1
/
5

【コラム】番町エリア(番町・九段・神楽坂)休日の過ごし方

文化人に愛された街として名高い番町、静謐で落ち着きのある街並みが魅力の九段、古き良き坂のある景観が特徴の神楽坂――。誰もが憧れる番町エリアは、高級住宅地として知られています。今回は、そんな番町エリアの高級マンションで暮らすある男性(Bさん)の休日をご紹介します。

9:00 桜の名所「千鳥ヶ淵公園」でランニング


https://www.photo-ac.com/

Bさん:休日の朝は、近所にある「千鳥ヶ淵公園」でランニングをすることにしています。皇居の西側に位置するこちらの公園で走ると、1日の始まりに豊かな自然を感じられるのが気に入っています。千鳥ヶ淵公園の魅力は、春になるとおよそ170本もの桜を見られることです。この季節になると夕方は宴会をする方で賑わうため、なるべく静かな朝の時間帯に運動をするように気をつけています。

12:00 ランチはホテルレストランの鉄板焼き


https://www.photo-ac.com/

Bさん:この日はいつも以上にランニングの調子が良かったので、ランチには何かジューシーなものを食べたいと考えていました。そこで、九段下駅のほど近くにある「ホテルグランドパレス」にある「鉄板焼 千鳥」で上質な牛肉を味わうことに。午後から彼女とデートの約束がありますが、ついつい1人で贅沢な肉料理を楽しんでしまいました。食材が鉄板で焼ける香ばしい匂いと音で、食欲が刺激されます。グレードの高い料理を気軽に食べに行けるのは、高級住宅地と言われるこのエリアならではかもしれませんね。

13:30 美大生の彼女を連れて「東京国立近代美術館工芸館」へ


https://www.photo-ac.com/

Bさん:彼女と九段下駅で待ち合わせをしたら、そこから徒歩で「東京国立近代美術館工芸館」へ向かう予定です。落ち着きのある街並みを横目に、ゆったりと散歩を楽しみながら目的地を目指します。こちらの美術館は、工芸作品ばかりが集められた、少し珍しい施設です。一度訪れたら忘れられない特徴的なレンガ造りの建物は、かつての「旧近衛師団司令部庁舎」。展示はもちろんですが、建物そのものにも魅力があります。現在、都内にある美大の工芸科で学んでいる彼女が、もっとも好きな美術館のひとつです。

15:30 和スイーツでゆったりと休憩


https://www.photo-ac.com/

Bさん:予約してあるディナーのために、タクシーで神楽坂へ向かいます。坂の多い独特の街並みをぶらりと散歩したら、隠れ家的なカフェで和スイーツを堪能。「神楽坂 茶寮 本店」は、定番の抹茶や小豆を始めとした和の食材をふんだんに使用した、特別な甘味を楽しめるお店です。レトロな内装も、甘さ控えめの上品な味わいも、私と彼女の好みにマッチしています。アートを鑑賞して少し疲れた頭を、和スイーツの甘みが癒やしてくれました。

18:00 神楽坂で人気の懐石料理を味わう


https://www.photo-ac.com/

Bさん:古き良き街並みの神楽坂でディナーといえば、やはり静かに上質な会席料理を味わいたくなります。以前、上司と訪れた「神楽坂 石かわ」は、言わずと知れた人気店です。初めて訪れた時、早くこの味を彼女にも体感してほしくてたまらなくなりました。今日、その願いが叶って彼女にご馳走できることになったのは、本当に嬉しかったです。ミシュラン三つ星と聞いて以前から楽しみにしていた彼女は、実際の料理を口にして目を輝かせていました。

食事の後はマンションに戻って、出張のお土産に買った日本酒を2人で楽しむつもりです。感度の高い人たちがまことしやかに噂するような飲食店が、自宅からそう遠くないところにあるのは、このエリアを住まいとして選んだ特権と言えるかもしれません。

落ち着きのある大人の上質な暮らし


https://www.photo-ac.com/

古き良き街並みに、落ち着きのある上質な大人の暮らしが似合う番町エリア。知る人ぞ知る老舗の飲食店や、文化人に愛された街並みなど、そのブランド性に注目が集まる理由は一目瞭然です。高級住宅地として知られるこのエリアに住めば、理想のライフスタイルを実現できるのではないでしょうか。

株式会社Modern Standardでは一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング