1
/
5

コロナで得た教訓

コロナ禍で気付いたことがたくさんある。

詳しく書くのはまた次の機会に。


事業ポートフォリオを見直し実践する。


1.災害対策ツール販売

ウィルス、また夏には台風、そしていずれ来るだろう大地震

その時に

売り上げになる=人のためになる

商品とサービス開発

いくつかはもうできている。


有事の度に売り上げが限りなく0に近づく

これを補填するモデルともなる。


2.サブスクリプションモデル

もしくは長期レンタルモデル

初期投資はかかるものの、安定すれば安定的に収益がはいってくる。

あれとあれ。

詳しくはまた


3.レンタルモデル

原価を回収すれば、仕入れ費用がかからないモデル。

施工費や保管費はかかりますが。

3について少し書こう。


その前に


やはりこれっ

私たちはワクワクする空間をつくることができる!

その中でも恐竜は、ものすごいポテンシャルを持っている。

事業計画はできている。


自分が楽しんで、人を楽しませて

「こんなに利益が出るの!?」


そして、説明すればするほど、人が口にするのが

「これはイケる!」


その瞬間に僕は

「でしょでしょ」って満面の笑顔✨で自信を持って言う。

https://deluxs.co.jp/dinosaur/

今日はこんなんを持って、あるテーマパークさんに行ってくる。

コロナ対策ですが

結局、恐竜の話になるんだろう。




「感動価値創造」株式会社ゼンシン 前田雄一

株式会社ゼンシンでは一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう