1
/
5

社長の仕事

変わりゆく時代、世界の中で社長の仕事について考える。

中心にあるのは

「感動価値創造」

会社の存在意義そのものそれぞれのメンバーが

「何をしたいか」「なぜやりたいか」

これが会社の方向性とほんの一部でも重なること

会社が自己実現にとっての大きな要素になればいい。


もっとこうしたい。

の声が溢れる会社でありたい。


そして


ミッション

コンセプト(事業領域)

ビジネスモデル


そして実現するための人と組織をつくること。


そこには

「らしさ」が溢れていないといけない。


改めて

らしさを見える化できることは、私たちの強みだと思う。

https://my.matterport.com/show/?m=NA5sj8sH8v9&fbclid=IwAR0c2bpFAeKr-IYso7RhWnq9WXywT6f61USkPzti2kI708vADK66mlK5nLI

出来上がった展示会ブースを見てても強く思う。


本気で事業的にも、人間的にも、社会的に本気で面白いことをやってれば人が集まってくる。

をリアルに感じる。

今年は、「人と組織に投資する」を言い続けている。


書き忘れていた、今のフェイズでは大切なガバナンス、管理体制についても進んでいる。

何が言いたいか。


やはり

「人生想った通りにしかならない」


できないを出来るにかえる。

他力にしない。

当たり前ではない、有り難い。

理想の未来を語る

明るく、よく笑う

よく寝る


あれっ

話が逸れた。


さて

今日も早起き。

本日も一生懸命で価値ある1日にします!


「感動価値創造」株式会社ゼンシン 前田雄一

株式会社ゼンシンでは一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう