1
/
5

Wantedlyは、270万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

コンサルタントからカメラマンへの大転身

JBAは学生時代の専門分野やそれまでの職歴などに関係なく、やりたい役職にチャレンジできる社風が魅力。

「多様なキャリア」シリーズでは、現在JBAで活躍中の社員のうち、少し異色と言える経歴をもつ人たちにお話を伺います。

社内で3つ目の役職に挑戦

はじめまして!2016年に新卒で入社した山本大介です。

私は高校時代に陸上部で全国優勝を果たました。毎日、決まった練習メニューをシンプルな目標に分解して一つずつ取り組んでいたことが成果につながったので、自分は対象をシンプルに理解して真面目に取り組むと最大限に力を発揮できるタイプだと思っていました。でも、JBAに就職してからは、社内報コンサルタントを経てWebサイトの企画・運用のディレクターを担当し、現在はなんとカメラマン。気が付けば、いつの間にかマルチなキャリアが積みあがっていた経験をお話しします。

コンサルタント時代に学んだ「作り上げる」面白さ 

JBAにはお客さまに直接提案を行うコンサルタント志望で入社しました。様々な企業が抱える社内広報の課題を解決できるという仕事にワクワクしていました。打ち合わせの内容から企業の直面している課題を紐解き解決策を提案したり、社内報の要素を整理・編集して具体的な誌面を企画したりすることに、仕事の楽しみを見出していました。

初めての案件では、分からないなりに、自分が見たり聞いたりした事から「お客さまが伝えたいメッセージは、どうしたら良く伝わるのか」を真摯に考え、沢山の提案をしました。その次の冊子の企画では、お客さまから「もう分かるよね、全部まかせるよ。」と言って頂き、中身を全て自分で作り上げる達成感を味わうことも出来ました。お客さまと話し合いながら、企業が持つ課題や取り組みからコンテンツを考え、社内報を作り上げていく面白さ、基本的なプロジェクトの進め方を学びました。

新たなメディアへの挑戦

紙媒体の仕事に慣れて1年半ほどたったころ、JBAの中で、お客さまのWebサイトの制作・運用を推進できるチームを強化するという話が持ち上がりました。

元々デジタル系の仕事への関心もあったし、当時、社内にはそれが強みという人がほとんどいなかったので、これはチャンスだと思って手を挙げ、Web領域に挑戦することにしました。Web媒体と紙媒体とでは業務内容が全く異なるのかと思っていましたが、実際にやってみると、基本的な仕事の進め方や考え方には共通点も多く、コンサルタントとして培った経験をそのまま生かすことができました。

一方で、Web媒体ならではの特徴というのは、閲覧数やアクセスした人がどのくらいの時間そのページに滞在したかというような指標が明確に数値で見えることです。具体的なデータに基づいて企業にとっての本質的な課題は何かを考えることができます。そこで、お客さまが意識していないような課題にいちはやく気付いた時には、点と点が明確につながった感覚があり、その面白さが次の仮説を考えるモチベーションにもなりました。


未経験でもチャレンジ切符をくれるJBA

JBAの社内には、ライターやデザイナー、カメラマンなどのプロフェッショナルが集結しています。そんな専門家としての仕事も楽しそうだなあと思いつつも、自分がそんなキャリアを進むというイメージはもっていなかったのですが、ある時、Webサイトに使う動画撮影をディレクションする立場で取材現場に立ち会った際に、撮影がスムーズに進むように先を考えて立ちまわっていたことが先輩カメラマンの目に留まり「カメラマンをやってみないか」と誘われました。

撮影現場の仕事はいつだって楽しいものでしたから「まずはやってみよう!」と考えて、Webの仕事も続けながら、時間をやりくりしてカメラマンになるための修行を始めました。知識ゼロからのスタートにもかかわらず、先輩カメラマンは徹底的に指導をしてくれました。

カメラマンとして現場デビューを果たせるようになるまでのトランジションの時期はWebの仕事も続けていたため、物事をシンプルに進めたい自分としては、修行との両立のために毎日の細かいスケジュールを調整することがかなり大変でした。

一方で、お客さまの反応がダイレクトに感じられ、コミュニケーションで人の笑顔を引き出すカメラマンの仕事は想像以上に面白くて、どんどんハマっていきました。休日も終業後も、自分で撮影の練習をするくらいのめりこんでいました。

先輩カメラマンには、撮影のスキルを学ぶばかりではなく、自分の人生設計をどう考えるかというようなことを相談することができました。何度も対話をするうちに、おのずと「この人のようになりたい」と思うようになってきました。そして、最終的に、自分はプロのカメラマンとして生きて行こうということを決心しました。

カメラマンとしてのやりがい

カメラマンとしての最初の仕事は、クリニックを開院する院長さんの撮影でした。会社としても、スタイリストを手配するような気合の入ったプロジェクトでだったので、プレッシャーもかなり大きく、撮影の1カ月前から毎日JBAの同僚を3人撮るということを自分で決めて、撮影スキルを磨きました。その甲斐あって、撮った写真は院長さんに想像以上に喜ばれました。自分の仕事でこんなにも喜んでもらえるんだ、ということに、大きなやりがいを感じました。一層に気が引き締まり、お客さまに評価されつづけるカメラマンになりたいと強く思いました。

そして、次のステージへ

JBAには「これがやりたい」というものを見つけてそれに見合う努力をすれば、未経験の分野への挑戦も好意的に受け入れられる環境があります。頑張りにとことんつきあってくれる先輩も多いので、自分次第で何だってできるとも言えます。

カメラマンとしての仕事を始めるまでは考えたこともありませんでしたが、今はまた新しい領域として動画の仕事に挑戦したいと思うようになりました、3つの職種を経験してきたことで、媒体の種類や特性についても深く知ることができ、お客さまの課題に対して多角的に提案する力も増しました。だから、動画の撮影もできるようになれば、さらに視野が広がり、付加価値の高い提案ができるようになるのではないかと思うのです。何でもできるJBAの中で、さらなる可能性を探っていきたいと思っています。

日本ビジネスアートでは一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう