1
/
5
This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

俺たち筋トレ男子! 心身ともにタフになれる筋トレの魅力とは?#CINCのこと

みなさんこんにちは。

株式会社Core
人事グループのYuinaです。

社内コミュニケーションの一環として発行されている“Core通信”から、今回は社内で大きな話題となった”筋トレ男子”企画をご紹介します!

俺たち筋トレ男子!

Coreには、日々肉体の鍛錬に励むたくましい筋トレ男子たちがいます。心身ともにタフになれる筋トレの魅力について4人の方に伺いました。

CASE1. Mitsuo.Mさん

Q.1筋トレ歴は?

5~6年です。三十路を越えてよく体調を崩すようになり、タバコを辞めました。そのとき、友人から筋トレをすすめられて始めました。

Q.2ジムや自宅で筋トレを行う頻度を教えてください。

ジムに週1、2回通っています。自宅だと集中できず、続きませんでした。

Q3.筋トレの魅力とは?

もはや謎です。やめると筋肉が脂肪に変わるので、義務感のほうが今は強いです。得したことは、筋肉があると人に覚えてもらいやすいことですね。

Q.4ベンチプレスの最高記録は何kgですか?

120kg。ここまで頑張ったとき、腰を痛めたので今はほどほどにしています。

Q.5筋トレを続ける目的は何ですか?

何を得たいか、ではなく何を失いたくないかがモチベーションになっていると思います。そろそろ40歳も見えてくるので、ただの「おっさん」と見られるのは嫌だなと。少しでも長く、今の見た目を維持し続けるために頑張ります!


CASE2. Taichi.Mさん

Q.1筋トレ歴は?

1年6カ月です。

Q.2ジムや自宅で筋トレを行う頻度を教えてください。

ジムに週2~3回通っています。

Q3.筋トレの魅力とは?

3つあります。自分に自信がつくこと、運動後にすっきりすること、体が疲れにくくなることです。

Q.4ベンチプレスの最高記録は何kgですか?

90㎏です!

Q.5筋トレを続ける目的は何ですか?

ストレス解消とダイエット。逆三角形で、腹筋が割れた体になりたいです。

CASE3. Takumi.Yさん

Q.1筋トレ歴は?

約6年。

Q.2ジムや自宅で筋トレを行う頻度を教えてください。

ジムに週2~4回通っています。

Q3.筋トレの魅力とは?

メディアにはダイエットに関して間違った知識が多いと感じますが、マッチョになろうとすると、正しい知識を吸収しやすくなります。また、仕事にも良い影響があります。一つのことを長期で継続する力や、週何回ジムに行くか、何時間ごとに栄養摂取するかなど長期間のタイムマネジメントスキルが自然と身に付きます。

Q.4ベンチプレスの最高記録は何kgですか?

計測しないのでわからないです。

Q.5筋トレを続ける目的は何ですか?

健康、アンチエイジング。

また、「筋肉は最高のファッション」とも言われています。ブランドで着飾らなくても、筋肉があってスタイルが良い人は値段に関係なく何を着てもかっこいい。そんな体型を維持したいです。あとは話題提供ですね。営業に行くと、概ね筋トレかダイエットの話題になるので最初のつかみはOKと感じます。

CASE4. Koichi.Wさん

Q.1筋トレ歴は?

中学時代からなので20年弱くらいでしょうか。途中でサボってしまっていた時期もありますが、直近5年ほどはずっと続けています。

Q.2ジムや自宅で筋トレを行う頻度を教えてください。

ジムで週1回行っています。私のスタイルは、1回で全身を鍛えるスタイルです。腕、足、腹筋背筋、首、すべてトレーニングします。ベンチプレスでは60⇒80⇒100⇒120⇒100⇒80⇒60⇒40kgを各5-10回程度ノンストップで行います。基本的に全種目このようなやり方で進めます。

Q3.筋トレの魅力とは?

心身のメンテナンスとなり、仕事、プライベート両面に大きなメリットがあるところですね。

Q.4ベンチプレスの最高記録は何kgですか?

140kgです。

Q.5筋トレを続ける目的は何ですか?

テストステロンの影響でホルモンバランスを安定させたり、ポジティブに仕事に取り組むことができたり、風邪をひきにくくなったり、ストレスに強くなったりなど、良い影響がたくさんあります。

また、仕事に臨むコンディションは生産性を上げる上で重要です。80%の状態で仕事に取り組む人も多い中、自身が120%であれば、それだけで1.5倍の差がつきます。人に負けている部分は120%で仕事に取り組める状態をつくり、多少でも補おうと思っています(それだけではないですけどね)。

いかがでしたか?ちみに社内ではこの”俺たち筋トレ男子”企画の対抗馬として”僕たちもやし男子”構想がささやかれています…!

(体育会系採用、筋肉採用をしているわけではありません…!)

仕事はプロフェッショナル集団としてシャープにやりきる!一方で、ひとりひとりの個性を活かしながらおもしろいことにもどんどんチャレンジしていこう!というCoreの一面のご紹介でした。

今後もCore通信からいろいろな企画をご紹介していきます。どうぞご期待ください!

株式会社CINCでは一緒に働く仲間を募集しています
10 いいね!
10 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング