1
/
5
This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

諦めたエンジニアをもう一度チャレンジした理由

■自己紹介

初めまして、Y&IのY.Kです!

今回は私がY&Iに入社した理由やそれまでの経歴、経緯、そしてこれからのことについて書かせていただきます。

出身地:宮城県仙台市
入社歴:6か月
趣味:読書、ギター

出身が仙台というところ以外は何も特徴がない自己紹介です😭
少し掘り下げると仙台には生まれてから高校卒業後のフリーターの時まで住んでました。
趣味の読書はここ最近再燃したもので週に2~4冊は読んでます。

元々私は、裕福な家庭ではなかったですし、頭も良いわけでも勉強をまじめにやろうという気概もなく、なんとなく高卒で就職しそのまま数か月で退職します。。。

それからはフリーターした後に学費が比較的安い短大へ通うことにしました。

実はこの短大の時点でプログラミングコースを履修していて最初は意欲的に取り組んでいたのですが
バンド活動とそのころ特にはまっていたゲームで学生生活の大半を使ってしまったことでせっかく学んだこともほとんど身になりませんでした😥

就活になりSE志望で受けるも当然ながらうまくいくはずもなく、10月になって人材派遣業の会社に内定をもらい、そのまま就職しました。

ただ、仕事も11か月目に退職して今に至ります。

なぜなら、SEを目指すことを諦められなかったから。

■諦められなかった理由と、そのきっかけ

前述した通り1度SEを諦めているわけです。
では、なぜもう1度SEを目指すようになったのか?

実は、就活終了後、学内のアルバイトでアルバイト用の時間割とカレンダーの連携をGAS(Google Apps Script)で作成するという仕事をしたときでした。

そのとき自分で作ったものが動いて、実際に使用される喜びや担当の教職員と話し合って形にしていく過程がとても楽しく充実していたので、やはりSEを目指したいと思うようになりました。

その流れの中で、もう一度エンジニアを目指したいと思い、次は転職活動をすることになりました。

その中で、私が転職活動で軸にしていたのは、研修期間でした。

実は短大時代にSE業界の研修形態などを調べていたことがあり、
どの企業も短い(2~3か月)研修期間で現場に行くような形態でした。
このやり方だとできることが少ないまま現場にアサインすることになるためテストなどの成長が難しい作業を長い間することになります
Y&Iの場合は比較的長い(6~12か月)で研修をしているのでアサインはその分遅くなる。
しかし、できることが多い分、しっかり開発の現場に入れるということだったので入社を決めました!
もちろん、テスト等が無駄だとは思いませんがテストだけしていても成長は正直できないと思います。
研修をしっかり行ってさらに自分でも学ぶことで力になっていくと思います。





また、実力によって収入や待遇変わるという点もエンジニアを目指した理由です。
勉強に割く時間は必要ですが未来の自分への投資であると思って日々勉強してます。

■入社してみてどうだったか

私のカリキュラム期間は6か月ほどで修了しました。
私の場合は他の方と違いプログラミングに触れた経験があるので序盤はほとんど問題なく進むことができました。カリキュラム自体は未経験でも理解できるように作られていますし、本社に行けばほとんどの場合教育担当の方がいるので質問も簡単にできてその場で解決できる環境にもあります。
ベンチャーだからこそ、正直まだまだ会社としての体制は整っていなかったですが
制度や雰囲気なども入社してからさらに良くなっているのでもっと伸びていくと思いますし
自分たちが環境を作れていく楽しみがあるのがこの会社のいいところだと思います!

昔ながらのというか、大手企業のような型にはまらない感じが楽しいです!


そして、私自身モチベーションが上がったきっかけが2つありました!
カリキュラムで学んだことを利用して、自分自身でプログラムを新しく作成したときは毎回モチベーションが上がりました!
もう一つは初の社内総会でカリキュラムが終わり弊社最速でSESに行くことになったメンバーが紹介された時です。
この時は「自分も頑張ろう!」とかなり大きくモチベーションが上がりました。
周りの成長などが見えるということも競っているわけではないですがモチベーションアップに繋がりました!

■仕事と勉強の両立

私は、携帯販売のお仕事をしながら勉強に取り組んでいました!
もちろん、お客様とのコミュニケーションも意識していたのですが、
どちらかというと同じスタッフとの人間関係という意味でのコミュニケーションを意識していました!
ただただ、毎日を過ごすわけではなく、どうしたら良くなるのかをスタッフと話し合い、実際に取り組んでいく。
この行動が、私はエンジニアの現場でも直結して活かせるチカラになると思ったからです。

お仕事は21:00ころまでなので、そのあと、帰社して勉強する日もあれば、自宅で勉強する日もありましたが、まず目標は仕事がある日は2時間、休みは4時間を目安にしています。
しかし毎日目標通りの時間ができるわけでもないですし、反対にいつもより捗って長い時間集中して取り組める場合があるので正確な時間はわかりません。
なので時間での管理というより進捗で自己管理するようにしていました。

第一に勉強を義務化しないことが大切だと思ってます。
当然やる気がどうしても出ない日、体調が悪い日はもちろんあります。
そんな時に義務的に勉強をしても身になるはずもないので息抜きはしっかり行うようにしています。
息抜きが終わったら気持ちを切り替えて勉強するようにしていました。

エンジニアに必要なのは勉強を続けて最新の知識、技術に自分をアップデートしていき、時代において行かれないことだと思います!
なのでお仕事をしながらでも継続的に勉強をすることは大切なので、この仕事をしながら勉強をする習慣を身に付けられて、僕にとっては一石二鳥でした。

やり方は人それぞれなので、自分のやり方を見つけられるといいですね!



■SES移行にあたって

期待と不安があります。
これから目指してきたIT業界に本格的に進めることに対する期待、学んできた知識だけでは通用しないと思うので追いついていけるのかという不安です。まだまだスタートライン、もしくはまだスタートラインの前かもしれません。ですので少しでも早く一流のエンジニアになるために成長し続けることを忘れずに行きたいです。

将来はたくさん言語を習得していきたいです。
まずは興味があるPythonとRudyに挑戦してそれぞれの案件にもアサインしたいです。

また、今後変わっていくとは思いますが、フリーランスやリモートというできるだけ自分の意思で仕事ができるようなエンジニアを目指しています。
今は働き方が変わってきています。自分の時間を大切に仕事と私生活を本当の意味で両立できるようなそんな人生を目指しているのでこんな働き方ができればと思っています。

■最後に

この会社の一番の魅力は、先を見据えた研修期間と制度にあると思います。
エンジニアは2-3か月勉強してなれるような甘いものではないのでしっかりと時間を使って、
人によって様々なペースで研修に取り組めるのは大きな魅力だと思います。
他には環境が入社してから常に良い方向に向かっていることやIT部門がこれから本格化するので伸び代が大きいと思います。

あとは、私自身が入社して、後悔しているのはすぐにPCを新調するべきでした。
元々重たい中古のノートPCしか持っていなかったのですが新品のモバイルノートPCに変えてから成長スピードが段違いになったので最初からお金をかけてでも購入するべきだったと思います。これも自分への投資ですね。

入社前の準備も大事です!

Y&I Group株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
33 いいね!
33 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう