This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

【就活トクトク情報】就活疲れしないためのマインド【vol,20】

「就活疲れたな…」
「最近、なんだかやる気が出ないんだよな…」

このようなお悩みを持った就活生はいませんか?

説明会やインターン、面接など就活スケジュールが過密になり、身体・精神的にも疲れがたまり、やる気が出ないということも少なくないのではないでしょうか。

そこで、今回は就活疲れでやる気が出ない学生に向けて「疲れをためないためのマインド」についてお話していきます。

就活生は、就活以外にも毎日やる事が多く、疲れがたまってしまいますよね。
そのつもりはなくても、無意識のうちに身体も心もストレスを受けてしまっているかもしれません。

しかし、そういった疲れややる気と上手く付き合えないことが、就活の失敗につながる可能性があります。
では、就活疲れしないためにはどうすればよいでしょうか?

というわけで、ここからは実際に私が就活しながら意識していた「就活疲れしないためのマインド」
3つにまとめてご紹介させていただきます。

①周りの人と比較しない

就活を進める中で、周りの友人や知り合いと比べて自身の就活の進行度を測ろうとしてしまうこと、ありませんか?
「もう内定◯社以上持ってる!」「大手の△△から内定もらった!」など、
周りが自分より就活を上手く進めていると、自分もそうならないといけないと焦ってしまいますよね。
しかし、内定をたくさん持っていることや大手から内定をもらうことが必ずしも良いことだとは言えません。
なぜなら、就活というのは自分が納得できる企業と出会えるかどうかが大切であるためです。
向いている職種や企業は人それぞれですし、周りの人と比べる必要はありません。
周りからの評価を気にするのではなく、自分に合ったペースで焦らず進めてみてください。


② 選考結果で落ち込みすぎない

また、面接落ちた…僕/私ってダメな人間なのかな…」そう思ってる方はいませんか?
そのマインド、就活疲れにつながりますよ!選考結果が悪くても落ち込みすぎないことが大切です。
(まったく落ち込まないというのは難しいですが、自己嫌悪に陥るほど落ち込むのは良くないということです。)

確かに、自分が志望していた企業から内定をいただけなかったというのは、残念なことではありますが、
それで就活が失敗したわけでも、将来が決まってしまうわけでもありません。
「この企業と自分は合わなかったんだな」というくらいの心持ちでいましょう。
しかし、原因分析は重要です。何が上手くいかなかったのか、必ず振り返りは行いましょう。


③選択肢を絞り込みすぎない

自分のやりたいことを決めた上で、それに向かって取り組むことは大切です。
しかし、選択肢を絞りすぎてしまうと、(〇〇業界の大手企業しか考えられない!など…)かえって自分の可能性を狭めてしまうことがあります。
仮にその業界が自分と合わないと感じた場合、また1から他の業界を調べないといけない…と、
就活のモチベーション低下にもつながってしまいます。

なので、初めから選択肢を絞りすぎずに広い視野で就活を進めてみましょう。
今までになかった新しい出会いがあるかもしれません。

いかがでしたか?
私は、今回ご紹介させていただいたマインドで就活を進めていました。
就活疲れを感じたら、今回のマインドを思い出して気持ちをリセットしてみてください!

加えて、疲れたりやる気が出ない時は何よりしっかりと休むことが大切です。
また別の記事で、疲れを取るためのリフレッシュ方法もご紹介できたらと思います!

皆さまの就活がうまくいくことを願っております。
それではまた!

★☆★☆★☆「就活トクトク情報」とは?★☆★☆★☆

「すべての就活生に、より良い就活を。」をコンセプトにして、
「就活を終えたばかりの現役大学生」「企業の採用担当者」が独自にお届けする、就活支援情報のことです。
まだ就活を始めたばかりの初心者就活生から、すでに酸いも甘いも知りつくした上級者就活生まで、幅広い層にとって役立つ情報をお届けしていきます。
新着情報は下記のSNSからもお届けしてますので、皆さんのフォローをお待ちしてます!

◇twitter
https://twitter.com/zein_recruit

◇Facebook
https://www.facebook.com/ZEINInc/

ZEIN株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
10 いいね!
10 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう