1
/
5

Wantedlyは、270万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

Webディレクター(進化前)!?を募集します!

「新たにY'sはWebディレクター(進化前)の採用を開始しました!」

・・・???進化前、なんだそのポケモン的なワードは???と、思われた方がいらっしゃると思います。

Y'sで働いていただくWebディレクターは進化を前提としています!どんな仕事をし、進化とはいったい何か?入社されたら、僕と現メンバーと一緒に「Webディレクターが新たな領域にチャレンジできる体制づくり」を徹底して進めていくことをお約束します!
僕は採用だけでなく、教育にも参加して参りますので、本当に一緒にお仕事していただくことになります。そんな当人の熱い想いとともにこの仕事を直接アピールさせていただきます。

世界は元には戻らない!?DX時代を見据えて!

突然ですが、DX(デジタルトランスフォーメーション)に関して、どのくらいの知見をお持ちでしょうか?僕がいうまでもなく、これからの時代、DXはIT業界だけでなくすべての業界に関わる上で必要な常識となります。

DXとは、経産省が規定するガイドラインには下記のように掲載されています。
「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること」
すなわち、今後GAFAのような会社の脅威にさられせ続けられないように、デジタル技術を用いて、ビジネスを変革させていこうと多くの企業がチャレンジしていく流れになっているということです。

そこで、Y'sはデザインという武器を持ち、DXを考えているもしくは進めている企業のUX開発とUI制作に積極的に関わっていくことをミッションに掲げ動き出しています。制作業務のみを全うするだけではなく、その企業のマーケティングやブランディングに関わり、無形資産をも制作していける会社になろうと考えています。

抱えている問題とその勝機!

そんな大きな命題に取り組んでいるY'sですが、現在、Webディレクターを中心とする中小企業ビジネスへの展開は、苦戦を強いられています。入社してからお話するよりも、興味を持って読んでいただいている時点でお話すべきだと考え、あえて書きます。
その問題とは、

(1)ディレクター部門の歴史が浅いということ
(2)受託業務が増加し作業メインとなっており、新たな企画提案のリソースがない

Y'sは今年で10年目を迎え、映画やアニメなどのエンタメに関わるデザイン領域から出発し、SESを用いた人材の育成ビジネスで拡大して成果を出してきました。その中で、Webサイトの受託制作に本腰を入れ、Webディレクターを募集し組織化したのはここ3年ほどで、まだまだ目の前にある仕事を一生懸命こなすことに精一杯な状況です。
そして、幸いにも受託作業自体はたくさんいただくことが増えましたが、その分、それらの仕事に多くの時間を割かなければならず、新たにマーケティングやブランディングへの業務領域に入り込むことが難しい状況になっています。そこを打破するために、今、様々な対策が進んでおり、その一環として採用を開始したわけです。

とはいえ、後ろ向きな話ばかりではありません。
Y'sの武器の一つにデザインがあります。他社にないデザイナー教育制度を持ち、デザインという論理で語ることが難しい分野を、あえて論理に落とし込む能力を全メンバーが養ってきました。
クライアントに対して、これらの武器を持って様々なことを提案ができていることはこれからも勝機のひとつであると確信しています。

Webディレクターの進化後とは!?

そもそもWebディレクターというのはどんな仕事をするのか?おそらく一般的な企業では、Webサイトのコンテンツ企画やクライアントへの提案を行う「Webプランナー」と現場でWebサイトの制作を仕切る「Webディレクター」という職種で分けられていると思います。

Y'sにおけるWebディレクターも同じ内容です。
ですが、「UI・UXのプロフェッショナル集団になる」ということをビジョンとして掲げており、
Webサイトを作って納品するだけではなく、もっと本質にある、「なぜ作るのか? 誰のために作るのか? 作るなら何を作るのか? 何を伝えるのか?」をクライアントの皆様と考え、紐解き、想像を超えるクオリティでアプトプットしていかなければなりません

ですので、Webディレクターという業務をやっていただく中で、それらを実行するための「マーケティング」を学んでいただくことを前提としており、最終的にはクライアントが抱えている様々な問題を解決できるような「マーケティングディレクター」となっていただき、たくさんの企画提案を行ってもらいたいと考えています。

"進化前”と書いた理由はここにあります。そして、この「マーケティングディレクター」こそが”進化後”と言うわけです。なので、募集の名前が「Webディレクター(進化前)」となっています。ぜひ、Y'sで学び進化して欲しいと考えています。

ぜひ、下記よりご応募お待ちしております。
「本気採用!組織を牽引するWebディレクターを募集!」

最後に

入社直後におけるスキルはそこまで重要ではなく、進化後を見据えてできるだけ一緒に長く取り組んでいただける方を募集します。そして、同時に常にクライアントの利益とは何かを真剣に考え、前向きに取り組んでいただける方を望んでいます。

あえて書きますが、この先、Webディレクターで進化するつもりはないと考えていらっしゃる方は、
あまりこの募集には向いていないかもしれません。常にチャンスをものにしたいと、向上心を持っている方であれば、スキルを問わず募集したいと思っています。

最後にもう一度まとめますが、
Webディレクター(進化前)」という形で募集し、「マーケティングディレクター(進化後)」を目指し頑張ってもらえる人材を募集します!

ぜひ、ご興味をお持ちの方はカジュアルな形でも構いません。お声がけいただければ幸いです。

写真:濱谷幸江

少しでもご興味を持っていただけましたら、カジュアルにお話させていただく機会(カジュアル面談)を設けておりますので、社風や業務内容等、気になることはお気軽にお尋ねください。エントリーお待ち致しております。

株式会社Y'sでは一緒に働く仲間を募集しています
5 いいね!
5 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう