1
/
5

デザインとは、気遣いです。ユーザーと、一緒に働く仲間に寄り添いながら、愛されるデザインを追求する【働く仲間ボイスVol.11】

ユアマイスターで愛されるデザインを制作している、デザイナーの梶田直美さん(以下、かじやんさん)。
今回のインタビューでは、かじやんさんに、デザインに対する考え方やこれから実現したいことを伺いました。

醍醐味は、デザインを成長させながらより良いサービスを追求し続けられること

ーーユアマイスター史上最大の大掃除祭り、スターセールに向けたデザイン作成、お疲れさまです!ひと段落ついて、いかがですか?

ひたすらデザインしていましたね。

テレビCMの放映もあったので、クリエイティブ制作メンバーの意向を汲み取りながら、LP(ランディングページ)や新聞折込チラシ、100枚以上の広告バナーや画像を作成しました。

リリース日までのスケジュールが思った以上にタイトだったので、優先順位を考えたうえで作業することを大事にしていましたね。

特に考慮していたのは、より多くの方にユアマイスターを知っていただくためにユアマイカラーを基調とすること、CMに出演いただくタレントさんのイメージに合うものにすること、視聴者にスターセールの開催が的確に伝わるようにすること、の3点のバランスです。

これまでにテレビドラマやスポーツ関連のサイトを作成した経験を活かして、先方のガイドラインを遵守して作業できましたし、たくさんの方に、関係各所との調整などで協力してもらったおかげで、タイトスケジュールの中でも、完成度の高いものをデザインすることができたと思います。

ーー他にはどんなお仕事をしていますか?

ユアマイスターでデザインできるものの幅は広く、アプリ・ウェブ・グラフィックのデザイン、そしてブランディングまで、全て行っています。

例えば、ユアマイスターのMarketplaceを使いやすく洗練されたものにしていったり、SaaSのルールを定めて設計を作り込んでいったり。それ以外にも、名刺やチラシなどの印刷物も作っています。

手広くデザインしながら、ユアマイスターのデザインのルールを定めることで道標を立てている最中です。

ーー1番やりがいを感じたお仕事は何ですか?

「YOURMYSTAR」(サービスECプラットフォーム)のトップページのリニューアルですね。インハウスデザイナーとして、ひとつのものを、より良くしていくことの面白さを味わいました。

トップページをリニューアルする前に、サービス名が「あなたのマイスター」から「YOURMYSTAR」に変更されたので、まずはロゴを作り変えることから始めました。

▼ユアマイスターのロゴ。

制作したロゴは、ユアマイスターを表すシルバーの星を中心に、青と黄の星が三角形を作っているものです。それぞれ、パートナーさん・ユーザーを表しています。このロゴには、2つの意味を込めました。

1つめは、HAPPY TRIANGLEを大切にしたいという想い。HAPPY TRIANGLEはユアマイスターのVALUEの1つで、ユアマイスターに関わる全ての人がハッピーになるように、という意味があります。

2つめは、モノを大切にする社会を実現したいという想い。3つの星が作る三角形は、”モノの再生”を連想させるデザインにしています。

ロゴを作ったあとは、何色にも染まれるシルバーのように、どんな人にも受け入れられるサイトを目指して、トップページをリニューアルしました。

自分たちで作ったものは、見る人・使う人の反応を確かめながら、改善を繰り返しています。メンバーとともにより良いものを追求できることの楽しさを噛み締める日々です。

柔軟で、一生懸命な仲間が好き

ーーユアマイスターはどんな会社ですか?

いつも頑張っている人が多いですね。全力でお互いの要望に応えあったり、自分たちでどんどんFigma(デザインツール)を使って色々なものを作ったり。本当に、頼もしくて、応援したくなる人たちが集まっている会社です。

ーーデザイナーではないのに、Figmaを使えるメンバーがいるんですね。

そうなんです。

実はFigmaの使い方を学ぶ”Figma研究会”の研究員が社内にぽつぽつ増えてきていて。笑

もともと、パートナーさん(ユアマイスターに出店していただいているプロのサービス施行業者)のサービスの紹介ページをはじめとする、さまざまな画像作成に携わるメンバーにデザインを教えていたんですが、「もっと勉強してクオリティをあげたい!」と言ってくれる人が出てきて、Figmaの勉強会を開催するようになりました。

ーーFigma研究会では、どんなことをしているのですか?

Figma研究会では、その人が作成するものに合わせて、デザインのルールや編集に必要な機能を学んでもらいます。Figmaの基礎を身につけた後は、過去の制作物を参考にしたり、汎用性があるパーツやユアマイスターのカラーサンプルを活用したりしながら、デザイナーを介さずに、画像を作成していますね。

ーーFigma研究会を開催してから変化はありましたか?

最近は、デザイン面で各チームが自走できるようになってきました。コツコツと種まきしてきたことが実を結んでいます。

またユアマイスター全体でも、デザインに興味を持ってくれる人が増えて、みんなの理解が高まっているのを感じます。デザインの力を活かしてよりよいものをつくり、提供しようという雰囲気になってきているのは、デザイナーとしてとても嬉しいことですね。

デザイナーではないメンバーがFigmaをマスターして、”フィグマイスター”になる日も、そう遠くないかもしれません。楽しみです。

ユアマイスターにはとにかく学習欲が高い人が多いので、自分もアップデートしていかなければといつも身が引き締まります。今後も、デザインのガイドラインを作成したり、環境を整備をしたりすることで、よりみなさんのFigmaの作業効率をあげられるようしていこうと考えています。

▼Figma研究会で使用されているテキスト。1人でチームライブラリーを管理できたら、フィグマイスターになれる?!


▼実は、創業の周年記念で制作されるゆあまいTシャツも、かじやんさんのデザインです。

デザインとは、気遣いです

ーーかじやんさんのデザインの心得を教えてください。

“1ピクセルにこだわる”です。これは見た目の美しさとか、ユーザーの使いやすさのためではあるんですが、一緒に働くデザイナーやコーディングするエンジニアが効率的に仕事をするためでもあります。細部にもこだわることで、デザイナーを介さずスムーズに仕事ができるし、間違いも起こりづらくなりますよね。そのために1ピクセルにこだわっています。

▼1ピクセルにこだわりながら、コーディングされたデザインをチェックする様子。まさにFEEDBACK is GIFTです。

ーー他にも大切にしている考え方はありますか?

ものをつくるというデザイン以外にも、デザインの対象は本当に幅広いので、”デザイナー”として”日常UI・UX”を考えていきたいと思っています。

ーー“日常UI・UX”ですか?

はい。例えば誰かに仕事を依頼したり、一緒に仕事を進めたりするときは、相手が心地よく進められるかということまで意識しています。わかりやすくするために修正箇所を赤く囲う。ミスを減らしスムーズな作業にするためにルールを定めて可視化する、とか。

ある有名デザイナーの「デザインとは、気遣いです」という考え方が素敵で、日頃から大切にしています。

デザインの力で、ファンを増やす

ーー最近身近なものでエモいと感じたデザインありますか?

iPhoneでiOSをアップデートしたら、Safariのアドレスバーが下になったんですよね。あれはPCでも上にあったし、もう何年も上にあるのが当たり前だったのに…。

でもよく考えると、アドレスバーが下にある方が使いやすくて良い!と思い直しました。

さらに驚いたのが、アドレスバーの位置をユーザーが自分で選択できるようになっていたことです。ユーザー目線を大切にする姿勢に感動しましたね。

同時に、ものを扱う世代によっても”普通”の基準は変わっていくと思うので、固定観念をほぐしてデザインすることの重要性も実感しました。”今まで通り”を変えるのは大きな挑戦ですが、日常の”今までのいつもの”と、”これからのいつもの”をデザインしていくことで、愛されるデザインが生まれる気がしています!

ユアマイスターのデザインも、人を選ばず誰もが見やすく、使いやすいもの。何も考えなくても流れるように操作できるものを目指したいですね。

ーーどんなデザイナーと一緒に働きたいですか?

いい意味でミーハーな方ですね!世の中にあるデザインやトレンドにアンテナを張っていて自分から色々なものを吸収している。そして作ろうとするものに合わせて、自分の引き出しを開けて自由にデザインしていけるような方と一緒に働きたいです。

一方で、デザイナーはアーティストではないと理解していることも重要だと思っています。自分が得意なものだけを作ったり、好きなものにこだわりすぎてしまったりするのではなく、みんなにとっていいものを作ろうとする方と働きたいですね。

ーーデザインの力で、実現したいことを教えてください。

ユアマイスターのファンを増やしたいです。みなさんにも、雰囲気から好きなブランドってあると思うんですが、そんな存在になれたらと。(かじやんさんは、無印良品の空気感が好きだそうです。)

”いつもの!ユアマイ”と言われるブランドになることを目指して、愛されるデザインをつくっていきたいと思います。

Profileーー

梶田直美

自分の作りたいものが作れる環境に身を置き、夢を実現していくスタイルで経験を積み、2020年1月にユアマイスターに飛び込む。最近1番わくわくしたことは、友人の結婚式のウェルカムボードのイラストを描いたこと。

★「はたらくことが楽しい!ユアマイスターのありのままを伝えたい」という思いで、会社説明資料をオールリニューアルしました。是非ご覧ください。


ユアマイスター株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
7 いいね!
7 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング