1
/
5

Wantedlyは、290万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

FULMA(フルマ)は日本初の”YouTuberになる”から学べる日本初の小学生向け教育プログラム『YouTuber Academy』を運営しています。継続スクールでは今後より重要になってくるICTリテラシー、ゼロからの企画、撮影や編集、プレゼンを学んでいきます。また企業とのコラボイベントを積極的に行い、単独では出せない、新しい価値を子どもたちに提案していきます。 FULMAは2016年創業以来「子どもたちのやりたい!をカタチに」をミッションに掲げ、2017年3月にYouTuber Acadmeyを開講しました。約1年半で1000人以上の子どもたちが参加し、WBSや日経、Forbesなど50以上のメディアに取り上げられ、2冊の本を監修し、2018年度キッズデザイン賞を受賞しました。 今後はより多くの「子どもたちのやりたい!をカタチに」していきます。 ◆参考記事 「YouTuber教育プログラムで子どもたちに教えている、動画の撮り方より大切なこと」IT Media http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1808/01/news020.html ◆YouTuber Academy HP https://youtuber-academy.jp/

なぜやるのか

私たちのミッションは「子どもたちのやりたい!をカタチに」すること 現在最も「子どもたちのやりたい!」ことと、実現、応援されていないのがYouTuberであると私たちは気づきました。 子どもの夢ランキングにもランクインしたYouTuberですが、大人からは理解されず、頭ごなしに批判される現状があります。 私たちは稼げる、稼げないではなく、野球が好きだから野球少年団に入るように、サッカーが好きだからサッカー少年団に入るように、好きだから出来る場所を用意したいと考えました。 子どもたちのやりたい!をカタチに このミッションに向けて、私たちFULMAは教育分野において、100億ドル企業より100年企業を目指します。歴史に名を刻むような文化をつくっていきます。

どうやっているのか

◆一人ひとりがオーナーシップを持つ 指示されるより、自分で工夫した方が面白い! 子どもたちにとっても、会社にとってもプラスな内容であれば、非常に広い裁量権を持って仕事に取り組むことができます! 自分の仕事が、100年後の子どもたちにも届く そんな想いを持って働いています。 ◆一番身近な憧れに 子どもたちの話や親御さんとの話をしながら、より良くするためには何が出来るだろうか? 子どもたちが大人になるのが楽しみになるような、一番身近な憧れの大人になれるように日々仕事をしています!