1
/
5

「将来はビッグになりたい」そう語る彼が "月売り上げ200万円" を達成できたワケ

こんにちは!株式会社WIzleapの採用広報担当です。

今回は、先日MOFFMEの紹介をしてくださった森下さんにお話を伺ってみました!

[森下浩志のプロフィール]

・大学1年生の6月に入社

・現在、早稲田大学の4年生の代になるが、休学中

・MOFFMEのプロダクトマネージャーとして活躍中

最近事業が伸び悩んでいると感じている方、プロダクトマネージャーとして働いている方、大学生で働いてみたいと思っている方、必読です!!

将来の野望があるとか……?!

>現在に至るまでの経緯を簡単に教えていただけますか?

僕、実はビッグになりたいっていう野望があるんです。中学生くらいの時から孫正義さんみたいな起業家になりたい、って思うようになりました。高校の時は漠然と良い大学に入ろうと思って、とりあえず大学受験をがんばりました。それで、大学に入ってみて、ある起業サークルに入ろうと思ったんですが、なぜか選考で落ちちゃって。でもその関連でWizleapの元社員と知り合いになり、谷川さんとお話をしたのがこの会社との出会いでした。

この4月からは、大学4年生になるのですが、理系というのもあって、かなり授業が忙しくなるので、授業もここでの仕事も中途半端になってしまうのが嫌で、現在は休学して仕事に専念してます。この1年でしっかり結果を出して、来年には大学に復帰しようと思っています。



働き始めて1年弱、辛い出来事が……

>Wizleapで働いていて、印象に残っていることはありますか?

僕が入社して数ヶ月経った頃、会社が文字通り急成長していて、人を増やしていた時があったんですね。ですが、その半年後、会社の主力事業が大きく打撃を受けてしまったことがあります。その時に、多くの人が辞めていってしまったのが非常に辛かったですね。

自分も辞めようかとも思いはしたんですけど、辞めませんでしたね。やっぱりこれからこの会社でやっていくことは伸びるだろう、と確信していたのと、この会社の雰囲気が好きだな、という思いがあったからですかね〜。

この辛い出来事があっての月売り上げ200万円達成

>打撃を受けて、見直したことなどはありますか?月売り上げ200万円を達成したこともあると伺っています。

それまでは、SEOの知識をあまり深めないまま、記事をいっぱい出していました。質が悪くても積み上げていけばなんとかなるだろう、という精神です。ですが、打撃を受けたのがきっかけで、それでは上手くいかないんだ、ということに気づかされました。

そこで、SEOの基礎を徹底するようにしました。SEO対策として大事になってくる他の企業との競合との比較をしっかりやって、CEOの谷川さんとも相談しながら、自社の強みを活かしたコンテンツを提供できるよう工夫しました。すると、売り上げが全然なかった部分で月の売り上げ200万円を達成することができていました。



MOFFMEをやっていく中で学んだこと

>MOFFMEを運営していく中でも基礎の大切さというものは感じましたか?

そうですね。MOFFMEには立ち上げ時から関わってきて、しっかり準備をした上で運用を始めたつもりでした。ですが、実際にサービスを始めてみると、反省点はありました。

もっとユーザーのヒアリングを徹底的にやればよかった、というのが反省です。今でこそ、様々なユーザーに素早く対応できるようになりましたが、最初はユーザーの対応に時間がかかってしまっていました。特に、自分はペットを飼っていないので、自分がターゲットに当てはまらない分、ペットを飼っている人がどのように考えるのか、ということを調べるのに時間をかけておくべきだったと思っています。

>他にも、学んだことがあるそうですね。

不可逆な意思決定も伴うプロダクトサイドでは、丁寧に正しく仕事を行うことが重要だと学べましたね。今までは、行う業務がマーケティングがメインだったため、ミスが多少あっても良いからとにかく早くやろう!という精神で仕事をしていました。実際、マーケティングではそれが正しかったと思っています。

ただ、プロダクトではそうも行きません。一度の意思決定で作ってしまった負債が後々まで響いたり、設計が甘いことによりエラーが多数発生することもあります。もちろん早く行うのは大前提なのですが、より仕事の丁寧さが求められるな、と感じています。


そんなMOFFMEですが、どんなサービスか気になる方は先日森下さんにMOFFMEを紹介していただきましたので、こちらのストーリーもぜひご覧ください!


今はどんな仕事を担当されている?

>今、担当している仕事についてお聞かせいただけますか?

現在は、MOFFMEのLINE相談事業とSNSマーケティングの一部を担当しています。
LINEの相談事業では、いかにユーザーにとって良い相談体験を提供するか考え、日々検証を続けています。自分がペットを飼っていないこともあり、直接的なユーザーではないので、ユーザーヒアリングを通してユーザーの機微に寄り添うことを強く意識しながら取り組んていますね。

SNSマーケティングでは、インフルエンサーマーケティングや自社アカウントの運用を行っています。特にInstagramでは、投稿方針等を試行錯誤しましたが、半年程度で2つのアカウントで合計2万人近くまで伸ばすことができました。数値を見つつ、検証はきちんと行えたので、他のアカウントでも再現性高くフォロワーを伸ばせる自信はありますね笑。

この他にも、SEO面やBizDev面も一部担当したりなど、プロダクトマネージャー的な役割もやらせていただいています。ぜひ優秀な方と一緒に仕事をして、MOFFMEをどんどん大きくしたいです。

Wizleapの社員の雰囲気は……?

>ここで一緒に働く人たちの印象はどんな感じですか?

そうですね〜。みなさんすごいな、と思う部分がありますが、僕は知識の幅や頭の回転には自信がありますが、良くも悪くもいろんなことに興味があって集中力がないとも言えるので、真面目に働き続けられる人は素直にすごいな、と思っています。特に羽田さんは真面目ですね。彼は入社してすぐの頃から1日10時間くらいで働き続けていて、驚きました。良い刺激をもらっています。

あとは木太久さんもすごいですね。頭の回転には自信ある方なのですが、記憶力だったり頭の回転という部分では木太久さんには敵わないな、と思いますね。悔しい限りですが、良い影響を受けています。


こちらインタビューに登場した羽田さんの記事になります!弊社の雰囲気を覗いてみたい方は是非合わせてご覧ください!


>Wizleapに少しでも興味を持ってくださった方へ

Wizleapでは全職種募集中です。金融リテール領域の市場でチャレンジしたい方、大募集中です。

今拡大中のペット保険市場に興味がある、という方はぜひWizleapに声をかけてください。これからの伸びが期待できる市場で、自分の持っているスキルを最大限活かせる環境になっています!

元募集人の方でも、FPの方でも、金融業界未経験の方でも、気軽にオンラインでお話ししましょう!

>最後に、これからの抱負を!

近年、ペット保険の市場は本当に伸びています。毎年10%くらいの伸びですが、今ではペットショップでペット保険に加入する人は50%近い、と言われているので、これからもっと伸びていくと予想されます。

そんな中で、様々な知識を身につけつつ、事業を伸ばしていき、ペット保険市場で第一人者になれるくらいの熱意を持って頑張っていきます!


森下さん、ありがとうございました!

「金融リテールをソフトウェアでシンプルにする」ミッションに共感した、Wizleapのチームに興味を持った、Wizleapの事業に関わってみたい、という方はまずはお気軽にオンラインでお話ししましょう!

株式会社Wizleapでは一緒に働く仲間を募集しています
11 いいね!
11 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう