1
/
5

AI/人工知能による業務自動化サービス『みらいえ』徹底解剖!第2弾「成長の軌跡と今後の成長戦略」

こんにちは!イー・ビジョン採用担当の鰐渕です!

今回はAI/人工知能による業務自動化クラウドサービス『みらいえ』を徹底解剖!の第二弾です。
『みらいえ』のこれまでの成長の軌跡、今後の成長戦略について代表の酒谷にインタビューしていきたいと思います!

株式会社イー・ビジョン
代表取締役 酒谷信佳

業界初の人工知能やビックデータを活用したクラウドサービス「みらいえ」

まずは「みらいえ」について簡単に教えてください。

「みらいえ」は不動産業界で働く人々の声から生まれたサービスで、ITに疎い不動産業界で働く方々でも使いやすいようにUI・UXを追求した物件管理&顧客管理のツールです。業務システムは機能さえあればいいといったものが多いですが、それでは実際の現場の方々は上手くつかえずにシステムを使うこと自体が負担になってしまうんです。結果、いつもの非効率な仕事の仕方に戻ってしまい、それが業界のIT化を遅らせる要因になっていました。そんな課題を解決すべく生まれたのが「みらいえ」です。


どんな人でも使える分かりやすい業務管理ツールということですね。
みらいえは生まれた当時、どんなサービスだったんですか?

元々は受託開発をしていた不動産業界の業務システムを、これまでの古臭く使いにくいものから誰でも簡単に使えるようなサービスへと2年の開発期間をかけて作り変えました。UI・UXの高さを追求し、人工知能やビッグデータを活用したシステムは業界初だったんじゃないですかね。

最初は知り合いの不動産の会社にあたってサービスを広げてきましたが、1年目は全然で年間で20店舗程度にまでしか導入していただけませんでした。当時はサービスも営業組織も未完成だったのでしょうがなかったとは思いますが(笑)。

アップデートを繰り返し、導入店舗数は2年間で30倍に

そうだったんですね。
現在では何店舗に導入されているんですか?

「みらいえ」をリリースして3年目になりますが、現在では600店舗にまで導入いただいています。新規のお客様から「みらいえ知ってるよ!」とのお声をいただくことも増えてきて、最近ではかなり知名度も上がってきていますね。今年度は皆さんが知っているような大手企業様での導入も決まり、ネットワークが強い不動産業界なので、ここから更に拡大していけると思っています。


2年間で導入店舗が30倍まで増えたんですね!
そこまで短期間で導入店舗数を増やせていったのには何か秘訣があるんですか?

そうですね。強いて言えば、顧客からの要望を実現するスピードの速さだと思います。2年もかけて開発してきたサービスとは言え、実際の使いやすさは顧客に使ってもらわないと分からないことの方が多いです。顧客の声を常に拾い上げ、すぐにアップデートするというサイクルを繰り返しました。不動産業界に詳しい私達でも「なるほど、それは使いにくいな」と思うような気づきは数多くあり、アップデートを繰り返していく中で顧客に満足してもらい、その中で口コミが急激に広がっていきました。

「みらいえ」を不動産業界のAmazomたるプラットフォームに

顧客からの要望を実現するスピードがイー・ビジョンの強みなんですね。
今後の「みらいえ」はどのように成長していくんですか?

現在は2021年12月に1500店舗導入を目指しています。その実現に必要だと考えていることが2つあります。1つはセールスチームの強化。口コミの広がりによって問い合わせが急増している中で、現状のセールスチームの人数では対応しきれない状況です。セールスの強化によって漏れなく新規顧客に「みらいえ」の魅力を伝えられる体制を作っていきます。

もう一つはカスタマーサクセス部署の立ち上げです。今までは、セールスが導入顧客に伴走し顧客の声を社内にフィードバックしていましたが、顧客数の増加によってタイムリーにキャッチアップできなくなる可能性があります。イー・ビジョンの強みである「顧客にとっての使いやすさ、わかりやすさ」を維持し続けるために、常に顧客の一番近くに立って声を聞ける体制を作っていきます。


「使いやすさ、分かりやすさ」を追求し続けられる組織を作っているんですね。
最後に、「みらいえ」でどんな世界を実現していきたいかを教えてください。

「みらいえ」を商品情報と顧客情報が最も集まっている不動産業界のAMAZONのようなプラットフォームにしていきたいと考えています。現在の日本の不動産業界は、本来は不要な仕事に時間を奪わている結果、家を借りたい・買いたいと思っているお客様が求めていることに集中できていない状況にあります。

実はアメリカの不動産エージェントは弁護士並みの存在です。不動産は全く同じものが存在しない唯一の高額商品で、その人生で何番目かの大きな買い物をプロに任せたいと思うのは至極当然の話ですよね。ただ、日本では検索代行屋になってしまっています。

「みらいえ」によって本来不要な仕事を全て効率化し、日本の不動産という仕事を「お客様が求めているもの集中できる」素晴らしい仕事へと変えていきたいと考えています。


ここまでお読みいただき、ありがとうございました!
イー・ビジョンでは「みらいえ」を一緒に成長させてくれる仲間を募集しています!

興味を持っていただきましたら、ぜひエントリーしてみてくださいね!

オープンポジション
急成長中の不動産テックサービスを一緒に大きくしてくれる仲間を募集中!
【ITリテラシー格差に切り込んだProp Techで、レガシーな不動産業界を変革する】 不動産業界は市場規模40兆円の巨大市場でありながら、まだまだレガシーな業界です。 便利なITサービスは世の中に数あれど、ITリテラシー格差に切り込んだサービスはなかなかありません。 私たちは「誰にでもやさしい」サービスに徹底的にこだわり、IT弱者の高齢者でも使いやすいSaaSプロダクトでレガシーな不動産業界を変革します。 ■不動産業務支援サービスの提供 小さな不動産を営む高齢者でも簡単に操作でき業務改善や集客ができるクラウドサービス『ミライエ』や、パノラマVRサービス『ミライエ360』を開発しています。 ・【ミライエ】AI/人工知能による業務の自動化クラウドサービス 「人が居ない、時間がない、反響がない、そんな不動産会社の困ったを解決します。」 https://miraie-net.com ・【ミライエ360】不動産業界に特化したパノラマVRサービス 「現地での物件見学はもう古い。自宅で、外出先で、その場にいるような臨場感が味わえます。」 https://miraie-net.com/360/
株式会社イー・ビジョン
セールス・事業開発
急成長中のベンチャーで成長したい方へ!第二創業期のコアメンバーを募集!
【ITリテラシー格差に切り込んだProp Techで、レガシーな不動産業界を変革する】 不動産業界は市場規模40兆円の巨大市場でありながら、まだまだレガシーな業界です。 便利なITサービスは世の中に数あれど、ITリテラシー格差に切り込んだサービスはなかなかありません。 私たちは「誰にでもやさしい」サービスに徹底的にこだわり、IT弱者の高齢者でも使いやすいSaaSプロダクトでレガシーな不動産業界を変革します。 ■不動産業務支援サービスの提供 小さな不動産を営む高齢者でも簡単に操作でき業務改善や集客ができるクラウドサービス『ミライエ』や、パノラマVRサービス『ミライエ360』を開発しています。 ・【ミライエ】AI/人工知能による業務の自動化クラウドサービス 「人が居ない、時間がない、反響がない、そんな不動産会社の困ったを解決します。」 https://miraie-net.com ・【ミライエ360】不動産業界に特化したパノラマVRサービス 「現地での物件見学はもう古い。自宅で、外出先で、その場にいるような臨場感が味わえます。」 https://miraie-net.com/360/
株式会社イー・ビジョン
株式会社イー・ビジョンでは一緒に働く仲間を募集しています
4 いいね!
4 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう