Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

「おせっかい」なホスピタリティ?お客様に"恋"して欲しい、JBAの若手女性社員の目標とは

JBAの若手社員にインタビュー企画第一弾!

今回はJBAで新卒で入社し活躍中の林 里穂 (ハヤシ リホ)さんにインタビュー!

プロジェクトを前に進めるJBAの案件ディレクターとして日々奮闘中の林さんの成長に迫りました。

【プロフィール】

林 里穂 (ハヤシ リホ)。中京大学 経営学部を卒業。中高大と続けたバドミントン、大学でも部活動に所属し週7で打ち込む。2018年に新卒でJBAに入社し、2年目にして複数の案件を一挙に掛け持つディレクターへ。酒屋を営む父親の背中から自然と身についたホスピタリティが強み。

スポーツ女子から新社会人へ

部活一筋10年間の彼女がJBAに感じた共通項

吉村:林さんは2018年に新卒として入社されてから現在2年目ということですが、入社される前、学生時代はどんな生活をしていましたか?

林:大学時代は部活に所属して、週7バドミントンに打ち込む毎日でした。練習場所から大学まで電車で30分程かかるのですが、時間の合間を縫って先輩と自主練したり、ジムに行ってトレーニングしていました。今振り返ってもやっぱりバドミントン一色の学生時代でしたね。

吉村:週7で部活ですか。それだとアルバイトや勉強との両立は大変でしたよね。

林:もちろん大変だと感じることもありましたが、やっぱりバドミントンが好きだったのでその生活を4年間続けることができました。アルバイトに関しても、実家が接客業なので自然と私も接客業に興味が出て、ホテルや飲食店・スポーツジムなどで働いていました。結局、好きなことをやっていたので苦しくても何とか続けられました(笑)

吉村:ご実家は何をなさっているのですか?

林:親は地元で酒屋をしていて、その影響で幼い頃から親の接客している姿を見ることが多かったです。私たち兄弟に対して怒っていても、お客様の前ではすぐに切り替えて、さっきまでと別人のように接客していたり、どんなことがあっても常に笑顔で店に立つ父の姿を見て、ぼんやり自分も将来はお客様との関わりを通して相手に喜んでもらえるような仕事をしたいと感じていました。

吉村:なるほど。ではその考えが林さんの就職活動にも影響が大きかったと。

林:就職活動を始めたころは明確に業界を絞れずにいましたが、将来家業を継ぐことになっても様々な業界のお客様と接することになると思ったので、多くの業界に理解を深められるコンサル業を中心に就職活動をしました。他にも内定を頂いた企業はありましたが、最終的には「3年で10年分の成長」と掲げる若手の裁量権の大きさだったり、仕事に限界や制約を作らずに何でもさせてもらえるというJBAの企業風土に惹かれて入社を決めました。部活時代から「自分に限界を作るな」という姿勢で練習に取り組んでいたので、その部分は自分に合っているのかなというふうに感じましたね。

吉村:取引先はどこも大手企業ばかりなのに若い社員さんが多いJBAは、若手にとっては挑戦できる環境だと言えますね。

林:そうですね。私もまだ2年目ですが、他の会社の2年目では任せてもらえないような仕事ばかりです。取引先の次長・部長クラスの人と直接連絡を取り合ったり、取引先社長への直接インタビュー、時には海外事業に関わるコミュニケーション戦略を一緒に考えたりもしています。若手のうちからスケールの大きい仕事に関われるので、周りを見ても若手の成長スピードはかなり速く、自分のしたいことには何でも挑戦できる環境が整っていると感じますね。

吉村:入社前の期待感を入社後にそのまま感じられたのはすごく良かったですね。次はそんなJBAでの林さんの仕事についてフォーカスしていきます。

走れ新社会人!奮闘エピソード① 

信用は取りに行くもの

吉村:先程も大きな仕事を任されているとおっしゃっていましたが、仕事をする中でやりがいを感じたエピソードがあれば教えてください。

林:前任の先輩からの引き継ぎで、ある会社の担当を任されました。ですがその取引先の方々と前任の担当者との信頼関係は強く、新任の私への信頼度の低さを感じることが多かったです。それでも新任だからこそ愚直な姿勢で、分からないことがあればすぐに取引先に確認し、できる限りお会いして直接話す機会を設けるようにしました。ある日その取引先の次長と一緒に遠出の取材案件があって、すごく緊張したのですが、先輩や前任の方からのアドバイスのおかげもあって当日の進行管理を滞りなくやり切ることができました。すると帰り道にクライアントの次長さまから「初めは新人だと思って不安だったけど、ちゃんと仕事をこなしてくれて助かった。今後もお願いします」とお礼のメールを頂けたんです。その時は本当に「私はこのクライアントさまのために頑張ろう」と強くやりがいを感じられましたね。

吉村:どんな会社も、それまで関係を築き上げてきた担当者が交代してしまうと少し不安ですよね。自分があまり信用されていないと感じながらも、愚直に努力できるのはすごいことだと思います。林さんの真面目で継続的な努力が取引先の方にも伝わったんだと思います。

林:本当にうれしかったです。何よりもまず、一緒になって課題解決に向き合える関係を早く築きたかったことが努力の原動力でしたね。私はもともと褒められて伸びるタイプなので、この言葉は本当にモチベーションになりました。私たちの仕事は、クライアントが抱える問題を直接解決することはできなくても、その解決に向けて継続的にサポートしていくことはできると思っています。その過程でクライアント様の満足する姿や感動を目に見えて感じたときは、自分の仕事に確かな手ごたえを感じる瞬間ですね。

走れ新社会人!奮闘エピソード②

部活仕込みの不屈の根性で逆境に打ち勝つ

吉村:逆に入社後、辛かったエピソードもあれば聞かせてください。

林:某建設会社が、環境パンフレット制作にあたってその制作会社を決定するコンペを開催することになりまして、そのコンペに私たちJBAも参加することになりました。そのパンフレットは建設業界に幅広く配布されるもので、今後建設業界の会社と関わっていく上では絶対に落とせない大事なコンペでした。しかもそれだけ重要なものが、なんと私の入社後初のプレゼンだったんです。

吉村:え、そんなに重大なプレゼンを初めてだった林さんが任されたんですか!?

林:はい。私がその会社の担当者だったこともあって私が務めることになりました。しかし、プレゼンまでは苦しい準備の時間が長くて、プレゼン構成やメッセージ性をいかに出すか、話す速さなど毎日夜遅くまで練習しました。当時練習に付き合ってくださった先輩方には感謝してもしきれませんね…。プレゼン当日の朝まで予行練習を繰り返しましたが、本番直前まで上手くいかずダメ出しを貰ってしまいました。さすがに心が折れそうになって、急遽先輩が代わりを務めるという話も出たのですが、どうしても最後までやり切りたいという強い気持ちでお願いし、本番を任せてもらえることになったんです。すると本番でクライアント様を前にした瞬間、「この人たちのためにちゃんと伝えたい」という気持ちが溢れ、今までの練習の成果が存分に発揮されたんです。結果としてコンペに勝利し、見事その案件を受注することができました。これもあの時、最後に私を信じて任せていただいた先輩方のおかげです。

吉村:初コンペでそこまで重要な案件を勝ち取るなんてすごい経験でしたね。それだけ辛い日々だったのに頑張り続けることができたのはどうしてでしょうか?

林:第一にあったのは、自分が持った仕事は何があっても最後までやり切るということです。先輩や同僚から信用されて任されたからには、絶対に責任を持って成功させたいと考えています。また、部活動をしていたころから負けず嫌いな性格なので、途中で他の人に代わってもらうなんてことは許せなかったですね。

吉村:なるほど。林さんの強い責任感や負けん気は、部活動を通して培ってきた貴重な財産ですね。それだけ最後まで粘り強く努力する姿を見ると、最後に本番を任せる決定をした上司の気持ちも分かるような気もします。

入社から2年、感じる成長

クライアント・ファーストのもと、自分にしか出せない価値を

吉村:これまでのエピソードにもたくさんのドラマがありましたが、そんなJBAでの仕事を通して得られた学びやスキルはありますか?

林:先ほどお話ししたエピソードもそうですが、この会社には、自分がしたいと思った挑戦を全面的に支えてくれる環境が整っています。だからこそ、若手である自分が取引先の相手に100%信用してもらうための努力は絶対に怠ってはいけないと思います。JBAの理念に「(お客様のために)そこまでやるか」というものがありますが、求められている期待以上の提案をするためには、お客様を深く知ることが必要不可欠です。私の場合、企業や業界の置かれている社会的背景など、知識のインプットに時間をかけるようにしていますね。

吉村:それは具体的にどんなことをされてるのですか?

林:とにかく過去の社内報や会社資料を読み込んで、自分なりに思うことをノートに書き貯めました。予め背景知識を入れておくことで、課題の原因を同じ目線で考えることができ、それは原因の発見を早めることに繋がります。ですので、毎日決まった時間には仕事を終わらせるよう優先順位を決めて、1日3冊、会社資料の読み込みを継続しています。お客様にノートがたまたま見えた時、「林さん、うちのために本当にありがとうね」って言われた時は、なんだかちょっと狙ったような感じになっちゃったけど(笑)、すごく嬉しかったです。

吉村:取引先を想う力が仕事の原動力になっているんですね。クライアント様の課題をいち早く発見して解決したいという強い気持ちが伝わってきました。自分が依頼したことだけでなく期待以上の情報量で提案が返ってくると、今後もその人にお願いしたいなって思えますよね。その、いい意味の「おせっかい」が林さんの強みですね。

林:クライアント様が何か困ったことがあった時、「まず林さんに相談しよう!」と思っていただけるようなコンサルタントになることが、実は私の裏目標なんです。JBAでは、これを「大手から指名される人財」と謳っていますね。私なりに換言すると、クライアント様に私と恋に落ちてもらいたいなって(笑)。この目標を達成するまで、失敗しながらでもJBAで視聴し続けることが私の使命です!

応募を考えている人に向けて

まずはカジュアルにJBAのカルチャーを感じてください!

吉村:ここまで林さんの入社後の経験談をお話ししていただきました。最後に、いまJBAへの応募を考えている方へ向けてメッセージをお願いします。

林:JBAはどんなことにも自由に挑戦させてくれる上に、その挑戦を社員が一丸となってサポートしてくれる環境があります。自分の可能性を拡げたい方、挑戦をサポートしてくれる環境が欲しい方には最適な会社だと思います。お客様を想い、チームで何かを達成することに喜びを感じる方々の挑戦を心よりお待ちしております!

新卒・第二新卒・中途問わず、新しい環境を求めている方は是非一度、会社でお会いしましょう!!

さて、いかがでしたでしょうか?

若手社員の様子やJBAのカルチャーが少しでも伝われば幸いです。

新卒や中途問わず、この記事を読んで少しでもJBAに興味を持った方は、是非「話を聞きに行きたい」をクリック!

詳細について、ぜひオフィスでお話しさせていただければと思います。

それでは、オフィスでお会いしましょう〜👋

日本ビジネスアートでは一緒に働く仲間を募集しています
「おせっかい」なホスピタリティ?お客様に"恋"して欲しい、JBAの若手女性社員の目標とは
平山孝太
日本ビジネスアート / その他

今週のランキング

ランキングをみる
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう