Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

ヤマップの「ヤ」から「プ」まで総まとめ。 〜 福利厚生編 〜


こんにちは。ヤマップの田渕です。


突然ですが、「求人情報に書かれた『充実した福利厚生制度!』という文字」と「カッパに会ったことあると言い張る友人」は、おんなじくらいうさんくさいですよね。


カッパの存在は証明できませんが、ヤマップの福利厚生がかなり充実していることは声を大にしてお伝えしたいのです。

ということで、ヤマップの「ヤ」から「プ」まで総まとめシリーズ、今回は「福利厚生編」をお届けします。


過去の総まとめシリーズはこちら。

ヤマップの福利厚生制度の一覧

では1つずつ紹介します。
ちなみに雇用保険などのいわゆる「法定福利厚生」と呼ばれる制度や保障はもちろんありますので省略しています。





社内登山

これぞヤマップという制度!
平日に登山をします。もちろん業務扱いです。だいたい月に1回くらい希望者数名で実施します。
登山好きな社外の方に「夢のような制度だね」と心底うらやまれる、そんな制度です。

主な目的として、

・自分自身がユーザーであり続けるため
・アプリの実地検証のため
・社員のチーム力向上のため

などがあります。

どれも重要ですが、特にチーム力の向上には効果てきめんです。
普段関わりがないメンバーとじっくり会話できるというのもそうですが、一番は登頂した時の達成感を一緒に味わえる・共有できること。これがかなり大きいと感じます。

登山を通して苦難や達成感を一緒に共有することで仲間意識がおのずと生まれるのでしょう。

登山前と登山後の車内の雰囲気が全然違うのでこれはもう間違いないと思います。



ジム手当

こちらもアウトドア分野を開拓するヤマップらしい制度です。
働くスタッフの健康促進のため、一定額までスポーツジムの費用を負担します。

ジム手当という名前ですが、なんとジムだけでなくヨガやボルダリングなど月額制の体を動かすアクティビティであれば対象となります!

しかも!
最近このジム手当が進化しました!

というのも、ヤマップ社内のグローバル化が進み英語で話す機会が増えてきたので、オンライン英会話スクールなどの費用もこの手当の適用範囲となりました。

もちろん規定の金額内であれば、ジム&英会話の両方が対象になります。

さらにさらに、陶芸教室など、美意識を磨くための習い事もOK!

もはやジム手当という範囲を超えた大型進化というわけです。
メンバーの健康促進とスキルアップをお手伝いしてくれるナイスな制度ですね。


書籍の購入

スキルアップの補助関連では、書籍の購入制度もあります。
欲しい書籍のURLをSlackに貼り付けて依頼すると、後日届く仕組みです。簡単ですね。



プログラミングやビジネス書などは高価なものが多いので、みなさん積極的に利用しています。
私もアプリエンジニアとしてUIデザインについても知見を深めようと、最近こちらを購入しました。


シャッフルランチ

シャッフルランチは「ランダムに選ばれたメンバーが、会社の負担で少しお高めのランチを食べにいく」制度です。
社員間の交流を目的としていて、普段なかなか接点のないメンバーと近況を話しながら美味しいランチをいただけます。

最近社内で人気No1のシャッフルランチスポットは会社から徒歩1-2分の「喰しん房松むら 」というお店。
美味しいお刺身や天ぷらがセットで食べられてご飯・味噌汁おかわり無料という至れり尽くせりっぷりです。


TGIF

TGIF とは "Thanks God It's Friday." という意味で、毎月最終金曜日の定時後に社内でみんなでピザや軽食をつまみながらおしゃべりをする会を指す言葉です。もちろんアルコールもあります。

基本は雑談ですが、ときには「俺はYAMAPをこうしたい!」とか「こういう機能あったらもっといいアプリになると思うんだ!」といったアツい&エモい話題が発生することも。

得てしてこういう場ででたアイデアが意外と的を得ていたりしますし、溜まった思いをぶちまける場としても機能しています。

というか、会社で美味しいピザが食える。

そんな福利厚生、最高じゃないですか!


おむつ手当

ヤマップには小さなお子さんがいるメンバーも在籍しています。
そんな子育て世代を応援する制度が、おむつ手当になります。

おむつ代として3歳まで毎月一定額を支給しています。

私も娘がいるのですが、おむつは結構痛い出費で、そこを支給してもらえるのはかなりありがたいです。ファミリーのお財布に優しいのはもちろんなのですが、なによりおむつ手当という見える形で「会社に公式に子育てを応援してもらっている」と感じられることが働く人達にとっては重要だと感じます。
またヤマップではフレックスタイムを導入しているので柔軟に勤務時間を変動できますし、子どもの急な体調不良でも有休消化を気軽に行える雰囲気があります。

子育て世代としては、そういった子育てを応援してくれる職場環境だと過剰な心配や配慮をせずに済むので、とても働きやすいと感じています。


まとめ

以上がヤマップの福利厚生制度になります。

まとめると

・みんなで登山に行ってチーム力が向上され、
・健康促進とスキルアップにコミットでき、
・美味しいランチやピザを食べながら社員との交流を深めつつ、
・子育ても応援してくれる。

それがヤマップの福利厚生です。
少し長めの内容になってしまいましたが、福利厚生がそれだけ充実しているからこそ。

ここまで読んでいただきありがとうございました。
もし「こんな会社で働きたい!」と思ってもらえましたら、ぜひお話をしましょう。

お会いできるのを楽しみにしています。

株式会社ヤマップでは一緒に働く仲間を募集しています
28 いいね!
28 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう