1
/
5

100時間かけて2度も失敗したからできる、地道で愚直なオウンドメディア立ち上げへの挑戦

こんにちは、マーケティングディレクターの疋田です。

「いま、結婚式の本質を問う」をコンセプトに、結婚式の本質を追求するオウンドメディア zero wedding way 。今回は社運をかけたメディア立ち上げへの決意と構想を、事業責任者である田中にインタビューさせていただきました。




100時間かけて2度も失敗。我が子のようなメディアを捨てる決断

ー オウンドメディアの立ち上げは、今回が3回目と聞きました。

入社して1年目の2014年に skina wedding というウェディング情報サイトを、2020年に好きなことに没頭するメディア skina inc を立ち上げました。100時間以上かけて約70記事ぐらい作りましたかね。

ですがいまはどちらも閉鎖して、zero wedding way に集中しようと思っています。覚悟が持てなかったんです、特に収益化に執着できなかった。

初めてのオウンドメディア skina wedding はずっと手探り状態で、必死で記事を書いても 2~3カ月は訪問数も伸びない、目の前には既存事業の仕事の山。結果、コンテンツづくりは後回し。

目先の仕事でいっぱいで、兼任には限界を感じましたね。いまは30名ほど社員がいますが、当時は15名もいなかったですから。



6年後に挑んだメディア skina inc でも勢いがあったのは最初の2カ月だけ。ほかの仕事の合間に記事を書くって、無理なんだなと気づきました。

その反省から「やるからには社運をかけてやる」と決めたんです。中途半端なことはしない、ちゃんとチームをつくって予算もつけて、必ず収益化するんだと。


表面的な差別化は通用しない。2つのメディアの失敗要因

ー なるほど、ちなみに過去のメディア運営はなぜ失敗したんでしょうか?

根本的には「覚悟がなかった」ことですが、具体的には「使命とチームワークが弱かった」ことです。

zero wedding way の記事作成をしていて気づいたのは、ユーザー心理への圧倒的な理解不足でした。

・なぜそのキーワードで検索したのか?
・どうすれば120%の満足に至るのか?
・何に悩み、憤りを感じているのか?
・我々だから提案できることは何か?
・なぜこのメディアは存在するのか?

つまるところ私たちのメディアは存在意義が不在でした。僕自身も漠然としたイメージしかなく、他のメンバーに使命は伝わらず目の前の仕事の優先順位に負けてしまった。

特に skina inc は2020年、1度目の緊急事態宣言により婚礼事業がほぼ運営できなくなったために急ごしらえのメディアでした。ミッションもヴィジョンも何一つ決めず、とにかく勢いだけでしたね。



また、当然いいコンテンツづくりには時間はかかります。メンバーの協力をひき出せなくなると記事づくりは一気に停滞しました。

弱小野球部が志を掲げる一人の名監督によって生まれ変わるように、メディアづくりはチームづくりなんだと痛感しました。ゆるぎない使命と強いチームワークが、強いメディアを育てるんだろうと思います。


広告廃止。社運をかけたコンテンツづくり

ー 今回のメディアづくりでは具体的にどんな取り組みを?

大きくは三つあって、一つ目は「広告を使わない」ことです。

新ブランド zero wedding の集客目的の本メディアですが、SEO対策だけでの収益化を決めました。広告を使うと「最悪、広告を打てばなんとかなる」みたいな甘えがどこかにできてしまう。

だから、すべてのコストは人材とクリエイティブへの投資に回す決断をしました。宣言して、コンテンツの力だけで戦わざるをえない状況をつくる。

また、業界TOPのバズ部さん( https://bazubu.com/ )に1年間のSEOコンサルを依頼。初期投資や人件費も含めると1000万円以上の投資です。もうどこにも逃げ道がなくなってしまいました。

二つ目は「メディアの使命」を社員全員で決めたこと。僕と社長だけでスピーディに決める方法はやめて、すべての社員に情報を公開して「これなら、人生をかけてでもやりたい」と誇れる言葉を全員の意思で決めました。



三つ目は「強いチームワーク」をつくること。

全社員から公募した13名で毎週3回の企画ミーティングを行っています。「もちろん、俺も書くよ」と、社長の一言もとても心強かった。バズ部さんとの打ち合わせも、社外パートナーとは思えないほどいつも白熱してます。

ちなみに、社員の前で「社運をかけて、このメディアをやりたいんだ」とプレゼンした結果、2年目のメンバーが手を挙げてくれたことがとても嬉しかったんです。

小さな背中で必死に会社を背負ってくれてるんだと。だからこそ、是が非でも成功させる決意も強くなりました。


ほんとの差別化はかっこ悪い。地道に愚直に淡々と。

ー 最後にこれからの意気込みをお願いします。

スキナで7年やってわかったのは、ほんとの差別化はかっこ悪いの先にしかないってことです。マーケティング手法って流行り廃りが非常に激しくて、聞こえのいいテクニックに飛びついたことは何度もあります。

でも結局のところ、高い成果につながるのは王道のやり方だけなんですよね。地道な努力をこつこつと、決めたことを愚直に淡々とやり続けられるか。見た目にはかっこよく映らないことばかりですが、ここが本質だと思います。大きく遠回りしましたが、やっと入口に立てた気がします。

zero wedding way は6月中旬のリリースを目指していますが、正直ペースは悪いです。ウェディングプランナーが執筆をしていたり、兼任でライターをしているメンバーが大半だからです。

いまはメディア事業の専任チームをつくるべく、マーケティングディレクターやコンテンツライターの採用が課題です。

社運をかけたこの挑戦、参加してくれる方には僕が7年かけて培ったマーケティングノウハウ、すべてを託して会社を背負う存在となってくれることを期待したいですね。


マーケティング/ALL
人生に誇れるブランドを。限界のない裁量権で革新を起こすALLマーケター
ー「日本の婚礼文化に革新を」 現在、スキナではこのミッション実現にむけて、すべてのプロダクトのリブランディングに取り組んでいます。創業当時から継承してきた結婚式における不合理を取り除き、誰の手にも本来の結婚式の意義を届ける為に、日本の婚礼文化に革新をもたらすべく挑戦しています。 ◆zero wedding https://zero-wedding.jp/ 「ただ一つ、本質だけを」をブランドアイデンティティとして、国内の結婚式における高付加価値高単価傾向に歯止めをかけ、本来の結婚式における意義としての「家族を始める場」を適正な価値と価格で提供します。具体的にはそのロケーションの潜在的な価値に光を照らして再定義することで、適正な価値に対する価格を実現し、さらには婚礼業界のタブーである新郎新婦のアイテム持ち込みを推奨することで、婚礼業界価格と一般流通価格の格差解消に挑戦します。 ◆京町家リノベーション挙式会場 挙式会場に特化したスペースとして京町家をリノベーションします。現状では、京都らしさを堪能できる挙式会場においても顕著な高単価化傾向が見受けられる状況にあり、また、披露宴会場が併設されていることからコストダウンを図ることが困難なモデルが主流となっています。この状況に対して、結婚式の本質的な意味を設計する挙式に特化し、また京町家がそもそも保持する価値を活用することによって価値と価格の最適化の実現を図ります。 ◆ ウェディングソーシャルメディア 結婚式の本質的な価値を創出するウェディングプロデューサーと新郎新婦を結びつけるソーシャルメディア並びにプロデューサー支援システムリリースを計画しています。「結婚式場を選ぶこと=結婚式を選ぶこと」となっている現状の文化にディスラプションをもたらし、結婚式の意味とはなにかから考える土台としてウェディングプロデューサーの存在意義にフォーカスを当てる価値観共感型プラットフォーム構築に挑戦します。
株式会社スキナ


コンテンツライター/ALL
あなたの言葉で日本の婚礼文化に革新を。限界なき裁量権のライターALL募集
ー「日本の婚礼文化に革新を」 現在、スキナではこのミッション実現にむけて、すべてのプロダクトのリブランディングに取り組んでいます。創業当時から継承してきた結婚式における不合理を取り除き、誰の手にも本来の結婚式の意義を届ける為に、日本の婚礼文化に革新をもたらすべく挑戦しています。 ◆zero wedding https://zero-wedding.jp/ 「ただ一つ、本質だけを」をブランドアイデンティティとして、国内の結婚式における高付加価値高単価傾向に歯止めをかけ、本来の結婚式における意義としての「家族を始める場」を適正な価値と価格で提供します。具体的にはそのロケーションの潜在的な価値に光を照らして再定義することで、適正な価値に対する価格を実現し、さらには婚礼業界のタブーである新郎新婦のアイテム持ち込みを推奨することで、婚礼業界価格と一般流通価格の格差解消に挑戦します。 ◆京町家リノベーション挙式会場 挙式会場に特化したスペースとして京町家をリノベーションします。現状では、京都らしさを堪能できる挙式会場においても顕著な高単価化傾向が見受けられる状況にあり、また、披露宴会場が併設されていることからコストダウンを図ることが困難なモデルが主流となっています。この状況に対して、結婚式の本質的な意味を設計する挙式に特化し、また京町家がそもそも保持する価値を活用することによって価値と価格の最適化の実現を図ります。 ◆ ウェディングソーシャルメディア 結婚式の本質的な価値を創出するウェディングプロデューサーと新郎新婦を結びつけるソーシャルメディア並びにプロデューサー支援システムリリースを計画しています。「結婚式場を選ぶこと=結婚式を選ぶこと」となっている現状の文化にディスラプションをもたらし、結婚式の意味とはなにかから考える土台としてウェディングプロデューサーの存在意義にフォーカスを当てる価値観共感型プラットフォーム構築に挑戦します。
株式会社スキナ
株式会社スキナでは一緒に働く仲間を募集しています
15 いいね!
15 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう