1
/
5

ウィルゲート、オンライン内定式を実施!

株式会社ウィルゲート人事の川口(https://twitter.com/kawagutinoana1)です。

ちょうど先程、22年新卒内定式が終了しました。今回の記事では、内定式の企画を担当していた私より現場の温度感そのままに、内定式のコンテンツ内容と実施にあたって意識したことをお話し出来たらと思います!

22新卒内定式はオンライン実施。

初めから終わりまでずっとオンラインで就職活動を行った初めての世代となる22年新卒。

特別な舞台はオフラインで実施してあげたい気持ちもありましたが、遠方の内定者もいることから、コロナ情勢にも合わせて今回もオンラインでの実施に至りました。

内定式の様子

ーー10:00 内定式開始

内定式には代表取締役小島、専務取締役COO吉岡、その他役員陣が全員集合。
今後のウィルゲートを担うメンバー達を盛大に祝福しました。

代表の小島からの祝辞から始まり、役員からもそれぞれ祝辞を述べ、その後に小島より内定証書の授与を行いました。

式の中ではウィルゲートから内定者への祝福の言葉だけではなく、内定者個人からの今後の意気込みをコメントしてもらう場面もあり、未来への決意を新たにしていた様子が印象的でした。

最後は専務の吉岡から締めの祝辞を述べ、内定式は幕を閉じました。

オンラインでもウィルゲートに対しての理解を深めてもらえるようなコンテンツを考えたので、以下で紹介します!

ーー11:15 Welcome ランチ

内定式の後は、内定者×社員で行うWelcome ランチ会を実施しました。
双方向性を意識して企画した内容ですが、採用面接の中で出会った社員なども意図的に組み合わせるなど、内定者にとって少し懐かしさも感じられるような形にしました。

内定者一人当たり6名の社員と話せるように30分×3パートにわけて実施しました。

ーー13:00 パネルディスカッション企画

ランチが終われば、次は視聴コンテンツに入りました。
用意したのは役員や社員によるパネルディスカッション企画。
各40分、二部構成で内定者に届けました。

・第一部:「コンテンツマーケティング事業部のこれまでとこれから」

会社の顔であるコンテンツマーケティング事業部について、これまでやってきたことと今後の展望など、ウィルゲートとしてどんな価値提供がこの事業部で可能なのかについて、内定者に把握・理解してもらい、解像度高く全体像を掴んでもらうための機会にしました。
登壇してもらったのはコンテンツマーケティング事業部執行役員の北川、ゼネラルマネージャーの髙橋。モデレーターは人事執行役員の北林が担いました。

・第二部:「ウィルゲートで活躍する若手人財」

第二部は、若手人材の働き方やウィルゲートでどのように活躍しているのかをロールモデルとして見せたり、ウィルゲートで大事にしている賞賛の文化がどのような人にスポットライトを当てているのかについても知ってもらう機会にしました。
登壇してもらったのは過去、新人賞とセールスMVPを獲得した3年目のM&A支援事業部の三橋、セールスMVPを獲得した2年目のコンテンツマーケティング事業部の長谷川です。

どちらの部も内定者から活発に質問が飛び交う、満足度の高い内容となりました。

ーー14:30 内定者によるLT会

たっぷりと話を聞いた後、今度は内定者からLT会発表をしてもらいました。
内定者を知る機会として、発表を全社員が観られるようにしたことで双方向性のあるコンテンツになりました。
事前に2人組のペアを作り、以下のようなテーマを準備してもらいました!

・今村・櫻井ペア
『愛について』

・鈴木・信宗ペア
『ツボ』

双方かなり個性的な内容で、準備の時からどうやって展開しようか?(笑)という話しもしていましたが、本番は社員からの興味を集め、質問も積極的に出ていました!

双方向性が生まれるコンテンツを実施することは、オンラインでの働き方が主流化していく中で、社員が内定者や新入社員のことを知れるような機会としては非常に重要なことだと実感しました。

ーー16:00 代表、専務との懇親会

たくさん話した後は、最後のコンテンツ。弊社代表の小島と専務の吉岡との懇親会です。

普段聞けないことや話してみたかったことなどをみっちりそれぞれと1時間ずつ話せるように部屋分けして実施しました。

人事がファシリテーションをしつつ、事前に各自で用意してもらったごはんやお酒と共にラフにコミュニケーションを取れるような場づくりを心がけました。

「オンラインでも社員とコミュニケーションがとれてよかった」
「少し緊張したが、内定式コンテンツも楽しめた」
等の声もあり、内定者にとって満足度の高い時間になったようでした。

※画像で着ているのは内定者にプレゼントしたウィルゲートパーカーです。

ーー19:00 締め

そうこうしている内に締めの時間です。
最後は人事執行役員の北林と私川口など人事から締めの挨拶をしました。

まとめ

以上が22年新卒内定式の様子でした。
意識したことをまとめると
・内定者と社員の双方向性を担保すること。
・内定者に活発に動いてもらい、楽しんでもらうこと。
・ウィルゲートのことをもっと好きになってもらうこと。
です。

入社までは後半年。それぞれの学生生活やインターンでの活動などもありますが、悔いなくやりきり、元気な姿で入社してくれるのを心から楽しみにしています!

株式会社ウィルゲートでは一緒に働く仲間を募集しています
5 いいね!
5 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング