This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

【Y&I Group】 社会で通用するキャリアのつくり方〜3ヶ年計画 後編〜

こんにちわ!

前回は当社の教育プログラムを投稿させて頂きました!

https://www.wantedly.com/companies/y-i-group/post_articles/191401


では、当社の365日の研修期間を終えたら、どんな働き方ができるのか?
おそらく一番気になるところかなと思うので、今回はその点を書いていこうかと思います!!


◆365日研修が終わったら?その次は...?


365日の研修が終わるとまずは、1年から2年程度、SESで現場配属になります!


会社選びを間違えてしまうと、、、
いわゆる、ロースキル案件への配属になることが多いです。

ここでいうロースキル案件とは、

・キッティング
・テスト業務
・データ入力
・PC設定業務
・ヘルプデスク
などなど...😶


どれも単純労働作業...正直、下を向きながら仕事をしている人が多い印象。。
ただ、勘違いして欲しくないのは、どれも大事な業務です!
でもみなさんが想像しているITのお仕事とは程遠いかなと。

確かに、IT業界は人材不足です。
でも、みなさんが想像しているエンジニアのお仕事は、技術力が求められるものではないでしょうか?

1ヶ月〜3ヶ月程度の研修で、技術や現場で活躍できる人間力は身につくのでしょうか?

Y&Iの答えとしてはNO


なので、前回投稿したような教育プログラムで0から教育にチカラを入れています!

その研修をクリアできるからこそ、研修後にSESで開発現場に入ることができるのです!
実際に、某運送会社のシステム開発、某鉄道会社の管理システム開発といった開発現場に入っている先輩方がいます😄!


SESでは、現場の先輩エンジニアから経験やスキル、仕事のやり方を学びながら、 どんどん成長していきましょう!
その後、人によって期間は異なりますが、SESを1年〜2年間、経験を積み
また社内に戻ってきて、そこから一緒にやりたいことをやっていきましょう❗️❗️


◆開発現場経験後...入社から2年〜3年目は?



しっかりと技術力と人間力がついたら
当社では、いろんなキャリアアップを提案しています!

①既存の自社サービス
②新規サービス開発
③受託開発
④既存事業責任者
⑤新規事業責任者
⑥社内教育管理者、キャリアカウンセラー
⑦Y&I専属フリーランス
⑧地方勤務
⑨セカンドキャリアのサポート


例えば
現在、当社では、、、



・超特化型プログラミングスクール「Freeks」
・IT企業特化型勤怠管理システム「ラクダス」
といった自社サービスを展開しています!

この既存サービスをさらによくするための開発に参入するもよし。
スクールにおいては地方展開を視野に入れています。
例えば、地元にスクールを展開して、地元で教育担当や、システム開発、事業責任者をするのもいいでしょう!

あるいは、新サービスを展開し、サービス運営管理者、開発、マーケティングなどにチャレンジしてもいいでしょう!


③受託開発
基本的にはBtoBで法人のクライアント様から受けた大きなプロジェクトに参加できるので
今までに経験したことのない責任感、達成感、やりがいのある仕事をすることも可能です!

過去の実績では、
・仮想通貨アプリエンハンス案件のディレクション、及び開発
・格安SIM申込サイト開発
・ドライブレコーダー購入者向けサービスサイトのエンハンス
など

その中でも今後の展開としては、BtoBもしつつ、


国のお仕事にも参入していきます!


日本の国営、地方自治体の
機関ってどれくらいあると思いますか??








およそ9000機関もあるんです!!!

例えば、言い方は変ですが、ベンチャー企業がいきなり
超大手ソフトバンクのシステム開発に入れるか?といったら、無理ではないが、可能性は低いですよね?

でも、ソフトバンクより大きな規模である国の機関でお仕事ができたらどうですか?
国の仕事に携わっている友達って周りにいますか?笑


当社では、この国のお仕事を請け負うために必要な入札資格の取得に成功しました!
(どんな会社でも取れるものではありません...)

要はソフトバンクよりも大きな、国の9000機関もあるお仕事にもチャレンジできるのです!


⑦Y&I専属フリーランス

個人のフリーランスも良いでしょう!
でもそこには、デメリットも存在します。

・自分で案件を準備しなければいけない
会社で働いていれば仕事に困ることはないでしょうが、個人フリーランスになると実績が全てです。
なおかつ、仕事をもらうための営業スキル、人脈がつきものです。

・社会的信用が低下する
例えば、クレジットカードが作れない、引っ越しができない、銀行からの融資がおりないなど
生活する上で、不都合なことが多くなってしまう。

・税金関係が面倒になる
確定申告や、各種税理関係申告がかなり面倒...
税理士を雇うとピンキリだが、年間¥40万以上かかります...

こうしたデメリットも当社の専属フリーランスになれば、
お仕事に困ることもなければ、当社の子会社であるBOS(バックオフィスサポート)との連携によって
Y&I専属フリーランス限定で、経理代行を年間¥12万と破格の料金設定で受けることができるのです!


⑨セカンドキャリアのサポート
社内での自社開発、受託開発などを経験し、さらなるキャリアアップを目指し大手企業で働きたい!
という人も出てくるでしょう。
でも、会社を辞めて、個人で企業へ申し込んでも、狭き門です。

だったら、当社を活用すればいいのではないでしょうか?
個人で動くよりも、当社が次の会社へ紹介した方が、断然通過率も高くなります。
なので、当社から大手企業への紹介、就職支援、サポートもし、セカンドキャリアの応援もします!


他にも、
・任せれた仕事を納期よりも早く納めることができたら、残りの日数は全て自由に過ごす
・フレックス制度で、プライベートとの両立をすることも可能
などといった制度も用意しています。


最後に

今これを見ている人は、少しでも現状を打破したい、キャリアチェンジしたいと
これからの自分のことを考えられている人かと思います。

ただ、下記のデータをみて下さい。これは厚生労働省が発表している学歴別3年以内の離職の割合です。

データによると3年以内に離職者が30%以上。
3年以内に辞めてしまうと、
・忍耐力、継続力に対してマイナス評価がされやすい
・理想の会社での書類選考が通過しない
といった多くのデメリットが生じます。


また下記のデータは退職理由ランキングになります。

※VORKERSより引用(https://www.vorkers.com/hatarakigai/vol_14)


みなさんも思い当たる節はあるのではないでしょうか?
僕も1位の理由でもあるキャリア成長が望めなく、前職から退きました。

でも、1番盲点となるのは
転職が難しくなる、世間体からの見られ方、企業からの評価が下がる
といったことではなく


転職しても自分自身の問題は何も解決しない。」


ことなのです。


人間関係が、、、
会社の体制が、、、
仕事内容が、、、
様々な問題があったかと思いますが、次の会社でそれが起きない保証なんてないですよね?
結局は、自分自身の問題、課題であるので、これを解決しなければならないのです。

好きな仕事、楽な業務だけしかやらない。できる仕事しかやらない。
言い換えると、嫌いな仕事、面倒な業務はやらない。できない仕事はやらない。

では、世の中には、好きなことだけしかやらない社会人、あるいはフリーランスの人って
存在するでしょうか?

答えは、NOだと思います。

自分が嫌い、苦手、大変、面倒だなって思う仕事って、きっと周りもそう思っています。
誰もやらないこと、もしくは誰でもできることを誰よりもやっている人が
信頼され、任せられ、世の中に必要とされる人間になっていくと思います。

でも、それを教えてくれる会社ってほとんどないと思いますし、
経験していく中で身についていくので、教えてくれないのが普通かもしれないですね。


しかし、当社に入社してくる方々は


・社会人経験がない
・学歴もない
・何か自慢できるものがない
・パソコンも触ったことがない

こんな方々が多いです。

だから、
0からの教育にチカラを入れ、キャリアを作っていきたいのです。

もともとは何もなかったところから、成長し、3年後には、
大きなプロジェクトや国のお仕事、新規サービス、事業運営者も任せていきたいです。
そのさきに
「今、私はこんなことやっているんだ!」
と周りに胸を張って言えるようなキャリアを積んで欲しいです!

そして、世の中に求められる、価値ある人材を多く輩出したいと考えています。



みなさん!!!


義務教育は受けましたよね?
中学校、高校それぞれ3年間通い、卒業しましたよね??

でも、社会人として3年間継続して成し遂げられたことはありますか?



当社の3ヶ年計画に少しでも興味を持ってくれた方は
ぜひ、遊びにきて下さい!
相談ベースでも構いません!まずは、気軽にお話してみませんか?

Y&I Group株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
24 いいね!
24 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう