1
/
5

広報・高瀬の勝手に社員紹介#03 くーちゃん(エンジニア)

社員の間で大好評の「広報・高瀬の勝手に社員紹介」、今週も私が独断と偏見で選定した社員を掘り下げて紹介させて頂きます!
第3回は2018年新卒入社のbravesoft3期生のエンジニアで、11月に入って赤丸急上昇中のエンジニア・くーちゃんを紹介!


くーちゃんがbravesoftに入社した経緯は?


2017年・内定式でのヒトコマ。もう4年も前か…


くーちゃんは2018年より新卒社員として、bravesoftに入社しました。
気付けばもう3年半、もう新人ではなくて中堅になりつつあるくーちゃんです。

くーちゃんの経歴を少し紹介すると、
福岡県福岡市生まれで、その後いくつかの土地を転々とし、大学進学する前までは佐賀県佐賀市で過ごしていたとの事です。
そして九州工業大学情報工学部でプログラミングを学び、就職活動の中で参加した「逆求人イベント」で弊社代表の菅澤に出会い、「おもしろいものづくりができそう」という思いで一念発起して上京し、かれこれ3年半bravesoftで頑張ってくれております。

入社当初は謙虚な少年でしたが、今も謙虚なまま良い意味で変わってないですね笑


くーちゃんがこれまでやってきた仕事は?

何故撮影したか分からないくーちゃんと私の写真(上野の花見です)


くーちゃんは2018年に入社したのち、4〜6月は当時の3期生は"入社課題"に従事し、そして2018年7月より受託開発部門にエンジニアとして配属となりました。
そして何を隠そう、この手記を書いている私はその当時、受託開発チームの責任者を務めており、そんな私の部署にくーちゃんは配属されたので、私とくーちゃんは上司部下の関係だったのですね。

そんなくーちゃんが初めて結構大きめの案件にアサインされたのは、確か年が明けて2019年だったと記憶していますが、結構な大型案件の管理画面の担当としてアサインされました。
なかなかヘヴィーな案件でしたが、一生懸命取り組んでくれましたね。

そして、2019年終盤から、この年の7月に生まれた「Live!アンケート」の開発に助っ人としてちょぼちょぼ参加するようになり、2020年から晴れて正式メンバーとなり、そこからはLive!アンケートの開発をメインとして切磋琢磨しております。

Live!アンカートはここ2年で爆発的な成長を遂げましたが、その成長の過程の裏側では必死にエンジニアリングをしていたくーちゃんがいたのですね。

配属当初こそ、色々と時には厳しい指摘などをしましたが、そこで凹まずに地に足をつけて最後までやり遂げてくれた結果ですね!

そして最近では、全社員が活用する福利厚生に関わる社内システムを合間で少しずつ作成し、11月より全社員が活用しておりますが、「これ普通に売れるんじゃないの…」と思うくらい優秀なサービスとなっております。
しっかり頑張って作ってくれたんですね!感謝!


くーちゃんにこれからやって欲しい仕事は?

2019年伊豆大島での1枚。笑顔が素敵ですね!


そんな感じであっという間に若い、若いと思っていたくーちゃんも入社3年が経過し、4年目を必死で駆け抜けております。

言ってしまうと入社当時は頼りなかったくーちゃんでしたが、徐々に経験を積み、先輩として後輩社員のフォローをしたり、抜け漏れをチェックしたり、色々と頼もしい存在になってきました。

そしてくーちゃんを語る上で欠かせないのは、なんと言ってもくーちゃんの礼儀の正しさです。
礼儀が正しくない人が多い(泣)bravesoft社ではありますが、くーちゃんはいつも低姿勢でちょっとすれ違う時でも「お疲れ様です」と挨拶をする好青年で、それは入社当初から今も変わってませんね。

そして僕がしつこい絡みをしても「高瀬さんそれは前にも言っていましたよ(笑)」的な感じで笑顔で返してくれるので、ついまたしつこい絡みをしてしまいたくなる魔力を持った男です笑

そしてbravesoft愛が深いのもくーちゃんのGood Pointです。
僕は広報責任者である以上「会社の事を一番詳しい人間でいなければならない」と思っており、実際に一番詳しい人間と自負しているのですが、私の次に会社について詳しいのはこの男だと思っています。
(前に会社について答えるbravesoftクイズをやった時にぶっちぎりで1位だったので)

これは素晴らしい事です。

ですので僕の望みはただひとつ「いつまでも変わらぬ愛を」という事ですね!
bravesoftを、そして自分だ担当するLive!アンケートを、そしてeventosやグロース開発を、更には全従業員を愛する、そんな愛の戦士・くーちゃんで居続けてください!


システムエンジニア(SE)
自社開発!クライアントの事業成長にコミットするシステムエンジニアを募集!
我々bravesoftはアプリ・WEBを世の中に1,000本以上を世に提供して参りました。 元々は受託開発・クライアントワークをメインとしておりましたが、スマホが日本に普及したタイミングでいち早くアプリ開発に参入し、 アプリ開発で得た知見を元に自社製品・自社サービスの提供も行いつつ、今日まで成長して参りました。 2021年現在、3つの部門で事業を行っております! 1)eventos部門 自社開発したパッケージツール「eventos(https://eventos.tokyo/)」の販売・運用・開発を行う部門です。 eventosはプログラミングの知識がなくても簡単にアプリ&WEBサイトが作れるサービスとなっており、 これまで「東京ゲームショウ」「東京モーターショー」「東京ガールズコレクション」などの公式アプリとしてご使用頂き、 昨年2020年からはオンラインイベントにも向けた機能を拡充し「東京ゲームショウONLINE」やオンライン展示会、オンライン商談、オンライン合説などでご使用頂いております。 2)自社製品グロース部門 自社開発したプロダクトの販売・運営・開発を行う部門です。 ビジネス向け(toB製品)のリアルタイムアンケートを取得できる「Live!アンケート(https://enquete.eventos.tokyo/)」、PUSH通知機能をアプリに追加できる「Appvisor Push(https://app-visor.com/)」の販売・開発、 コンシューマ向け(toC)アプリは「bokete」「HONNE」「COM」「お笑いTV」などエンタメ系のアプリの運用をメインに行い、新規事業などの創出も行っております。 3)受託開発・クライアントワーク部門 クライアント様より依頼を受けたアプリ・WEBの企画・デザイン・製品開発を行っております。 代表的なアプリでは「TVer」「ローソンARエヴァンゲリオンアプリ」「31アイスクリーム公式アプリ」など、これまで700本を越えるアプリを世に提供して参りました。 プロダクトを作ってクライアントに提供するだけではなく、企画から一緒に考え、納品後の運用も一緒に考えて提案などを行っており、 2019年はグッドデザイン賞の受賞、2020年はeラーニングアワード経済産業大臣賞を受賞するアプリをお客様と一緒に作って参りました。 以上の3部門は、お陰様で毎年増収増益を達成しており、まだまだ人手を必要としております。 興味・ご関心のある方は、是非この先をお読み頂き、「まずは話を聞く」だけでも良いので、ご応募お待ちしております!
bravesoft株式会社


アプリ開発エンジニア
800本以上の開発実績!アプリ開発エンジニアを募集!
▶︎自社BtoB
「eventos(イベントス)」
 【実績】 ・東京ゲームショウ2016〜2019 ・東京モーターショウ ・TAMIYA PASSPORT ・表参道イルミネーション など 
▶︎自社BtoC ・bokete  |写真で一言ボケて!の大喜利アプリ  |600万DL突破(※2019/3時点 当社調べ) ・HONNE  |本音が言える匿名つぶやき&チャットアプリ  |70万DL突破(※2019/3時点 当社調べ) ・LiarBeats  |AppleWatch連動の嘘発見器アプリ など多様なエンタメアプリを企画開発。 
▶︎受託開発
 ・TVer(ティーバー)  |民放8社主導による見逃し番組サービス
 ・農mers  |グッドデザイン賞2019受賞!  |農業を始める人と農家をつなぐアプリ ・31cLub  |31アイスクリーム公式アプリ ・松本人志の俺の覚えたい外国語100~英語 ・首相官邸アプリ
 ・24時間テレビMRアプリ など代表タイトル多数 ▶︎概要 スマートフォンが発売された2009年からいち早くアプリ開発に参入し、
国内スマホ市場の成長と共に急成長を続けてきました。 積み重ねた開発実績は800本以上!
お客様と同じ目線でユーザ志向の企画・デザイン・開発を行い、ものづくりを追求しています。
bravesoft株式会社
bravesoft株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
2 いいね!
2 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう