1
/
5
This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

女性社員活躍中!誰もが生き生き働く職場!!

女性が生き生きと働くエイシスで夢を叶えてください!

皆さま、こんにちは!人事チームの萬です。

これまでエイシスの組織風土を社内イベントや人事評価制度について取り上げてきたので、読んでいただいた方にはなんとなく「エイシスってこんな会社なんだ!」と思ってくれていらっしゃるかと思います。

★これまでの投稿

エイシスでは、年齢や性別に関係なく、誰もが活躍できるフラットな組織です!そもそも、年齢や性別という意識すら感じさせない組織カルチャーなので、自発的にやりたいことを誰もがやれる環境です。今回は、そうした雰囲気の中で敢えて「女性向けチーム」にフォーカスを当ててみました!

今回改めて多数の女性社員にお話を伺い、女性が生き生きと働ける職場環境が整ってきていることを実感いたしました。是非皆さまにもご一読いただけると嬉しいですね。

※今回お話ししてくれた皆さま。弊社サービス・トリオキニのトリオくんを3人で崇め奉ってます(笑)

Q. 事業推進部「女性向けチーム」とはどんな部署?

エイシスのサービスDLsiteでは女性向け作品の展開も積極的に行っています。
その中で基本となるのが「女性向けに二次元コンテンツのダウンロード販売を根付かせること」です。

男性向け同人は広まってきていますが、女性向け同人はまだその規模に追いつけていないのが現状です。なので、その「抵抗感を取っ払って、カジュアルに同人誌も楽しもうよ!」という雰囲気にするべく日々取り組んでいます。

「オタク女性のダウンロード販売への抵抗感をなくす」

その目標が一番大きなものですね。そこに向かって様々な施策を打って進んでいきます!

Q.オタク女性のダウンロード販売への抵抗感をなくすためには?

使いやすさを重視したサイト作りに加え、女性が見て明るい雰囲気のサイト作りを目指しています。現在、トップページのリニューアルも検討中です!これまでは男性目線で作成されていたデザインがずっと使われてきていたので、やはり女性目線のサイトデザインを強化していきたいですね。

Q. 最近取り組んでいることは?

企画を立てていますね。ボイスドラマの市場をもっと広げられるように乙女向けの無料作品を制作したり、ボーイズラブ同人誌が原作のボイスドラマ化を行ったりしています。

アマチュアでボイスドラマを制作されるサークルさんは増えてきているのですが、漫画家さんに関してはお一人でボイスドラマ化までも手掛けるというのが中々難しい状況のため、DLsite側でそのサポートをしていければなと思っています。もちろん、関係性がしっかりしているクリエイターさんでなければ難しいですが、営業を担当している阪本さん(女性社員)が非常に多くの活動を行ってくれていて、クリエイターさんとの懸け橋になってくれています。そこは本当にありがたいです!

今後も乙女向け・ボーイズラブ問わず、サークルさんユーザーさん双方に喜んでいただける施策を行っていきたいですね。

Q. どのような時に達成感を感じていますか?

ここ1年ほど、女性向けのドラマCDメーカーさんへの営業に力を入れてきました。数年前までは女性向けボイスドラマはCD販売が主流で、ダウンロード販売があまり浸透していなかったんです。

ただ、近年ユーザーさんから「CDを聴く環境がないのでダウンロード販売してほしい」というご意見をいただく事が増えてきて、DLsiteとしても、ダウンロード販売の利便性をもっと知ってもらいたい!という思いがあったため、メーカーさんに一気に働きかけを行いました。
最近はメーカーさん側もダウンロード販売ありきで作品を制作してくださる事が増えてきて、同人・商業ともにボイスドラマの売上が上がっているため、業界の流れを少し変えられたのかな?と思いました。

Q. 「業界の流れを変えられた」とは?

CDからデジタルに移行するキッカケをDLsiteが作れたかなと思います。
DLsiteでは2018年に商業ドラマCD専用のフロアを設けました。

メーカーさんは最初出し渋りというか、「まだCDをやりたいので・・・」と仰っていたり、最初にドラマCDを出してからダウンロードに転用すると、声優さんの出演費用が倍かかってしまうということで、なかなか難しい部分がありました。

なので、始めのうちはDLsite側でその費用を負担させていただきながら、作品数の拡充を行っていきました。すでにCDで発売された作品なので、最初はやっぱり売上げがあまりよくなかったですね。ですが、ここ一、二年でだいぶ売り上げが上がってきました!今後もさらに伸ばせるように取り組んでいきます。

Q. 女性向けチームとしてどういった苦労がありますか?

以前は「女性向けチーム」というものがなかったので、「こういうことがしたい!」とか、やりたいことがあっても他の部署の方に頼み、「その人の手が空いてればやってもらえるかも?」というちょっと進みずらい状態だったんです。それが、女性向けチームが出来てからは「女性向けチームでやる!」となって、今では会社の中で意見を通しやすくなりましたね。

ただ、どうしてもまだまだ出来ていないところもあります。特にコミック系が弱いと感じています。
昔ながらの電子書籍のサイトが強すぎて、そういったサイトに負けているので、そこは頑張って追いつき、追い越さないといけないなと考えています。

Q.サービスを伸ばしていくため必要なことは?

女性向けサービスやサイトにおいてより顕著に見られるものだと思うのですが、「配慮をしながら伸ばしていかないといけない」ことでしょうか。同人文化や女性向けアダルト商材の話は表に出してほしくないという方も多くいらっしゃるので、そういった感情は無碍にしてはいけないかなと。
なので、配慮をしながら、「全体の流れを平和に・マイルドに」良い方向に持っていかないといけないと考えています。その上で、サービスをどう伸ばしていくのかというところでのせめぎ合いがありますね。


Q. あなたにとってエイシスとはどんな会社ですか?

自由ですよねっ!!本当に自由な社風だと思います!!

個人のやりたいことが結果に出やすいと思いますし、オタクの人がよりその傾向が出やすいように見えます。「私はこういうことがしたいです」、「こういうことが好きなので、こういうことはどうですか?」という提案をとてもしやすい会社だと思いますね。

やりたい人が、そうやって自分のやりたいことを言って動いていけるし、自分のライフワークバランスを大事にしたい人もそうできる、本当に働きやすい会社です!男女差も感じないからすごく良いですね!そこもとても気が楽でとても働きやすいです。
他の会社にいた時は感じたことがある、「男女で差が付けられる」ということもここでは感じたことはないですし!

女性の方でバリバリ働きたい方はうちに来れば良いんじゃないかな?と思いますよ!特にオタクの女性!オタクのパワーを存分に出して働きたい人!オタク女子は一番のびのび働ける環境なんじゃないかな?と思います。

オタク趣味を出せて、かつ女性もバリバリ働けます!

Q. なぜ女性にとって働きやすい環境なのか?

うちのサービス「DLsite」はそもそも差別・偏見がなく「なんでも来い!」みたいな感じで、そこに募ってくる人もやっぱり同じで、「これじゃなきゃダメ!」ってこだわりに固執する人は少ないですね。

「私は私、あなたはあなた」と考える人が多いように思います。あと、心が広い人が多い!個人個人を尊重する風土ですね。オタク趣味も、個人の生活も、それぞれしっかり尊重してくれる会社だし、従業員の皆さんもそうなんですよね。

ライフステージに変化があった時も柔軟に対応してもらえる体制・制度があるのも大きいのかも!
例えば、マネージャー職の方が出産で長期の出産・育児休暇を問題なく取得できたり、お子さんの送り迎えやご病気の際の柔軟な出勤時間調整なども可能ですね。

女性が働きやすい環境=男性が働きやすい環境

女性が働きやすいからこそ、自然と男性も働きやすい環境になっているんだと思います。
というよりも、心の広い人が多いから、自然と男性・女性関係なく働けるのかな?(笑)

※写真は先日の新入社員歓迎会での一枚。入社直後でもすぐに打ち解けれる環境。
歓迎会の様子にご興味がある方は下記の記事からどうぞ!

今後エイシスに加わる仲間へのメッセージ

エイシスでは、すべての社員がのびのびと働ける環境を整えることで、性別、国籍なども全く関係なく、誰もが平等に働ける風土が根付いています。だからこそ個人も組織も成長し続けられています。

やりたいことを好きにやってください!

うちの会社でやりたい夢を叶えてください!

それができる会社です!

2016年4月に施行された「女性活躍推進法」

「女性活躍推進法」とは、正式には「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」のことで、その名の通り「働く女性の活躍を後押ししよう」「女性の社会進出を加速させよう」という法律で、10年間の時限立法となっています。この法律が成立した背景には、少子高齢化による労働力不足がメイン課題として存在します。

また、 日本の女性の「ライフステージの変化に伴う離職」といったケースも依然として少なくなく、能力があり、働く意欲もあるにもかかわらず、社会・企業側がそれを活かせずにいることも大きいです。優秀で働く意欲もある人材を社会がしっかりとすくい上げていかなければ、これまで長らく続いてきた、日本経済・社会・企業、そして個人にとっての大きな機会喪失が継続され、失われた10年、20年、30年と延びに延びてきた日本経済の低迷を、さらに10年、20年と引きずってしまうことになりかねません。

女性の活躍と社会進出の加速は、企業を維持する以前に、日本社会を維持する上でも必須の課題となっています。本来は、エイシスのように性別を意識することなく、自然と誰もが活躍できる企業が「普通」である社会を築き上げるべきでしたが、日本もようやく変わりつつあり、その変化も加速していくよう、弊社でも引き続き平等な職場でのびのびと働いてきたいですね!

ジェンダー平等はSDGsで定められた国際目標の一つ

女性活躍はSDGs(Sustainable Development Goals =持続可能な開発目標)で定められた17の国際目標の一つ「ジェンダー平等を実現しよう」でもあります。

SDGsとは、2015年9月の国連サミットで全会一致で採択された「誰一人取り残さない」持続可能で多様性と包摂性のある社会の実現のため、2030年を年限とする17の国際目標です。その下に、169のターゲット、 232の指標が決められております。

・普遍性 先進国を含め、全ての国が行動

・包摂性 人間の安全保障の理念を反映し「誰一人取り残さない」

・参画型 全てのステークホルダーが役割を

・統合性 社会・経済・環境に統合的に取り組む

・透明性 定期的にフォローアップ

株式会社エイシスでは一緒に働く仲間を募集しています
5 いいね!
5 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう