Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

社交性ゼロのモグラ人間がエンジニアとして世界に羽ばたく!


株式会社YNSのインターンチームが、フィリピンで働くエンジニア7人にインタビューをしてきました!

本日第2回目は、社長とシェアハウスをしながら、持ち前の行動力で未経験からエンジニアへと羽ばたいた富田さんです!


ーまずは自己紹介をお願いします。

社交性ゼロのモグラ人間です。

ー(笑)まだお若いですよね?フィリピンに出てきたということは社交性があるからなのではないですか?

フィリピンは、行けばそれに順応していくだろう、やったらなんとかなるだろうと思ってきました。

ーフィリピンに来てからどのくらい経つんですか?

フィリピンに来て、3ヶ月と2週間くらいです。

ーほやほやですね!


ーそんな富田さんにはぜひお聞きしたいのですが、座右の銘はありますか?自称社交性ゼロのモグラ人間が、「やったらなんとかなる!」と思ってこの若さでフィリピン行きを突き動かしたものが何なのか気になります!

座右の銘というのかわかりませんが、大事にしているのは行動力です。今まで僕は、ずっと何かが変わるのを待っていました。だけど、自分から変わらないといけないんだなと気づいて行動するようになったんです。

あとは、なるべくネガティブに考えるということです。ポジティブに考えるとネガティブに考えたときよりも手を抜いてしまうと思うので、ネガティブに考えるように気をつけています。

ーまだフィリピンに来て3ヶ月ほどということですが、休日はどのように過ごされているんですか?

実は、社長の家に住んでいるんです。

ー社長とですか!

社長の家は、寮で日本人メンバーだけがいます。フィリピンメンバーには別の寮があります。

フィリピンの暮らしはとても楽しくて、”フィリピーノホスピタリティ”とも言われると思いますが、店員さんがすごくフランクで、物価も安いです。ご飯も美味しくて。ストリートフードを食べて食中毒になったこともあるんですけどね(笑)

ーちょうど今1月だということもあり、何か新しく始めたいこととかはありますか?

今やってることをしっかり終わらせてステップアップしていきたいから、何かを始めるということはありません。

だけど今年の目標をいうのであれば、”もらったタスクを受け取るキャパシティの容量を増やす”ということです。

ー富田さんはすごくお若いですがこれまでのキャリアというのはあるんですか?それとも、新卒でYNSに入社したのですか?

通信キャリア業界のグループ会社で新規顧客開拓の仕事をしていました。具体的には、QRコードの導入していただくことです。7ヶ月ほど働いて、そのあとYNSにきました。

ー7ヶ月で大きな会社を辞めて、YNSにくるというのは大きな決断だったのではないですか?

もともと、海外で働きたいと思っていて。

そうすると、フィリピンが比較的日本に近くて物価も安い、なおかつ英語圏。じゃあ、言語も頑張ればできるかなと考えました。だから、リスクが少ないのがフィリピンだと思ったんですね。

ただ、フィリピンで働きたいってよりは、以前の会社ががあまりいい会社ではなかったっていうのも大きいかもしれません。

ーどのようにあまり良くなかったのですか?

簡単に言えば、年功序列だったんです。本当に全然良くなかったです(笑)

だから、YNSに入ったのはいい転機になりました。めちゃくちゃいい人しかいないですし、相談もしやすいし、真摯に話も聞いてくれます。以前の会社ではなかった環境です。

ー新規顧客開拓のお仕事をされていたと思うのですが、エンジニアの経験はあったのですか?

エンジニアの経験はなく、YNSで0から始めました。なので、最初はインターン生として3ヶ月勉強をしました。今は勉強ではなく業務に入っています。

ーインターン中の勉強とはどのようなものだったのですか?

アルゴリズムからの勉強です。PHPでなにができるかを把握して、関数の暗記をしていくことからですね。

ーエンジニアを選んだ理由はなんだったのでしょうか?

市場規模を大事にしていたというのがポイントです。やっぱりIT業界というのはこれからもどんどん大きくなっていく業界で、そういった上がっていく山を探して登れば、自分自身も上がりやすい道がどんどん増えていくのかなあと考えていたからです。

ー実際に入社してみて社内はどうですか?

以前の会社では感じられなかったチームワークの良さを感じています。YNSは横の関係がしっかりしていて同僚のつながりを濃く感じられる会社です。

ー今はもうインターン生ではなく社員になったということですが、どのような仕事をしていますか?

僕はもともと英語は全然しゃべれなかったんです。でも今はもう翻訳の仕事を任されています。YNSで大切なのは、英語力よりシステムの理解です。

あと、会社の福利厚生から語学学校にも行き始めました。

ー富田さんがYNSヘ入社される時の面接というのはどのようなものだったのですか

めちゃくちゃ物事が早く進んだという印象です。すぐに、「インターンでうちこないか」と言われました。僕自身も未経験からのスタートでしたが、未経験の人にも優しい環境がYNSにはあります。

しかも、実際に入ってみたら、自分次第でどんどん仕事もらえたり勉強できというのが、優しいだけではなくやりがいを与えてくれるYNSの強みですね。

ーそれでは最後にこれからYNSへの応募を考えている人へのメッセージをいただきたいです。

頭で考えても答えは出ないと思います。YNSは、もしももっと他の道があるならその背中も押してくれる会社です。なので、まず面接に来てみたら何か良い化学反応が起こるかもしれません。

YNSはアットホームで、社長とシェアハウスをするくらい近い距離でやりがいを持って働ける会社です。

ーありがとうございました!

インターンチームのコメント

ご自身では社交性ゼロとお話しされていましたが、とても話しやすく面白い方でした!

以前の会社が年功序列で働きづらくエンジニアの道へと歩みを進めた富田さんですが、第1回目の方喰さん同様、YNSでやりがいをもって働いています。

なぜYNSはここまで社員にやりがいを持たせることができるのでしょうか。

やりがいは、優しい環境では手に入りません。

このあとまだ5人のエンジニアの記事がありますので、「YNSが社員へ与えるやりがい」について考えを深めていこうと思います!

また次の更新をお待ちください!

株式会社YNS インターンチーム 人事 丹下遼

株式会社YNSでは一緒に働く仲間を募集しています
社交性ゼロのモグラ人間がエンジニアとして世界に羽ばたく!
Haruka Tange
株式会社YNS / 人事 / 事業企画

今週のランキング

ランキングをみる
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう