1
/
5
This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

今ノリにノッてる(※当社比)ECサイト「ゆこゆこ旅市場」を知ってますか?

みなさん、こんにちは。広報の高野です。

記念すべき第一回目の「広報の部屋」ストーリーは、今メディアからも大注目のECサイト 「ゆこゆこ旅市場(たびいちば)」についてお伝えしたいと思います!

2021年2月1日の産経新聞(1月30日にはWEB版にも掲載)、2月8日news every.、2月10日新潟BSNラジオ「はや・すた」、2月24日J-WAVEラジオ「JAM THE WORLD」・・と広報もびっくり!の多数のメディアに掲載いただいた「ゆこゆこ旅市場」は、2020年7月にオープンした宿泊施設の逸品が取り寄せるECサイトです。

オープンのあと押しになったのは”6,000通のメッセージ”

弊社は創業時より「全国のお宿さんを元気にしたい!」、「シニアを中心とする多くのお客様に旅を通じて愉しみを提供したい!」という想いで事業を行っていました。

ところが2019年の台風、2020年にはコロナと・・全国の宿泊施設や観光地が大打撃を受けることとなります。

2020年の4月に弊社メルマガ会員のお客様へ、全国の宿泊施設や観光地への応援メッセージを募集しました。すると、なんと3日間で6,000通を超えるメッセージを頂きました。泣ける・・・!!(ちなみに私はこの時まだ復職前だったので感動の場には立ち会えず・・。でも多くの社員が涙したと聞いています)

”待っててくださいねー! 負けるな!がんばれーーっ!!!”

”コロナウイルスが終息した際はキャンセルしてしまった宿を含め、各地の温泉地へたくさん旅行したい。”

などなど。スクロールしてもしても温かいメッセージが続きます。(画像はイメージです)

「宿を支援したい」お客様や、今は旅に行けなくとも「自宅で旅気分を味わいたい」「宿の味を楽しみながら思い出を振り返りたい」お客様、そしてコロナ禍に苦しむ全国の宿泊施設の両者の想いを繋ぐべく、2020年7月に「ゆこゆこ旅市場」をオープンしました。

「旅に行きたい」お客様のために

オープンしたものの、売上は伸び悩んでいました。オープン2ヶ月後に実施した利用者アンケートでは、購入しない理由として「商品が少なかった」が圧倒的に多かったそうです。その他、「送料別なので結局いくらになるのかわからない」といったお声もありました。

そこで早急にサイト改善を行い、商品数は109点に増えました(2021年3月1日時点)。また送料込み商品も多数ご用意しております。「ネットでのお買い物に抵抗がある」というお客様に向けて、3月1日~期間限定で、電話でご注文手続きをサポートするサービスも開始しました。

”どうすればお客様に喜んでいただけるか”を日々考え、常に改善を重ねています。昨年12月の緊急事態宣言の再発令による巣ごもり需要の増加と相まって、「ゆこゆこ旅市場」の売上は右肩上がりで推移しています。

そして年末年始には、コロナ禍で旅行に行きたくても行けないお客様が多い中、「ゆこゆこ旅市場」をご利用いただいたお客様から、「少しでもコロナ禍の温泉宿の力になれたらと思います」「年末年始の旅行もキャンセルし楽しみがなくなってしまいましたが、自宅で伊豆の味を楽しみたいと思います」と言ったお声も頂きました。

WITHコロナ時代、予約サービスだけでない旅館支援を

「ゆこゆこ旅市場」は、旅行に行きたくても行けないお客様の気持ちにお応えするだけでなく、名産品を購入頂いたり、新たな旅のきっかけにしていただく事で、全国の旅館や温泉地を支援することも目的としています。

弊社は長らく「宿泊予約サービス」業を柱として事業を行っておりましたが、ただお客様の予約をお取りするだけでなく、その先の温泉地(地方)を支援するということも目指しています。この「ゆこゆこ旅市場」も、地方支援の一つとなることを願っています。(J-WAVEラジオ「JAM THE WORLD」には被災地支援を行うサービスとしてご紹介いただきました。)

ぜひ一度、「ゆこゆこ旅市場」を覗いてみてくださいね!

https://yukoyuko-tabiichiba.com/

株式会社ゆこゆこでは一緒に働く仲間を募集しています
4 いいね!
4 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう