1
/
5

【過酷イベント】高尾山登山に皆でチャレンジ!

今回はイベントについての記事になります!
Y&IGroupでは、「誰とやるか」を大切にしており、人生のうちの長い時間を仕事に使うのであれば、仕事をする時間を一緒に過ごす仲間も同じ価値観で仕事に全力で取り組んでいきたいと考えています。

まずはお互いを知るところから、だと思うので定期的にイベントなどで普段関わることがないような事業部の人とも交流できる機会を作っています。

この前は緊急事態宣言が解除されてから社内の内勤メンバーで高尾山に登ってきました!社員とのイベントは久しぶりでしたので、私は前日からワクワクが止まりませんでした!元はと言えばKOJIMA執行役員が最近お誕生日を迎えましたので、お誕生日に行きたいところに行こう!ということで始まったのがこの企画でした。集まったメンバーは総勢27名、社員は朝の10:45に高尾山口に集合して山登りがスタートしました。メンバーは私服だったりスポーツウェアだったりと、皆さん個性あふれる格好で山登りに参戦しました!人事部のhayataさん、gakiyaさんに関しては、お揃いのポケモンTシャツを着ておりました・・・!

いよいよ山登りのスタートです!!

どうやって行こうかな〜と皆さん地図を見ていたところカメラを向けたら受託のIkedaさんからピースを頂きました!

この日の最高気温は27度、お昼前のお日様がギンギンの時に山登りを始めたこともあり、初めの40分は急斜面が続き、皆さんバテバテでした・・汗。営業部tadaさんの表情がその険しさを物語っていますね・・

一方で教育のBunyaさん、受託のKannaさんは涼しい顔をしておりました

登り始めてしばらくすると道もなだらかになりハイキングコースを楽しむ余裕が出てきました。高尾山のいいところは、あらゆる場面で観光スポットがあり、寄り道を楽しめるところです!

みんなでどっちに行こうかな〜と悩んでいる中、営業部のTadaさんはおやつちょうだい〜と言っています

Y&I人事のHayataさんとB&B人事のInoさんがポーズをきめてくれました!

ひたすらに山登りをしていますが、みなさん非常にいい表情をしていますね!


途中でおやつタイムもありました!IT営業部のFujisawaさんが誰よりも早くアイスを買いに行きました

人事部のHayataさんからみんなにきゅうりのおやつです!Hayataさんありがとうございます!

研修生のKuharaさんと執行役員のKojimaさんで、いきなり階段早上がり競争が始まりました・・!お二人とも元気ですね・・


カメラを向けるとそのまま迫ってくるFreeksのYamadaさんです

だんだんと頂上が近づいてきました・・!

さすがの社長もこの表情です。頂上まであと少しです!

山頂もあと少しです。


ついに・・・・・・

登頂しました!!!!!!!オリンピックのモニュメントとKojimaさん。

kああmあめあめrあめら飴ラオあめらあめあ

山頂で飲むポカリがうまい!営業部のFujisawaさんです

皆さん、予想以上にぐったりしております・・
営業部のdataさんついていくのに必死そうでした・・・

社長の隣でいきなりドリップコーヒーを入れる営業部のHayashiさん

社長の目線は気にせずそのままコーヒーが出来上がるのを待っています

山頂でラムネをたしなむY&IとB&Bの営業部のSakamotoさんとTokunagaさん。会社関係なく仲良しです

帰りも皆さん仲良く下山しています。みんなでいると始終笑いが絶えません。

帰り道はみんなでBBQを楽しみました。山を登り終えた後のお肉は、いつもより何十倍も美味しく感じられました。

社長のご好意でラーメンや唐揚げ、ポテトも追加で頂いてしまいました・・ごちそうさまでした!!

帰り道にみんなで古民家カフェによりました。これが物凄くよかった・・・・・・・


研修生のKanekoさんが美味しそうなかき氷にまんべんの笑みを浮かべています!

人事部のHayataさん、お汁粉食べてを食べて疲れを癒しました。

普段飲みに行くことや、プライベートで遊ぶことも多いYIメンバーですが、たまには山登りのようにアクティブな体験をみんなでやるのもいいなあと思いました!!やっぱり辛いことを乗り越えてみんなで頂上までいけると、より一層絆も深まるような気がします!

最近広報チームでも社内イベントを多く企画しています。今年の夏はスポーツ大会、BBQ、海などイベントも盛り沢山でいきたいと思っています。YIは遊びも仕事も全力です!皆さん、今年の夏もY&Iで熱い夏を過ごしましょう!

Y&I Group株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
59 いいね!
59 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう