1
/
5

art work / ブランドとともに死ぬ

コロナショックによって自らの存在意義を見失い、何をしたらいいかもわからずに手探りで始めたオウンドメディアも目的は不明瞭で結果としてマーケットの信頼を失った。10年間という長い期間で競争力を失いつつある既存のビジネスモデル。このままでは未来を見いだすことができない状況になった。

2021年1月、私たちは覚悟を決めた。自らを客観視して受け入れ、自らの存在意義を再定義し、自ら変革することを。

私たちはそれを「ブランド」と名付け、その「ブランド」ともに死ぬ覚悟ができたとき、目先の損得に対する執着は消え去った。膨大な時間を投資してブランドの在りかたを徹底的に議論し、全てのメンバーが意思決定に関わり、「日本の婚礼文化に革新を」とミッションを掲げることにした。

2021年4月、私たちが大切にしたい価値観を言語化し撮影をすることにした。価値観を体現しているメンバーの魅力を引き出しディレクションすることに挑戦した。

この記事は、私たちの価値観に共鳴してくれる方に届くことを願い art work として著述する。

art director / 倉掛 奨

kenya ishigami / コミュニティとしての意義に生きる

彼はクローズな関係性に逃げない。入社当時から同期同士の問題が起きても個別の部分最適で終えるのではなく、同期全員を集め自分たちが大切にしたい関係性を呼びかけていた。

コミュニティの意義をスーツの伝統と本質に重ねた。紺ブレザーと茶色のネクタイを合わせ、トラッドなスタイリングを組み表現。スキナが大切にしたい世界に招待する「レセプション」のイメージを持って。


naoto funayama / 本質的な価値に重きを置く

彼は追求する。お客様に神前式の魅力を伝えるため古事記を学び、自ら神社に赴き価値を知りにいった。誰よりも神社で結婚式を挙げる意味を語れるようになり、お客様に本質的な価値を提供できるようになった。

本質は追い求めなければ辿り着くことはできない。絶えず求め、試行錯誤する姿に笑顔はいらない。システムエンジニアを目指す彼にIT系のスタイリッシュなスタイリングで、本質に重きを置く生き様を表現してもらった。


yuri tomoto / 他者に媚びず依存せず誇り高く生きる

彼女は誇り高きウェディングプロデューサー。お客様、同期、上司。誰に対しても媚びない。忖度なく自分の意見を伝え、誇りが持てるまで追求する。

デニムには「誇り高き労働者」のイメージがある。採掘現場で泥にまみれながら、求める輝きが手に入るまで投げ出さない誇りを持っていた。そこで外見は飾らず、内面からにじみ出る「誇り高さ」をデニムで表現した。


mizuho takemura / クリエイティブに挑みつづける

彼女の武器は感性。ウェディングプロデューサーとして、コンセプトからつくりあげる独創的な提案はお客様を虜にする。その感性は空間に世界観を表現する。ブランド発信拠点として大阪サロンリニューアル責任者を務め、新たな価値観のウェディングサロン「 Art FUKA 」に挑戦している。

クリエイティブには苦しみがある。己と対話をしつづける苦しみ、無から生み出す苦しみ。クリエイティブに挑戦をしつづける限り、この苦しみからは逃げることができない。ここでは主張がない背景と、抜け感のある色合いでスタイリングを組むことで「内なる対話と苦しみ」を表現した。


hikari nakatani / アート思考で世に本質を問う

不器用で要領も悪い。だけど、純粋でかざらない彼女がその場にいるだけで周りが明るくなる。彼女のまっすぐと見つめる瞳は「問い」を発する力を持っている。

アート思考を表現するのに思いついたのが「あぐら」だった。自然との一体感を求めて白でスタイリング。あぐらを組むことで精神が宙に舞い、自然と同調するアートの「問い」を表現。


aoi hatada / 常に刺激的な環境に身を置く

自分に自信が持てなかった彼女は「結果を残す」と誓う。他者と比べつづけ葛藤し藻掻きながらも、逃げることなく自分と戦い、誰よりも営業成績を残しキャリアを切り拓いた。

刺激的な環境を求める背中に感じたものは「葛藤・脆さ・孤独・揺れ動く美しさ」だった。引きで全体を撮影することで、広い世界のなかで「なにか」を追い求める姿を表現した。


skina / ブランドとともに死ぬ

ー 日本の婚礼文化に革新を

このミッションを掲げるとともに、目先の利益を捨て去ったとしても成し遂げる覚悟を持った。メンバー全員が自らのブランドに誇りを持って創っていく。

「革新」を起こすには既成概念を破壊する「覚悟」が必要で、既存の在り方から遠ざかる表現をしたかった。だから誰もが描く「 the ブライダル企業」のイメージを崩す。綺麗な集合写真ではなく、新たな挑戦に臨む姿勢を撮りたかった。明かりを落としてストロボ光のみで表情の強さを出し表現した。 


off shot


art direction : Sho Kurakake
photo:tasu



婚礼 × アートディレクター
ウェディングの価値をアートの力で変えるアートディレクター募集
ー「日本の婚礼文化に革新を」 現在、スキナではこのミッション実現にむけて、すべてのプロダクトのリブランディングに取り組んでいます。創業当時から継承してきた結婚式における不合理を取り除き、誰の手にも本来の結婚式の意義を届ける為に、日本の婚礼文化に革新をもたらすべく挑戦しています。 ◆zero wedding https://zero-wedding.jp/ 「ただ一つ、本質だけを」をブランドアイデンティティとして、国内の結婚式における高付加価値高単価傾向に歯止めをかけ、本来の結婚式における意義としての「家族を始める場」を適正な価値と価格で提供します。具体的にはそのロケーションの潜在的な価値に光を照らして再定義することで、適正な価値に対する価格を実現し、さらには婚礼業界のタブーである新郎新婦のアイテム持ち込みを推奨することで、婚礼業界価格と一般流通価格の格差解消に挑戦します。 ◆京町家リノベーション挙式会場 挙式会場に特化したスペースとして京町家をリノベーションします。現状では、京都らしさを堪能できる挙式会場においても顕著な高単価化傾向が見受けられる状況にあり、また、披露宴会場が併設されていることからコストダウンを図ることが困難なモデルが主流となっています。この状況に対して、結婚式の本質的な意味を設計する挙式に特化し、また京町家がそもそも保持する価値を活用することによって価値と価格の最適化の実現を図ります。 ◆ ウェディングソーシャルメディア 結婚式の本質的な価値を創出するウェディングプロデューサーと新郎新婦を結びつけるソーシャルメディア並びにプロデューサー支援システムリリースを計画しています。「結婚式場を選ぶこと=結婚式を選ぶこと」となっている現状の文化にディスラプションをもたらし、結婚式の意味とはなにかから考える土台としてウェディングプロデューサーの存在意義にフォーカスを当てる価値観共感型プラットフォーム構築に挑戦します。
株式会社スキナ
アートディレクター
1400万円かけたブランド発信拠点をアーティストとともに完成させたい
ー「日本の婚礼文化に革新を」 現在、スキナではこのミッション実現にむけて、すべてのプロダクトのリブランディングに取り組んでいます。創業当時から継承してきた結婚式における不合理を取り除き、誰の手にも本来の結婚式の意義を届ける為に、日本の婚礼文化に革新をもたらすべく挑戦しています。 ◆zero wedding https://zero-wedding.jp/ 「ただ一つ、本質だけを」をブランドアイデンティティとして、国内の結婚式における高付加価値高単価傾向に歯止めをかけ、本来の結婚式における意義としての「家族を始める場」を適正な価値と価格で提供します。具体的にはそのロケーションの潜在的な価値に光を照らして再定義することで、適正な価値に対する価格を実現し、さらには婚礼業界のタブーである新郎新婦のアイテム持ち込みを推奨することで、婚礼業界価格と一般流通価格の格差解消に挑戦します。 ◆京町家リノベーション挙式会場 挙式会場に特化したスペースとして京町家をリノベーションします。現状では、京都らしさを堪能できる挙式会場においても顕著な高単価化傾向が見受けられる状況にあり、また、披露宴会場が併設されていることからコストダウンを図ることが困難なモデルが主流となっています。この状況に対して、結婚式の本質的な意味を設計する挙式に特化し、また京町家がそもそも保持する価値を活用することによって価値と価格の最適化の実現を図ります。 ◆ ウェディングソーシャルメディア 結婚式の本質的な価値を創出するウェディングプロデューサーと新郎新婦を結びつけるソーシャルメディア並びにプロデューサー支援システムリリースを計画しています。「結婚式場を選ぶこと=結婚式を選ぶこと」となっている現状の文化にディスラプションをもたらし、結婚式の意味とはなにかから考える土台としてウェディングプロデューサーの存在意義にフォーカスを当てる価値観共感型プラットフォーム構築に挑戦します。
株式会社スキナ
フォトグラファー/ALL
生き様をうつしだすフォトグラファーALL募集
ー「日本の婚礼文化に革新を」 現在、スキナではこのミッション実現にむけて、すべてのプロダクトのリブランディングに取り組んでいます。創業当時から継承してきた結婚式における不合理を取り除き、誰の手にも本来の結婚式の意義を届ける為に、日本の婚礼文化に革新をもたらすべく挑戦しています。 ◆zero wedding https://zero-wedding.jp/ 「ただ一つ、本質だけを」をブランドアイデンティティとして、国内の結婚式における高付加価値高単価傾向に歯止めをかけ、本来の結婚式における意義としての「家族を始める場」を適正な価値と価格で提供します。具体的にはそのロケーションの潜在的な価値に光を照らして再定義することで、適正な価値に対する価格を実現し、さらには婚礼業界のタブーである新郎新婦のアイテム持ち込みを推奨することで、婚礼業界価格と一般流通価格の格差解消に挑戦します。 ◆京町家リノベーション挙式会場 挙式会場に特化したスペースとして京町家をリノベーションします。現状では、京都らしさを堪能できる挙式会場においても顕著な高単価化傾向が見受けられる状況にあり、また、披露宴会場が併設されていることからコストダウンを図ることが困難なモデルが主流となっています。この状況に対して、結婚式の本質的な意味を設計する挙式に特化し、また京町家がそもそも保持する価値を活用することによって価値と価格の最適化の実現を図ります。 ◆ ウェディングソーシャルメディア 結婚式の本質的な価値を創出するウェディングプロデューサーと新郎新婦を結びつけるソーシャルメディア並びにプロデューサー支援システムリリースを計画しています。「結婚式場を選ぶこと=結婚式を選ぶこと」となっている現状の文化にディスラプションをもたらし、結婚式の意味とはなにかから考える土台としてウェディングプロデューサーの存在意義にフォーカスを当てる価値観共感型プラットフォーム構築に挑戦します。
株式会社スキナ
マーケティングディレクター
全裁量権をその手に。革新を起こす事業創造マーケター募集
ー「日本の婚礼文化に革新を」 現在、スキナではこのミッション実現にむけて、すべてのプロダクトのリブランディングに取り組んでいます。創業当時から継承してきた結婚式における不合理を取り除き、誰の手にも本来の結婚式の意義を届ける為に、日本の婚礼文化に革新をもたらすべく挑戦しています。 ◆zero wedding https://zero-wedding.jp/ 「ただ一つ、本質だけを」をブランドアイデンティティとして、国内の結婚式における高付加価値高単価傾向に歯止めをかけ、本来の結婚式における意義としての「家族を始める場」を適正な価値と価格で提供します。具体的にはそのロケーションの潜在的な価値に光を照らして再定義することで、適正な価値に対する価格を実現し、さらには婚礼業界のタブーである新郎新婦のアイテム持ち込みを推奨することで、婚礼業界価格と一般流通価格の格差解消に挑戦します。 ◆京町家リノベーション挙式会場 挙式会場に特化したスペースとして京町家をリノベーションします。現状では、京都らしさを堪能できる挙式会場においても顕著な高単価化傾向が見受けられる状況にあり、また、披露宴会場が併設されていることからコストダウンを図ることが困難なモデルが主流となっています。この状況に対して、結婚式の本質的な意味を設計する挙式に特化し、また京町家がそもそも保持する価値を活用することによって価値と価格の最適化の実現を図ります。 ◆ ウェディングソーシャルメディア 結婚式の本質的な価値を創出するウェディングプロデューサーと新郎新婦を結びつけるソーシャルメディア並びにプロデューサー支援システムリリースを計画しています。「結婚式場を選ぶこと=結婚式を選ぶこと」となっている現状の文化にディスラプションをもたらし、結婚式の意味とはなにかから考える土台としてウェディングプロデューサーの存在意義にフォーカスを当てる価値観共感型プラットフォーム構築に挑戦します。
株式会社スキナ
カスタマーサクセス
婚礼業界におけるカスタマーサクセスを最新テクノロジーで革新する人
ー「日本の婚礼文化に革新を」 現在、スキナではこのミッション実現にむけて、すべてのプロダクトのリブランディングに取り組んでいます。創業当時から継承してきた結婚式における不合理を取り除き、誰の手にも本来の結婚式の意義を届ける為に、日本の婚礼文化に革新をもたらすべく挑戦しています。 ◆zero wedding 「ただ一つ、本質だけを」をブランドアイデンティティとして、国内の結婚式における高付加価値高単価傾向に歯止めをかけ、本来の結婚式における意義としての「家族を始める場」を適正な価値と価格で提供します。具体的にはそのロケーションの潜在的な価値に光を照らして再定義することで、適正な価値に対する価格を実現し、さらには婚礼業界のタブーである新郎新婦のアイテム持ち込みを推奨することで、婚礼業界価格と一般流通価格の格差解消に挑戦します。 ◆京町家リノベーション挙式会場 挙式会場に特化したスペースとして京町家をリノベーションします。現状では、京都らしさを堪能できる挙式会場においても顕著な高単価化傾向が見受けられる状況にあり、また、披露宴会場が併設されていることからコストダウンを図ることが困難なモデルが主流となっています。この状況に対して、結婚式の本質的な意味を設計する挙式に特化し、また京町家がそもそも保持する価値を活用することによって価値と価格の最適化の実現を図ります。 ◆ ウェディングソーシャルメディア 結婚式の本質的な価値を創出するウェディングプロデューサーと新郎新婦を結びつけるソーシャルメディア並びにプロデューサー支援システムリリースを計画しています。「結婚式場を選ぶこと=結婚式を選ぶこと」となっている現状の文化にディスラプションをもたらし、結婚式の意味とはなにかから考える土台としてウェディングプロデューサーの存在意義にフォーカスを当てる価値観共感型プラットフォーム構築に挑戦します。
株式会社スキナ
自分の裁量権で新規事業を育てる
日本の婚礼文化に革新を。自分の裁量で新しいウェディング事業を育てる人
ー「日本の婚礼文化に革新を」 現在、スキナではこのミッション実現にむけて、すべてのプロダクトのリブランディングに取り組んでいます。創業当時から継承してきた結婚式における不合理を取り除き、誰の手にも本来の結婚式の意義を届ける為に、日本の婚礼文化に革新をもたらすべく挑戦しています。 ◆zero wedding https://zero-wedding.jp/ 「ただ一つ、本質だけを」をブランドアイデンティティとして、国内の結婚式における高付加価値高単価傾向に歯止めをかけ、本来の結婚式における意義としての「家族を始める場」を適正な価値と価格で提供します。具体的にはそのロケーションの潜在的な価値に光を照らして再定義することで、適正な価値に対する価格を実現し、さらには婚礼業界のタブーである新郎新婦のアイテム持ち込みを推奨することで、婚礼業界価格と一般流通価格の格差解消に挑戦します。 ◆京町家リノベーション挙式会場 挙式会場に特化したスペースとして京町家をリノベーションします。現状では、京都らしさを堪能できる挙式会場においても顕著な高単価化傾向が見受けられる状況にあり、また、披露宴会場が併設されていることからコストダウンを図ることが困難なモデルが主流となっています。この状況に対して、結婚式の本質的な意味を設計する挙式に特化し、また京町家がそもそも保持する価値を活用することによって価値と価格の最適化の実現を図ります。 ◆ ウェディングソーシャルメディア 結婚式の本質的な価値を創出するウェディングプロデューサーと新郎新婦を結びつけるソーシャルメディア並びにプロデューサー支援システムリリースを計画しています。「結婚式場を選ぶこと=結婚式を選ぶこと」となっている現状の文化にディスラプションをもたらし、結婚式の意味とはなにかから考える土台としてウェディングプロデューサーの存在意義にフォーカスを当てる価値観共感型プラットフォーム構築に挑戦します。
株式会社スキナ
19 いいね!
19 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング