Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

創業の原点に立ち返る。3.11 宮城県へ。

こんにちは!ゼンシングループの坂下です。本日はゼンシングループの中の1社「株式会社FREE PEACEの3.11被災地訪問の様子をレポートいたします。

創業から9年目を迎えた今、創業時を知らない社員が多数を占めるようになりましたが、毎年3月11日に被災地を訪れ、黙祷し、創業当時の想いや意味を忘れないように、気持ちの上での原点回帰を行っています。

どんな想いでFREE PEACEという会社が設立されたのか?どんな使命の元で働いているのか?ぜひ感じ取っていただけると嬉しいです。

FREE PEACEは、東日本大震災の被災地支援を通じて、同じ志を持った仲間を中心に設立された会社です。震災の一週間後から、創業者ほか数名が物資の輸送をはじめとする、あらゆるボランティア活動を行いました。そこで出会った被災者の方の「物資よりもお金がほしい」という切実でリアルな言葉が、金融リテラシーを高めなければという創業者の強い使命感に繋がり、FREE PEACEが設立されました。

参事が起きたとき、私たちに何ができるだろう?

精神的苦痛を取り除くことはできませんが、金銭的苦痛を取り除くためのお手伝いはできます。

私たちの使命は、より多くの人達の未来を守る力を育て、安心を創造し続け、幸せになるお手伝いをすること。

この使命を改めて強く感じた時間となりました。

【参考】私たちの理念や想いについては、こちらもぜひご覧ください!


前置きが長くなりましたが・・・、

今年は、宮城県仙台市に行ってきました。まずは「蒲鉾本舗髙政」さんへ。震災当時のお話を伺いました。

当時の話はいつ聞いても悲しくなりますが、お話される方の方が比較にならないほど悲しい体験をされたわけでして・・。それでも、私たちに詳しくお話をしてくださいました。


そして、黙祷を行う閖上へ移動します。

岡の上に建てられた神社に登り、地震が発生した14:46に黙祷しました。

また少し移動して、小学校へ。ここでは津波が到達した15:52に黙祷しました。

夜は社員懇親会!

この旅行では、創業の原点に立ち返り私たちの使命を確認することと、現地でお金を使いながら社員同士の交流を深めることが目的となっています。

チーム毎にゲームをして、親睦を深めました。

最後にみんなで記念写真!年々この旅行に行くメンバーが増えているのも感慨深いですね。

次の日は、チーズを作ったり、

キツネ村にも行きました!

さいごに

2019年度からはついに初めての新卒が仲間に加わります。

創業時を知らない若いメンバーが増えても、創業の想いや理念を心に留め、常に「私たちは何のために、誰のために仕事をしているのか」を忘れずに仕事をしていきます。言い換えると、新しいメンバーでも創業の想いに触れ、使命感をもった仕事ができます。

「本当にお客さまの役に立つ仕事をしたい」という熱い想いをもっているあなた!ぜひ一緒に多くの人の未来を守るお手伝いをしませんか?

2020年卒業の新卒向け説明会も絶賛開催中です。気軽に話を聞きにきませんか?

株式会社ゼンシングループでは一緒に働く仲間を募集しています
3 いいね!
3 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう