1
/
5

【緊急告知!】この度約7億円の資金調達を実施いたしました!

みなさんこんにちは!広報兼採用担当のまいまいです!

インパクトのあるサムネイルですよね!(笑)

弊社のデザイナーインターンの子が作成してくれました!かっちょいい!!

さて、今回は緊急告知!ということで重要なお知らせです!◎

ノーコードイベントプラットフォーム「eventos」を提供する bravesoft がマイナビ他から7億円の資金調達を実施。コロナ禍でイベントDXの売上が3倍に増加!

今回、株式会社マイナビ、株式会社オー・エル・エム・ベンチャーズ、イノベーション・エンジン株式会社、株式会社VOYAGE VENTURES、岡三キャピタルパートナーズ株式会社、名古屋テレビ・ベンチャーズ合同会社、近鉄ベンチャーパートナーズ株式会社、他1社を引受先とした第三者割当増資及び銀行融資により約7億円の資金調達を実施いたしました!

ー第三者割当増資と資本業務提携の背景

新型コロナウイルスの影響でイベントが制限される中、デジタルを活用した新しいイベント体験が求められておりますが、bravesoftは「デジタルは基本に。リアルは貴重に」という考えのもと2014年にeventosをリリースし、リアル・デジタルの両面からイベントDXを展開してまいりました。

これまでDXが推進できていなかったイベント産業でも、2020年コロナ禍以降、イベント主催者によって一斉にオンライン開催が進み、ワクチン接種が進む2021年には、withコロナでの安心安全なリアルイベントの開催が求められております。結果として、新型コロナウイルスはイベント産業にとって大きな変革のきっかけとなりました。

bravesoftではこの転機に大きく投資することを決定し、グループ180名の総力を結集させてeventosの開発・販売を推進してまいります!

「JACE 一般社団法人日本イベント産業振興協会」によれば2019年の国内イベント市場における消費規模は17兆円に及び、コロナが終息を迎えた際には爆発的にイベント需要が高まる事が予見されます。

そのような時代で勝ち抜く為にeventosは、リアル・オンライン/大中小規模/Web・アプリなどのあらゆるシーンでイベントを革新するプラットフォームとして、イベント市場におけるNo.1テックブランドとなり新たなイベント市場の可能性に挑戦してまいります。

<eventosについて(https://eventos.tokyo/)>

eventosはノーコードで自社のイベントプラットフォームを構築することが出来るSaaSサービスとなります。イベントのWebサイト制作、申込フォーム、会員管理、チケット販売、出展者ブース、オンライン開催、イベント公式アプリの構築まで、プログラミング不要で自由に自社イベントプラットフォームを構築することが可能となっており、これまで300件以上のイベントに導入され、累計100万人以上の体験をアップデートしてまいりました。

bravesoftは国内トップクラスの実績を持つアプリ開発会社として、ユーザーが使いやすいアプリを提供してまいりました。これまで開発したアプリは累計1億ダウンロードを超え、現在でも我々の提供するプロダクトを使用する月間利用者は平均500万人を超えています。誰にでも簡単に使えるプロダクト開発ノウハウを凝縮して、新しいイベント体験の創出に引き続き挑戦してまいります。

-eventosによるオンラインイベントの実績-

-eventosによるイベント公式アプリの実績-

eventosの実績に関しましては、実績一覧よりご参照下さい!

今回の大きな挑戦に伴い代表の熱い想いを聞いてください!

今回約7億円の資金調達を実施し、これから大きく『挑戦』を仕掛けていきます!🌏✊🔥

代表自らyoutubeに出演し、動画を公開!
今回の動画では、
・なぜ資金調達をしたのか
・そして何に挑戦をするのか

を代表自らが出演し、熱く語っています。


そもそもなぜbravesoftを創業したのか、創業当初のことを振り返りながらこれからの挑戦について赤裸々に告白しております!
ぜひ最後までご視聴ください!!✨

bravesoftでは引き続き積極的に採用募集中です!

動画をご覧になって、弊社に興味を持ってくださった方はぜひお気軽に『話を聞きに行きたい』ボタンを押してエントリーしてください!^^

bravesoft株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
2 いいね!
2 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう