1
/
5

「シンデレラストーリー」 ーアシスタントデザイナーから取締役へー 後編

株式会社Y’sは11期目に突入をし、10周年を迎えました。Y’sのこれまでの10年が色々な苦境、苦労の上に成り立ってきましたが、取締役CFO(チーフファイナンシャルオフィサー)に就任をするしーずーさんこと鈴木静華さんにお話を伺いました。

前編では、デザイナーとしてY’sへ入社し、現在取締役として財務や人事を担当をしている経緯をお伺いしました。後編ではこれからのY’sと女性の働き方についてのお話をして下さりましたので、ぜひご覧ください。


鈴木静華(CFO)自己紹介

North VancouverのCapilano Collegeを卒業後、
2012年5月にグラフィックデザイナーとして株式会社Y'sに参画。
2015年には執行役員に就任し、労務、経理、財務などのバックオフィス部門の統括と
CEO、CCOをはじめとした全社のサポート業務全般を担当。
また、2018年6月に取締役へ就任。
現在はCFO(チーフファイナンシャルオフィサー)として財務を管理し、人事や広報を見直し、採用と教育を徹底している。


今後のY’sの在り方

ーこれまでの10年をY’sの草創期、拡大期だとすると、今後の10年は多様期にあたると思います。今後のY’sはどんな会社にしていきたいですか?

経験してみたいこと、挑戦したいことが実現できる会社にしていきたいです。
もちろんそのためには働きやすい環境や、ひとりひとりが成長できる環境を作ることが大事になってきます。
私は引き続きそのサポートを全力でおこなっていきます。


女性の働き方

ー日本における女性の管理職や役員の比率というのは世界を見てもかなり低い値です。そんな中、Y’sでの女性の働き方や働きやすい環境を作るなど工夫があるのでしょうか?

正直なところ私自身、男性だから、女性だからという考えはありません。
意見や提案、行動等、平等だと考えています。
Y’sでは女性にとって人生のビッグイベントである妊娠、出産時の「安心して社会復帰するための復帰プログラムや助成金のサポート」があります。その他にも働きやすい環境を作る努力や改善を日々おこなっています。
まだまだ改善すべきところはありますが、性別に関わらず、日々前向きに取り組む姿勢を忘れず、引き続き働きやすい環境を作っていきたいです。


ーIT業界、ベンチャー企業といった中小企業の中で、活躍している女性の共通点はあると思いますか?

私自身はまだまだですが…ワークライフマネジメント(※)ができていることではないでしょうか。
仕事ばかりではなく私生活も充実している女性(女性に限らずだと思いますが)は活躍していると感じます。
積極的にワークライフマネジメントをすることで、出産前後や育児をしながらでも働き続けられる、自分なりの働き方を生み出すことができれば、その結果、女性が活躍しやすい環境は作り出せると考えます。

※ワークライフマネジメント
より付加価値の高いアウトプットを出し続けるために、仕事と生活の時間配分だけを意識するのではなく、ライフステージに応じて、その両方を充実できるように自分が主体的にマネジメントし、相乗効果を発揮すること


ーY'sに興味を持って下さっている求職者の方へ一言お願いします。

Y'sはまだまだ成長段階ではありますが、ミッションやビジョンに向かって一緒に考え行動に移してくれるメンバーをお待ちしております。
また、面接の際は包み隠さず正直にお話ししておりますので、不安なことや疑問点等なんでもご質問ください。
誠意をもってお答えさせていただきます。

今回は、創業当時から今も変わらずY'sのスタッフ全員を支え続けてくださっている、
CFO鈴木静華へのインタビューを前後編に分けてお伝えしてきました。
どういったきっかけでY'sに入社をして、これまでどういった気持ちで働いてこられたのかというお話を
お伺いでき、よりY'sのことを深く知ることができたと感じています。

普段からたくさんのサポートと安心を与えてくださるしーずーさんに、
みんなで恩返しをしていって、その恩返しがまた繋がって…という素敵な循環を作るお手伝いができたらと
思っています!

役員を筆頭に、社員全員で働きやすい会社を作れるようさまざまな取り組みを行なっているY'sに、
もしご興味を持っていただけたら、募集情報もチェックしていただけると嬉しいです!

株式会社Y'sでは一緒に働く仲間を募集しています

株式会社Y'sでは一緒に働く仲間を募集しています
6 いいね!
6 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう