1
/
5
This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

9ヵ国の国籍のメンバーが働くグローバルな会社だからこそのgood pointをお伝えします🌎

みなさん、おはようございます!

本日も皆さんにインバウンドテクノロジーの雰囲気をお伝えすべくホットな記事をお届けします!!


今日のテーマは

「グローバルな環境で働くということ」🌎



グローバルな会社だからこそのgood pointをお伝えしようと思います!


本題に入る前に簡単にインバウンドテクノロジーのグローバルな環境についてご紹介しますね!

タイトルにもある通り、私たちの会社では9ヵ国の国籍のメンバーが一緒に働いています!

全社員の30%以上のメンバーが外国籍です。


どんな国籍のメンバーがいるかといいますと・・・


(写真左上から)モンゴル・ベトナム・ミャンマー・日本・フランス・ネパール・中国・インドネシア・台湾です!


国旗をみてどの国かわかりましたか??


私は最近になってようやくわかるようになりました。。



国旗の話はさておき。

私は実際にこのようなグローバルな環境で働いてみて、多国籍のメンバーがいるからこそ感じているgood pointがたくさんあります。

なので今回はそんなたくさんあるgood pointの中から厳選し3つ皆さんにお伝えしようと思います!

3つのgood point👍

1.視野が広がる

2.学び放題

3.ONE WORLD


1.視野が広がる

まず1つ目は視野が広がるということ。

外国籍のメンバーがいることによって、日本人に囲まれて生活しているだけでは知ることのなかった文化に触れることができます。また、自分にとって当たり前の感覚が必ずしも当たり前ではないという気づきを得ることができます。多様性を受け入れながら仕事をしていくので、幅広い視野を持ちながら柔軟に考えるくせもつきやすいです。

常識や概念にとらわれない国際的視野が身につくチャンスが転がっています!!!👀

2.学び放題

2つ目は学び放題ということ。

私たちのオフィスでは、毎日様々な外国語が飛び交っています。

社内での共通言語は日本語ですが、外国籍メンバーがキャリアアドバイザーとして外国籍求職者と話す際には母国語を使いながら話します。ネイティブの外国語を聞くことができるので学びたい外国語があれば発音やリスニングを学び放題です。

また、社内ではメンバー同士のコミュニケーションが盛んに行われているので気軽に教えてもらうこともできます。


社内に既に学び放題の環境がありますが、更に9月からは社内向けの英語クラスも始まります!!

私たちの会社には国籍問わず綺麗な英語を話すメンバーが多いです✨

そういった英語が得意なメンバーが先生となってレッスンをしてくれます!楽しみ!!


3.ONE WORLD

3つ目は「ONE WORLD」。

インバウンドテクノロジーの組織ミッションのひとつです。

これは年齢・国籍・性別・役職関係なく誰が言うかではなく、何を言うかを尊重しているということです。もちろん、その人が言うからこそ心に響くこともありますが意見を出し合う際にはフラットに発言できます。

私たちは国籍や言語・文化の壁を超え、⽇々⼒を合わせて仕事を⾏なっています。

多文化共生の中で意識してコミュニケーションを取り合い、よく考えることでチーム感が生まれ一人一人が主体性を持つことができています。

様々な壁を超えた交流を通して、組織のメンバー全員で切磋琢磨し合うがゆえに、「ONE WORLD」が実現できていると思います。




また、言葉の壁もあるからこそ伝えたいことを相手に的確に伝えるということを意識するため、コミュニケーションスキルも身に付きますよ!



グローバルな環境に少しでも興味をもった方!是非一度お話しましょう!!!


インバウンドテクノロジー株式会社(旧 WonderWall株式会社)では一緒に働く仲間を募集しています
5 いいね!
5 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング