Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

今話題のどん兵衛 0円タクシーを経済効果の観点から分析してみると。【インターンスタッフ分析】

本日は、一部で話題になっている

無料タクシー  【 どん兵衛タクシー 】

          byDeNA MOV

について、

インターンの一橋大学経済学部 根立くんに解説してもらいます!

ドイツ留学し、経済地理学を専攻している彼の着眼点です!





そもそものサービスついては私 谷口から!

 DeNA(ディー・エヌ・エー)は12月5日、同社の提供するタクシー配車アプリ
「MOV(モブ)」からの利用で、乗客の利用料金を無料とする0円タクシー「どん兵衛タクシー」
を走行開始すると発表した。
 0円タクシーは、「MOV」アプリの東京都内(東京23区・武蔵野市・三鷹市)における
サービス開始に合わせて、「MOV」アプリによる新たな移動を体験してもらう取り組み
「PROJECT MOV」の一環として実施されるもの。契約スポンサーと「MOV」の広告宣伝費
により乗客が支払う利用料金が無料となる。

ちなみに、私は2回乗車しました!
 そもそもですが、スマホと連携している運転手(どん兵衛以外も)の方は質がいいとおもいます! 
 スマホとの連携は希望制らしく、要はアンテナの高い人がアプリ連携している為、サービス、
会話、道などいい運転手が多いと思いました。迎車で300円ぐらい追加なりますし単価up、効率もいい。
運転手にとってもいいことですよね!






では、早速見ていきましょう!!

どん兵衛タクシーの経済効果

経済効果は、需要の拡大あるいは供給の拡大を通して発生する。

需要の拡大とは、あるサービスに対してもっとお金を払ってもいいと思うこと、

供給の拡大とは、あるサービスをもっと安く提供できるようになること、

である。


どん兵衛タクシーは、

タクシーの魅力を引き上げ、

配車サービスを手軽に提供できるようにした。

つまり、

タクシーの潜在需要を掘り起こし、

配車サービスの生産性を向上させる

可能性を秘めている。

1.生産性の向上

どん兵衛タクシーは、地図アプリで乗客を拾いやすいルートを表示し、配車を効率化している。

タクシー業界では、ベテランと新人で生産性に大きな差がある。

あるデータでは、同じ時間で稼ぐ額が二倍に開いているという結果もある。

(参考:https://www.watch.impress.co.jp/docs/news/1156833.html)

AI運行支援サービスにより、経験年数にかかわらず、乗客を拾いやすいルートを通り、生産性が上がることが期待される。



2.潜在需要の掘り起こし

どん兵衛タクシーは、配車サービズを消費者に認知させ、

配車サービスへのアクセスを容易にした。

タクシーは高いというイメージが長らく定着したため、タクシーの便利さを忘れてしまった人が多い。

実際、移動時間の機会費用を考えれば、タクシーの方がお得な場合は多々ある。

つまり、タクシーに乗らないという選択が経済的に正しい選択だとは限らない。

どうせ無料だからと思い、どん兵衛タクシーを使ってみた消費者は、タクシーの利用価値を再認識し、

今後もタクシーを使うかもしれない。

また、アクセスの容易さも潜在需要を掘り起こす点で、効果的である。

以前は電話しかタクシーを呼ぶ手段がなかったが、どこにいても数回のクリックで、

タクシーを呼ぶことができるのは便利である。

加えて、キャッシュレス決済と組み合わさることで、支払時に小銭に煩わされることもなくなる。

タクシーの魅力を高め、再認識させることで、タクシー業界に成長の風を呼び込む。



3.周辺産業への波及効果

配車無料というキャッチーなサービスの裏には、強力なスポンサーが存在する。

今まで、タクシーにはスポンサーがなかったが、どん兵衛はタクシーを広告に利用した。

23区を配車地域とすることで、広告の効果は期待できる。

昼食時、どん兵衛タクシーをみて、ついどん兵衛を買っていしまうこともあり得る。



これは、どん兵衛の潜在需要の掘り起こしである。

うどんとタクシーという異色のコンビの誕生である。


以上



今日 12/26から年末までは 乗車すると

ツキ入り どん兵衛がもらえるそうで!!!

ぜひ MOV をアプリDLして試しては!?


財産ネット株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
4 いいね!
4 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう