1
/
5
This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

身体は資本!身体の健康に関するワークショップを開催しました!

こんにちは!人事戦略室の廣です。

イルグルムでは、日々様々な勉強会を実施していますが、その一つに外部講師をお招きして行う「社内勉強会」があります。
各分野のスペシャリストから、マーケティング関連のお話をいただいたり、システム運用保守について講義いただいたりと、その内容は多岐にわたります。

今回は、先日行われた社内勉強会の様子をご紹介します。

仕事で高いパフォーマンスを出すためには、心身の健康が何より大切です。
ということで、パーソナルジムのトレーナーであるprimal bodycareの助川さん、金子さんを講師にお招きし、社員向けに「身体の健康」をテーマにした勉強会を開催しました。

なぜ、身体の健康をテーマに?

ある調査によると、肩こり、腰痛などの身体の痛みにより、一人当たり年間約5万円の損失が生まれていると言われています。
この生産性低下の原因は、身体の不調のため仕事がはかどらない、というところにあります。

しかし、肩こりや腰痛の根本原因がわからない。
とりあえず整体に行ってみるものの、根本改善には繋がらず、慢性的に痛みに悩まされる・・・

このような悩みを解決するヒントが得られればと思い、勉強会を実施しました。

身体の健康と向き合う

今回参加したのは、最近身体の不調を感じていると語るこちらの7名。
デスクワークも多いメンバーのため、仕事中の肩こりや腰痛が顕在化していると言います。

身体の不調を感じています。


今回のプログラムは
(1)肩こりや腰痛など、身体の不調の根本原因のレクチャー
(2)身体の不調に効くワークショップ
の二本立て。

(1)身体の不調の根本原因を知る

最初のパートでは、身体の不調について、医学的な観点から解説いただきました。

例えば、「肩こり」の対処法について。
肩こりを解消するためには、「伸ばされた筋肉を縮める」ことが大切だそうです。
首や肩、背中の筋肉を長時間伸びた状態のままにしないように、こまめに「縮める」ことが必要になるというお話をいただきました。

ちなみに、皆さんが肩こりの際に行う「肩もみ」は、この縮める動作には該当しないので、根本的な不調の解決にはつながらないとのこと。
他にも、目から鱗の情報ばかりで、自身の身体に向き合うきっかけとなりました。

(2)ワークショップで身体の変化を実感

第二部では、肩こりや腰痛に効くエクササイズを実施しました。
トレーナーの動きに合わせて、実際に動いてみます。


普段使っていない筋肉を伸ばしたり、縮めたり・・・

苦悶の表情です。

30分ほどの軽い運動で、身体が各段に軽くなったのを感じました。椅子に座りながらでも手軽にできる運動も多く、業務の合間に手軽に試しやすそうなのも嬉しいポイントでした。


表情も晴れやか??

参加者からは、

全体的に身体がとても軽くなった。背中を中心に非常に伸びている感じがする。
肩こりや腰痛が起きる原因や対策に必要なストレッチまで、今日から実践しようと思える内容が多く盛り込まれていてよかった。
今までのストレッチでは何か物足りなさを感じていたが、今回教えて頂いたストレッチはとても効いている感じがして非常に良かった。

などのコメントが寄せられました。

勉強会を終えて

今回、はじめて身体に関するテーマで勉強会を開催しましたが、参加者からの評判も良く、健康に働くことについて考える良い機会となりました。
これからも心身ともに万全な状態で、最高のパフォーマンスを発揮できるよう頑張っていきたいと思います。

いかがでしたでしょうか。
今回ご紹介した社内勉強会の他にも、ベテラン社員が行う勉強会や役員主催の勉強会など、イルグルムには新たな知識をインプットし、ナレッジを共有する場がたくさんあります。
そんなイルグルムの制度や働き方については、採用サイトでも紹介しているので、ぜひご覧くださ

株式会社イルグルムでは一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう