Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

金融女子が考察する企業ファイナンス 第2回 金融女子会談

こんにちは、髙橋です。連載第2回目となる今回は、財産ネットでインターンをしている女子学生に金融について語ってもらいました。4人とも多様なバッググラウンドの持ち主です。

それぞれ自己紹介お願いします。

髙:経済学部2年の髙橋彩良です。この連載を担当しています。

藤:大学院1年生の藤村怜香です。専門は物理工学で、物性物理の研究をしています。

三:商学部3年の三雲有彩です。プログラミング勉強中です。

M:9月からアメリカで大学院に進学するミッキーです。

(写真)左から藤村、ミッキー、三雲、髙橋

財産ネットの印象を教えてください

髙:未経験の業界でしたが、インプットとアウトプットの機会を存分に設けてくれるところが有難いです。

藤:個人のやりたいことや研究との関連など、学生一人ひとりとコミュニケーションをしっかりとってくださっている印象です。

三:プログラミングを社員の方の助けも借りながら自分のペースで学習できています。

M:初めての日本でとても緊張していましたが皆さんとても優しくて助けられました。また、財産ネットが金融業界において幅広いトピックスと領域を調査、応用していることに驚きました。

最近関心を持っている金融にまつわる話題はありますか?

髙:やはり最近の国際情勢は気になります。貿易戦争は特に株価に直接影響してくるので注目しています。

藤:ひと昔前とは違って、金融業界以外のあらゆる人にとっても身近なものになってきているように感じます。

三:FinTechです。財産ネットにジョインしたのもこれから主要となる分野だと思ったからです。

M:最近、私はスマートフォンやタブレットで利用できるうそ発見技術を研究しています。金融の世界の内外でテクノロジーにさまざまな用途があり、機械学習は大きな可能性を秘めているので興味深いです。

今後の金融業界に何を期待しますか?

髙:IT業界など、他業界と結びつくことで新しい価値を生み出してほしいと思っています。

藤:さらなる体系化などです。

三:FinTechが更に進んで欲しいと思います。

M:ブロックチェーンや機械学習などの技術の進歩により、リアルタイムのデータから正確な予測が得られると期待しています。

皆さんお忙しい中ありがとうございました!

財産ネット株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう