1
/
5

Wantedlyは、290万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

「ストレスない環境で成長を実感できる」若手エンジニアが語るイー・ビジョンの魅力とは?

エンジニア S.T氏

徳島県出身。慶応大学大学院卒業後、大手IT企業に就職し、官公庁系のプロジェクトに2年半携わる。主に要件定義と設計を担当。その後、アパレルメーカーに転職し、社内SEとして業務効率化に従事した後、2020年1月にイー・ビジョンに入社。現在は”miraie”の設計・開発業務を担当。
趣味は音楽とファッションで下北沢によく出没しています。笑

イー・ビジョンに入社するまでと現在の仕事内容

Q:改めて前職ではどんな仕事をしていましたか?

1社目の大手IT企業では、航空自衛隊の気象システムの開発プロジェクトに所属していました。自社のメンバーは3人でスパコンのようなもので気象シミュレーションを計算する業務を担当していました。
具体的には、週1でお客様と打ち合わせを行い、都度決まったことを開発を行う協力会社へ依頼していました。また、開発を依頼した協力会社から都度、質問や連絡が来るのでその内容を取りまとめてお客様へ報告するといったことも行っていました。
その他にも、他社のプログラムをベースに開発を行うプロジェクトがあったのですが、その際に開発言語が変わるということでソースコードからドキュメントを作成(リバースエンジニアリング)し、作成した資料を協力会社に送って開発のお願いをするといった仕事も担当しました。

2社目のアパレルメーカーでは社内SEとして業務効率化に関する業務を行っていました。
具体的には、エクセル、スプレッドシート管理が多かったので効率化できるようにマクロを組んだり、導入していたRPAをうまく使えていなかったので活用できるよう設定や調整したりする業務を行っていました。


Q:順調にキャリアを歩んでいたようですが、どうして転職することにしたのですか?

それまで2社でエンジニアとして業務を行う中で、要件の取りまとめやドキュメントの作成ばかりで徐々に自分がエンジニアとしての価値を発揮できているのかと考えるようになりました。
エンジニアとしての価値とは何なのか?価値を発揮するために自分は何をすべきなのか?考え抜いた結果、企画から開発・運用まで携われる環境で、技術力を高めたいと考えるようになりました。
そんな中で自社サービスやっていて、上流工程から開発、運用まで一気通貫で開発に携わることができるイー・ビジョンであれば、全体像を見ながら開発ができるため自身の技術力を高めることができると感じ、入社を決めました。


Q:現在、イー・ビジョンではどんな仕事を行っていますか?

今はみらいえの物件管理のフロントエンドの開発をメインに担当しています。
具体的には、クロームの拡張機能というものをミライエに反映させるときに使うAPIの開発業務を行っています。少し前には自分が主担当でスタッフの表示設定機能の開発も行いました。
現在ではレインズのマッピングをメインで担当させてもらっています。
他にも顧客管理のフロントエンドの開発やポータルサイトへの物件情報の出稿に関する開発業務(バックエンド)も並行して行っています。


Q:一日の仕事の流れも教えてください。

1例ですが、下記のような感じのスケジュールで1日を過ごしています。

10:30:出社、業務開始
10:30~:メール確認・返信、slackの確認・返信
11:30~:不具合対応
12:30~:自分の担当している開発業務
13:30~:昼休憩
14:30~:自分の担当している開発業務
19:30:勤務終了、退社


入社して感じたこととイー・ビジョンの良さ

Q:技術力を高めたいとの理由でイー・ビジョンに入社したと思いますが、実際入社してみてどうでしたか?

やはり仕事をどんどん任せてもらえるところがいいですね。事前に裁量権が大きいと聞いていたので予想はしていたのですが、予想以上でした。笑 ほぼ未経験なので大変だと感じることもありますが、開発の経験が積め、スキルが高められるので凄く充実しています。
また、とにかく先輩の社員が優しく絡みやすいです。分からないところも丁寧に教えてくれるので開発経験が浅くても楽しくスキルを身に着けることができる環境だと思います。1質問したら、10教えてくれるほど丁寧ですし、質問したことの補足情報が次の日のslackに書かれていることもしばしばで本当に感謝しています!


Q:開発業務は経験がなかったと思いますが、どのように開発業務に慣れていったのですか?

イー・ビジョンに入社するまで開発は研修レベルでしかやったことがありませんでしたし、研修ではJavaを使っていたのでPHPは全く使ったことがありませんでした。周りの社員の方が丁寧に教えてくれましたが、それだけではだめだと思い、パイザラーニングという学習サイトでPHPをJSを勉強し、キャッチアップしていました。毎日2~3時間くらい勉強していたと思います。
あと、開発の勉強だけではなく、不動産業界の用語も調べてました。ミライエは業務システムなのでどうしても専門用語が出てくることが多いです。開発するためには専門用語を理解していないと開発もスムーズに進まないと思ったので、用語集を作って覚えるようにしていましたね。そのおかげで今ではスムーズに開発ができるようになってきました。


Q:改めて入社して約1年で感じたイー・ビジョンの良さと魅力は何でしょうか?

やっぱり魅力は自分のスキルを高められる環境があるというところだと思います。自分自身が約1年間で成長を実感できているのは、裁量権が大きく、やりたい仕事に取り組むことができるということも大きな要素ですが、何よりも周りの方がやさしく丁寧にフォローしてくれるところが大きいと思います。
また、年齢や立場関係なく、関係性がフラットなので仕事をする上でストレスがかからないのも良いところだと思います。なので開発経験の浅い方にとってはストレスなく、のびのびとスキルを高めることができる環境だと思います。
自分自身イー・ビジョンに入社してから周りの方のフォローのおかげでできることはかなり増えました。自分1人ではどうしてもわからないことや解決できないこともあったので本当に感謝しています。一方でこれまで任せてもらえるけど期待に応えきれていないとも感じています。恩返しのためにも、経験を積んでもっと自分のできることを増やせるよう頑張りたいです。


Q:最後に応募を考えている方へ一言お願いします。

イー・ビジョンはスキルの高いエンジニアの方が多いので一緒に仕事をしていても学べることがたくさんあり、スキルを高めるには最高の環境です。特に開発経験の浅い方は最初はできないことが多く、不安に感じるかもしれませんが、イー・ビジョンの社員はやさしく丁寧に教えてくれるので大丈夫です。
私も先輩社員に比べるとまだまだできないことが多く、もっと成長したいと思っているので一緒に頑張りましょう!

株式会社イー・ビジョンでは一緒に働く仲間を募集しています
3 いいね!
3 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう