1
/
5

遊びも本気で。負けられない戦いがここにある。

こんにちは!人事の菅野です!

今回は社員と行ったサバイバルゲームの様子をお届けします。普段PCと向き合っているからこそ、健康促進のためにレクリエーションを大切にしています!ぜひご覧ください!!!

サバイバルゲームとは

サバイバルゲームはエアソフトガンを使用して撃ち合う、いわば大人の戦争ごっこです。サバゲー、サバゲと略します。遊び方は、フィールドと呼ばれる戦闘エリア内で、敵味方の2チームに分かれ、両陣にある敵の旗(フラグ)を取り合うのがもっとも一般的で、陣取りゲームです。エアソフトガンを使用しますので、敵味方入り乱れての撃ち合いになり、弾が当たったらそのプレーヤーは被弾(ヒット)した旨を自己申告(ヒットコール)し戦線離脱、セフティゾーンと呼ばれるフィールドの外へ退場します。
明確な公式ルールはありませんが、一般的な「フラッグ戦」では、1ゲームの制限時間は10分程度で、制限時間内にどちらかがフラグゲットするか、チーム全員がヒットされ全滅するとゲームは終了します。

当日は天候にも恵まれ、サバゲー日和でした。

私は初めてサバゲーに参戦をしましたが、相手チームを密かに狙って身を隠す緊張感があり、フィールドを移動をし攻撃するといったスポーツ要素が含まれており、非日常感があるゲームだと感じました。

また、個人戦ではないのでチームとして戦略や団結が必須になるゲームです。ただ撃てばいいのではなく、巧妙な戦略を練り一丸となって戦い、ヒットした充実感はサバゲーの楽しさだと考えます!

フィールドの多くは森林や山などの自然環境に造られており、中には室内での戦いとなる場所も。 そんな中、銃を抱えて走ったり潜り込んだりと、相手チームの攻めてくる方向を考えつつ、有効な進路はどこかを考えて目的地まで進む必要があるため、頭も使うゲームです。

体に被弾した際は自ら「ヒットコール」をしますので、スポーツマンシップにのっとった戦いとはこのこと。サバゲーは紳士・淑女の嗜みとも言えますね。しっかりマナーや注意事項があるので、全員が気持ちよくゲームができるルールがあります。

初心者の私には、どこから相手に狙われていて、どこに相手がいるのか全く分かりませんでした(笑)ただ私には頼りになる仲間がいるので、一生懸命後ろに着いていきます!!!

女性プレイヤーも多く、軍曹やストリート風などあらゆる服装の方がいて、コスプレ要素があり単にサバゲーに参加したいだけではない目的があると考えます。とにかくスキルとドキドキ感、そして撃ったときの快感がサバゲーの魅力だなと感じました!

「楽しい」体験を共有でき、一体感が生まれる

初めての体験でしたが、メンバーと自然に一体感が生まれ純粋にゲームを楽しむことができ、とても良い体験でした。

現代には柔軟な思考と気づきから生まれるイノベーションが必要となると考えます。余暇時間を楽しむついでに自身のリフレッシュも兼ねて非日常的時間を自発的に作り出すことも大切だと感じました。

普段PCと向き合っているからこそ、こういったレクリエーションに参加して日々のストレス解消と健康促進に繋がりますよね。ゲームやスポーツを通して自然なコミュニケーションがとれて、より一体感が生まれた気がしました。
私は一緒に働く仲間のいつもとは違う表情を見ることができ、新鮮で楽しかったです。久々に運動をしたので、筋肉痛になりました(笑)毎日の運動って仕事のパフォーマンスを上げるためにも大切ですね。

仕事も遊びも本気。先輩社員とイベントや遊びは友人のように一緒に笑い合い、仕事をするときはご指摘やご指導をいただくような存在です。全員がメリハリを持って業務に取り組んでいます。

まだまだ感染拡大の影響がありますので、社員全員が対面でのイベントはかなり難しい状態だと考えます。今回も感染拡大防止のため安全な距離を保ち、こまめな手洗いを実施しました。社内ではオンラインを通してコミュニケーションがとれるイベントを企画運営しています。

少しでもY'sに興味がありましたら、会社説明会も開催してますので気軽にご連絡ください。
実際に社内に足を運んで、社風や事業内容、条件面など気になることは何でも聞いてくださいね。

株式会社Y'sでは一緒に働く仲間を募集しています
5 いいね!
5 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう