1
/
5

Wantedlyは、270万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

【未経験から目指す!】成果が出せるWebディレクター

こんにちは。スターティアラボ採用担当です。

今回は、Mtame株式会社のWebディレクター・相澤俊にスポットを当て、Webディレクターの仕事内容や求める人材像、大事にしている考え方などをインタビューしました。

Webディレクター経験者の方はもちろん、これからWebディレクターを目指したいという方も、ぜひ当社の社風を感じていただければ幸いです。

【プロフィール】

氏名:相澤 俊(あいざわ しゅん)

所属:Mtame株式会社 クリエイティブグループ プランニング課

入社年:2013年

経歴:スターティアラボに新卒で入社後、新規営業、カスタマーサポート、カスタマーサクセス(コンサルティング営業)などを経て、Webディレクターに就任。現在はメーカーや商社、IT関連企業など、さまざまなクライアントのWebサイト制作に携わりながら、制作ディレクターチームのマネージャーとして課員6名のマネジメントを担当。


「顧客が作りたいサイトではなく、成果が出るサイトを作る」

Q. Web制作においてMtameが重視しているのはどんなところですか?

相澤:まず、当社のWebディレクターが一番大事にしているのは顧客の成果です。Webディレクターという職種は、Webサイト全体の設計・企画・提案・管理を担うため、たとえ同じ会社のWebサイトでも、担当するディレクターの考え方やスキルにより完成するサイトの成果は大きく変わってきます。

そのため、当社のディレクターにおいては、「Webサイトはマーケティングの一要素」という観点から、何よりも優先すべきことは顧客の成果と考えてディレクションを進めます。

これは口で言うのは簡単ですが、実務はとても難しく、時には顧客とぶつかる時もあります。顧客としてはAというデザインで作りたいと言ってるが、それが成果につながらないと判断した時は全力で説得しディレクションするからです。

もちろん、説得するからには相応の知識と覚悟が必要です。常にプロとしてのインプットを怠らず、「顧客が作りたいものではなく、成果が出るサイトを作る」これが僕たちの大事にしているサイト制作おける考え方です。

1人あたり年間20~30案件をリリースする仕組み化されたプロセスと教育体制

Q.Mtameではどのようなフローや役割分担でWeb制作を行っていますか?

相澤:当社のWebディレクター業務について詳しくお伝えしていきます。社内体制として営業部署と制作部署がわかれており、一般的な制作会社のようにディレクターが営業を兼務するということはありません。

当社において、Webディレクターは100%制作業務に注力できる環境になっています。

案件の規模としては、200万~2000万円規模が多く、ディレクター1人あたり年間で20~30案件をリリースしています。

あまりピンとこないかもしれませんが、これほどの案件量をこなすには仕組み化された制作プロセスと人材を育てる教育体制が必要です。

当社ではスケジュールの作成方法から、打合せ時に話す内容まで細かく制作のプロセスが組まれており、そのプロセスを遵守しながら制作を進めていきます。

また、当社のディレクターチームのメンバーは業界未経験者がほとんどです。

いきなりフロントとして顧客と対応するようなことはなく、まずはアシスタントディレクターとして、ディレクターのサポート業務から徐々にスキルを高めていき、自他ともに認める実力がついてからディレクターとして顧客の担当をしてもらう教育体制になっています。

経験の有無より、正しい心と補う努力が重要

Q.MtameのWebディレクターにはどんなスキルや特性が求められますか?

相澤:業界の経験・未経験は全く関係ありません。

一番重視するのは人格の部分で社内外に対して正しい心を持っていることと、一緒に働いていて気持ちの良い人かどうかですね。

顧客のマーケティングに関わる重要な役割であること、社内で多くの人間と関わる業務であることからこの二つを重視しています。

また、スキル面でいうと今スキルがあるかは重要ではなく、必要なのは自分に足りてないスキルを自覚して、そこに対して補う努力をすることができるかだと思います。

実務はいくらでも教えてあげることができますが、向上心や責任感がないと成長スピードはどうしても遅くなってしまいます。

Webの業界というのは、技術の進歩も市場の流れもとても早い業界なので、自分自身も同じ以上のスピードで成長しないと価値がなくなっていきます。

それを自覚して、努力できる方であれば大歓迎です。

実際に今働いてるディレクターのほとんどが未経験からスタートしていますので、そこは安心して応募頂けると幸いです。

Webディレクターを核に様々な職種に挑戦してほしい

Q.Webディレクターのキャリアパスについて、どのように考えていますか?

相澤:これは課員にも常に言ってますが、Webディレクターとしてずっと働いてほしいとは全く思ってません。

Webディレクターというのは職種上、必要な知識やスキルが多いので様々な経験をできます。その経験を元に自分が伸ばしていきたい領域を決めて、常に挑戦していってほしいと思っています。

僕自身、常に新しいことをやるのが好きなタイプなので、課員にも同じように常に新しいことに挑戦してほしいですね。

例え失敗してもまたディレクターとして頑張ればいいんです。安心して挑戦できるための核を作るのが僕の役割だと思っています。

若いメンバーが多いチームなので、Webディレクターとしての経験が、その先の人生において価値のあるものにしていきたいですね。

相澤が所属するMtame株式会社では、「Webディレクター」を広く募集しています。

未経験の方でもWebディレクターに興味がある方のご応募お待ちしています。

スターティアラボ株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう