1
/
5
This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

新卒から執行役員にNGなしで聞いてみた!-1-


インバウンドテクノロジーのインタビュー企画。

今回は新卒メンバーから執行役員の鴻野さんにNGなしで質問しました!!!

20新卒メンバーが気になっていたこと、ぶっちゃけ話など盛りだくさんです!

聞きたいことがありすぎたので、第2回にわけてお届けします!


第1回は鴻野さんご自身の将来のお話、第2回は鴻野さんからみた新卒や社長のお話です!



それではインタビュースタート!!!



20卒:鴻野さん、こんにちは!今日はNGなしでどんどん質問していきたいと思います!

よろしくお願いします!

よろしくお願いします!



20卒:早速ですが、執行役員である鴻野さんの目指す姿はどんな姿ですか?

目指す姿は2つあります。


1つは、ベンチャー界隈でみんながナンバー2といえば僕に相談しようかなと思われるようになりたいです。僕は、自分の長所短所でいうと経営者よりも誰かを支えるナンバー2があっていると自覚しています。今後若手の経営者が増え、起業する方も多くなっていくと思いますが、そういう方たちにもナンバー2として尊敬される人になりたいです。


2つ目は、20卒や今後入ってくる新卒のみんなとももっとコミュニケーションをとっていきたいです。僕自身これまで11年間くらいのキャリアを積んできて、そんな大した経験はないかもしれないけど、伝えられることはたくさんあります。目上の人や先輩の話を聞くことがなぜいいのかといったときに、その人が人生で経験してきたことを同じ期間をかけて実際やって得るより、その人が10年でやって学んだことを聞いて5年とかでやれたらいいですよね。
そういう気持ちがあるからこそ、僕は細かいところにも気づいてアドバイスもしていきたいです。是非、うまく使ってください。使い倒してほしいです。上から目線で言っているわけではなく、もちろん僕自身解を持っていないこともあります。ですが、むしろその解を持っていなかったら気づけますし、そこで解を持てば僕の中でも成長につながりお互いwinwinだからこそもっとコミュニケーションをとっていきたいです。


20卒が入社してから1人1人の些細な変化や表情を読み取って気にかけてくれる鴻野さんらしい目指す姿ですね。特に2つ目を聞いていると改めてこの会社に入社してよかったと思えます!


続いて2問目!

20卒:これまで聞いたことがなかった鴻野さんの個人的な将来のビジョンをお聞きしたいです!!

僕は自分の生まれた故郷をもう1回活性化させ、第2のニセコ(※)にしたいと思っています。


実家が茨城の田舎にあり、本屋兼文房具屋を営んでいます。現在シャッター商店街なのですが、生まれたときには活気がありました。そこから廃れていくのをみてきたので、このままだと故郷そのものもなくなってしまうんじゃないかという危機感とどこから来るかわからない使命感を感じています。
故郷は人口減少も進んでいるんですが、成田空港から車で30分くらいでゴルフ場や土地もあるから何かをつくろうとおもったらつくれるという良いところがあります。なので、第2のニセコのような外国籍の方も日本の方も集まるような街にしたいです。
前職で社会人2年目からずっと外国籍の方々の人材紹介やサポートをしてきており、キャリアを振り返ると12年くらいずっと外国籍向けの事業をしています。故郷をもう一回盛り上げるとなると日本人だけだと難しいということもあり、これまでのキャリアを活かして活性化させたいです。

※ニセコ・・・いまや「日本で最も国際的なリゾート」といわれる北海道の街。パウダースノーで世界的に有名。


具体的なお話もこの後していただき、イメージが湧いたことで聞いていた私たちまでワクワクしました✨

是非皆さんも直接詳しいお話を聞いてみてほしいです!



さて、今回はここまで!

次回は新卒メンバー全員一致で聞きたかった、ぶっちゃけ今の新卒どうですか・・・?のお話や、鴻野さんからみた社長についてなど、是非読んでいただきたい内容です!!!!!

お楽しみに!




インバウンドテクノロジー株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
3 いいね!
3 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう