1
/
5
This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

<制度紹介>会社で統計学を学べるって本当?統計検定を通して切り開くキャリアとは!~統計検定取得制度編~

こんにちは!サイカの人事総務を担当しておりますおんちゃんこと恩田です☺

本日は、社員の才能開花をサポートする制度の1つ「統計検定資格取得制度」についてお話したいと思います。

サイカでは、会社としてメンバーの「才能開花」を全面的に支援することを大切にしています。(実は、サイカという社名も「才能開花」が由来です!)

統計検定資格取得制度とは、日本統計学会公式認定「統計検定試験」1~4級を対象として試験に合格した場合、会社が受験費用を全額負担してくれる制度です。サイカの事業において、統計学は欠かせないものであり、事業の重要な考え方の一つになっているため、会社として統計検定の取得を奨励し支援をしています。また、サイカでは「すべてのデータに示唆を届ける」というビジョンを掲げており、「統計学」の考え方を学ぶことで社員の才能が開花し人生をより良い方向に切り開いていく助けになると考えています。

そんな統計検定資格取得制度を利用して、先日統計検定2級を取得されたマーケティング課の粟野さんにインタビューをしてみました!

粟野恭平(あわの きょうへい)
新卒で外資系メーカーへ営業職として入社。その後、スタートアップ企業でメディア事業部長としてWebマーケティング業務全般・マネージメントを経験。プロダクトマーケティングへの興味と、マーケターとしてのキャリアアップを目指してサイカにジョイン。

>統計検定2級合格おめでとうございます!はじめに、粟野さんの現在のお仕事について簡単に教えてください!

ありがとうございます!現在は、マーケティング課でMarketing Operations(Marketing Ops)という役割を担当しております。サイカのMarketing Opsは、マーケティング課全体の生産性向上と全体数値改善を行うために、マーケティングにおけるオペレーション・業務フロー改善、数値管理(目標設計、実績集計)、CRM・MAツール管理、レポーティング、分析などを行っております。

>そんな粟野さんは、どうして統計検定を取得しようと思ったんですか?

理由は2つあります。1つ目は、サイカは統計のプロダクトを扱っている会社なので、プロダクト理解のために、統計学を学びたいと思ったからです。2つ目は、マーケティングの領域に携わっているので、より高度なデータ分析を実践したいと思ったからです。統計学の知識を身に着けることでマーケターとして才能開花できるかと。

>なるほど!統計学の知識を身に着ける=マーケターとしての才能開花と考えているのでしょうか?

背景として、Webのログだけでの分析では、将来的に限界が来るだろうと感じています。だからこそ、統計を用いた推計や分析がマーケターにも求められるようになるのではと考えているからです。

>統計学を学ぶことで業務に活かせそうだなと思った部分はありましたか?

特に数値管理や分析の業務で活かせそうだと思っています。例えば、数値の予測を立てるときに統計を用いることで、自身で立てた仮説の進捗数字により信憑性をもたせて上司・他部署・課のメンバーに報告ができるようになると考えています。

>ちなみに、サイカに入社する前は統計の勉強はしたことはありましたか?

ほぼないです。大学のゼミで統計を用いた卒論を書いたので全くないというわけではないですが、当時はその意味をあまり理解していませんでした。ゼミでは専用のツールを使用していたので、入力すれば数値がはじき出され、出来たような気がしていましたが、統計学の知識はほとんど身についていませんでした。

>統計検定に向けてどれくらい勉強したのですか?

勉強期間は大体1か月くらいで、仕事後2~3時間、試験前の土日はフルで勉強していました。才能開花費(※)で購入した統計検定の参考書と過去問をひたすら繰り返したり、実は高校数学をおさらいするところから始めたんです。微分積分とか勉強した記憶が全くなくって自分でもびっくりしました(笑)

※才能開花費…ビジネススキルを習得するためや社内で利用する備品を1人あたり年3万円まで経費精算することができる制度

>学生時代に勉強したことって記憶になかったりしますよね(笑)実際に統計検定2級を取得したことで何か変化はありましたか?

まだ、最近取得したばかりで目に見える変化は正直ないです(笑)でも、もっと統計学を勉強したいなと思いました!せっかくなら業務の中でアウトプットしたいと考えているので、今より高度な統計の知識を身に着けていきたいなと思っています。

>ぜひ、社内でも統計検定取得を目指している人へのアドバイザーとしてもお願いします(笑)今後のキャリアにおいてはどのように活かせそうですか?

統計を学ぶことでマーケターとしてキャリアアップができると思っています。今までよりもデータに強いマーケターとしてスキルや経験を磨いていけたらと考えております。マーケティングは数字で示すことが多いと思うのですが、数値に示唆や根拠を持たせられると強い武器になると思います。

>最後に、統計を勉強しようと考えている方にメッセージをお願いします!

今後、統計学は高校数学で必修化される話もあり、これからビジネスシーンで必須スキルになっていく可能性があります。これからの世代に負けないという意味でも統計検定を受験することをきっかけに統計を学ぶことは重要になると思います。仕事だけではなく、自分の才能開花を目指して私も引き続き頑張ります!

粟野さんありがとうございました!統計検定取得がゴールではなく、新たな才能開花のきっかけとなったとのことで統計検定取得制度を活用してもらえて嬉しいです。

社会人になってから勉強をすることは大変な事もあるかと思いますが、会社の制度を上手く活用して自分の才能を開花して頂けたらと思います!

サイカは、業務を通して成長することはもちろん、業務以外の場面でも才能を開花し、社員一人ひとりの人生を充実させるためにサポートすることを大切にしています。

引き続き、サイカの制度を紹介していきますのでお楽しみに!!!

株式会社サイカでは一緒に働く仲間を募集しています
33 いいね!
33 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう