて下さい!

Tanaka:みっきー、インタビュー受けてくれてありがとう!

じゃあまず、ZEROGRAのインターンを始めたきっかけを教えてください!

Sanada:将来的に自分の人生、直近では就活を考えたときにこのままの自分では社会に通用しないと思ったからですね。実は今までも別のところでインターンをしていたんですが、やっぱりインターンって学生を「使う」傾向が強くて、主体性が発揮しにくいところがあって。

ZEROGRAはスタートアップで、本来なら自ら起業しないとできないような経験をインターンとしてですが、それでも会社の一員として経験できるところに魅力を感じました。


Tanaka:他のインターンもしていたんですね!確かに他のインターンと比べるからこそ感じるZEROGRAの魅力ってありますよね。言い方正しいか分からないですけど「やりがい搾取されない」インターンって感じ!

次の質問なんですけど、ZEROGRAはどんな会社だと思いますか?雰囲気など感じる所を教えて下さい!

Sanada:仲間意識が強い会社だと思います。まだ知り合って間もないメンバーですが、既にお互いを大切にして支え合える、信頼できる仲間になりつつあるように感じますね。

また、社員さんについては、学生を学生としてではなくプロとして見て下さるところがありがたいです。厳しいけれど、自分が成長するには最適な環境だと思います。


Tanaka:良い事言いますね~(笑)このZEROGRAでのインターンを始めてどんなことを感じましたか?

Sanada:自分の実力の無さを痛感しました。例えば営業では、社員の方々と比べて語彙や敬語の切り返しが圧倒的に足りないです。論理的思考や先見性も足りないですし、挙げ始めたらキリがありません(笑)

でもこうした力不足を実感することは決して悪いことではないと思っていて、実際に活躍している社会人の方々の間近で働くことで社会で活躍できる人材に近づけると考えています。

これからの自分の成長を考えると、今後がより楽しみですね!


Tanaka:自分に厳しいですね。私はみっきーと一緒に働いててすごいなって思う事多いですよ!

そんな環境で大学と両立するのは大変じゃないですか?

Sanada:結論から言うと、大変ではないです。自分の場合、ほとんどオンライン授業なこともあり、使える時間が多いです。それをインターンに当ててるだけって感じですね。バイトの代わりにインターンしてるとも言えます。それでお金貰えて成長できるなら一石二鳥ですよね(笑)


Tanaka:なるほど(笑)考え方次第ですね!

それじゃあ、これからインターンでどんな力を身に付けていきたいですか?

Sanada:社会に出た時に即戦力になれるような力をつけたいですね。今のうちから他の学生と差をつけて、将来入社した会社で不可欠な存在になりたいです。


Tanaka:将来有望ですね!これからが楽しみです。

私も今から就活なので個人的な興味もあるんですけど、ここでの経験を就活にどう生かしていきますか?

Sanada:ZEROGRAはスタートアップの会社で人数がまだ少ない分、一人一人が必要不可欠な存在です。そこで要求される役割は決して小さくなく、いやでもプロとしての力が身につきます。

アバウトな答えになるかもしれませんが、ここでの経験はすべて生かせると思います!(笑)

Tanaka:そうですね!一緒に頑張っていきましょ~~!

インタビューは以上になります!

ZEROGRAの魅力が少しでも伝わっていたら嬉しいです!!

引き続き、他のインターン生にもインタビューしていきますので、乞うご期待です!!

株式会社ZEROGRAでは一緒に働く仲間を募集しています
2 いいね!
2 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう