1
/
5

ウィルゲートのSEOの生みの親が語る、コンテンツマーケティング事業の今までとこれから

創業間もない2007年に6人目の社員として入社し、現在は執行役員 兼 コンテンツマーケティング事業部の責任者を務める北川。ウィルゲートの中核事業であるSEO・Webマーケティング事業の成長を牽引してきたこれまでと、事業部トップとして目指す未来についてお話をうかがいました。

【プロフィール】
コンテンツマーケティング事業部 執行役員
北川 裕太

1984年三重県生まれ。中京大学卒業。新卒でメガネ販売会社に入社し、店頭販売やマーケティング業務に従事するかたわら、サイト制作とSEOを独力で学ぶ。2007年に6人目の社員として株式会社ウィルゲート入社後はSEO技術部門の責任者として、コンサルティング・サービス開発・R&Dの領域で、業界最高峰の知見を活かし事業拡大に貢献。Webサービスの立ち上げ後、事業売却した経験も持つ。SEO 領域の専門役員を経て、2020年10月、執行役員に就任。

メガネ販売員→Web業界未経験でウィルゲートへ

──ウィルゲートに入社した経緯を教えてください。

もともと自分でビジネスをやってみたいと考えていて、特にこだわりがあったわけではありませんがアパレル業界のなかでメガネに注目しました。いつか独立することを視野に、勉強のために新卒でメガネ販売の会社に就職したんです。

そうして店頭で接客販売や販促活動に取り組んでいた頃、弟がWeb制作の仕事を始めたことをきっかけに私もWebに関心を持つようになりました。独学でサイト制作やSEOについて学んでみると、「この業界は今後大きく伸びそうだ」と感じて転身を決意。

ウィルゲートはまだできたばかりで事業やサービスも「これから」というフェーズだったので、いろいろなことに挑戦できて、Web業界でたくさんの経験を積めると考えて入社しました。それが2007年のことです。

SEO・Webマーケティングサービスを提供するための根幹をつくる

──入社後はどんなお仕事に取り組んできたんでしょうか?

SEOの技術研究とそれを活用したサービス開発など、いろいろなことをやらせてもらいました。R&D組織をつくってSEO手法を研究・開発し、Webコンサルティング事業などのサービス品質向上に貢献してきたことが中心ですね。例えばお客様に対して「サイトをこんな風に改善したら集客力がアップしますよ」とコンサルティングするための元になる技術を開発して、コンサルタントやアナリストに情報を提供したり。社内でSEO分析を行う際の基礎となる調査システムも構築しました。SEO強化の手段としてコンテンツマーケティングが盛り上がるタイミングではそれをカバーするサービスを立ち上げたりもしました。

それと並行して、いくつかのWebサービスの運営にも携わりました。主にはマッチングサービスになるのですが、他社から買収してサービスを育てて、さらに売却したケースもあります。うまくいかずにクローズしたサービスもありましたね。

ウィルゲートは今でこそ幅広くさまざまなサービスを手がけていますが、中心はやはりSEO・Webマーケティング分野。私はその後、SEO 領域の専門役員にもなり、その分野のビジネスの根幹をつくり上げてきた感じですね。

──そして2020年には執行役員に就任して、コンテンツマーケティング事業部の責任者になったわけですね。就任に伴って変化はありましたか?

組織体制としては何度か変化して今のコンテンツマーケティング事業部になったのですが、やってきたことは大きくは変わりません。

執行役員や事業部長といった肩書きも、私自身はそこまで意識していなくて(笑)。というのも、組織体制や事業の変化が激しい環境でもありましたし、もともと役職にはあまりこだわりがないんです。私も会社を形づくるピースの1つとして、適材適所でうまくはまるポジションで使ってほしいというスタンスです。

「コンテンツ制作体制」と「SEO分析の自動化体制」が大きな強み

──あらためてウィルゲートのコンテンツマーケティング事業の特徴を教えてください。

私たちのメイン顧客は成長段階にある中小ベンチャー企業が中心。そうしたお客様が持っている世の中に伝えたいメッセージや届けたいサービスを、うまくターゲットに届けるための支援を全般的に行なっています。

同業の会社・サービスと比べたときの強みとしては、大きく分けて2つあります。

まずは、SEOを強化する上で重要な「コンテンツ制作」の体制を持っていること。記事作成サービス「サグーワークス」や、オンライン編集チーム構築サービス「EDITORU」などを通じて、低コストでクオリティの高いコンテンツ制作を実現できます。

次に、SEO分析のツールを自社開発したことで「自動化」の仕組みを持っていることです。通常、SEO分析には時間がかかるものですが、ツールを活用することでその時間を大幅に短縮できるため、お客様に対するコンサルティングにより注力することができます。元は社内ツールだったこの仕組みを、お客様が活用できるSEO分析ツールとして発展・サービス化した「TACT SEO」も提供しています。

(「TACT SEO」)

それ以外にも、オウンドメディア「プロモニスタ」の運営を通じてPRだけでなくノウハウの獲得にもつながっていて、さらにそれをお客様に還元するという好循環も生まれています。

また、社内で蓄積されたナレッジを型にしていく仕組み、成約率改善のためのサービス提供体制などもあり、これらの強みは時間をかけて蓄積してきたもので、他社が簡単には真似できないものばかり。

変化の激しいWeb業界ではありますが、一朝一夕では生み出せないものも多いと感じています。

──そんなコンテンツマーケティング事業部がこれまでに手がけてきた支援の事例を紹介してください。

提供したサービスごとにいくつかの事例をピックアップしてみました。

<コンサルティングの事例>
戦略的なSEO対策でセッション数2倍、問い合わせも3倍に!BtoB向けサイトのコンサルティング事例(株式会社ビジョン)
https://promonista.com/vision/

<SEOツール×コンサルティング×コンテンツ制作の複合事例>
“プロジェクターならFunLogy”ECサイトのSEO流入が6倍に。TACT SEOの活用事例(株式会社Sandlots)
https://promonista.com/funlogy/

<SEOツールの事例>
株式会社KADOKAWAが運営する大規模メディアが「TACT SEO」で効率的な記事作成体制を実現!(株式会社KADOKAWA)
https://promonista.com/kadokawa/

<研修の事例>
研修を通じて生まれた社員の変化とは。実務レベルでの改善を目指した、制作会社さまのSEO研修取り組み事例のご紹介(株式会社HERO innovation)
https://promonista.com/heroinnovation/

さまざまな事例がありますが、お客様ごとに異なる課題やオーダーに対してそれぞれに最適な方法でお応えしています。「注力キーワードが上位表示に」「流入が増えた」といった成果だけでなく、「問い合わせ数が増えた」「自分たちだけでSEO対策ができるようになった」といった事例も多くあります。提供するサービスだけでなく、その成果も幅広いと言えるでしょう。

これからも変わり続けるために多様なメンバーが必要

──コンテンツマーケティング事業部が目指すビジョンとは?

メインターゲットである中小ベンチャー企業に本当に満足してもらえるサービス体制を作り上げることが大きな目標です。

ウィルゲートはこれまでに6,500社以上の企業様を支援してきましたが、提供できるサービスも増えてきたので、今後はより多くのお客様に私たちのサービスを届けたいと考えています。

市場も競合環境も顧客ニーズも刻々と変わりゆくなかで、適時対応するために変化を続けながら、常に価値を発揮していきたいですね。

「お客様にとって使いやすいサービスを実現する」という意味では、これまで単独で存在していたサービスやツールをうまく連携させて、複合的な提案を行う動きも活発化しています。

──そうした環境で、未来の仲間に期待することを教えてください。

現状維持では衰退していってしまう業界なので「小さくても常に変化を起こしてくれること」を期待しています。大きな話で言えば、社内で前例のないことにチャレンジする可能性もあるでしょうし、そこまで大きな変化でなくとも、日々の業務のやり方を改善する意識が大切だと思います。

これまでご紹介したように、コンテンツマーケティング事業部が提供するサービスはとても幅広いので、その役割やポジションによってマッチする人材も多種多様。マネジメント志向の方や技術志向の方、さらには兼任や異動を通じて総合力を引き上げたいという方まで、いろいろなタイプの人材が活躍できる状況です。

どんなポジションでも大切になるのは「チームワーク」。組織や役割が多様な環境だからこそ、うまく仲間と連携することが肝要です。ウィルゲートでは一人ひとりが「自立」しながらも、多様な個性・ 才能をもつメンバーが「協調」することを採用テーマに掲げているので、そうしたカルチャーにマッチする方と一緒に働きたいですね。

(取材・文/山森 編集・撮影/森園)

▼ウィルゲートでは私たちと一緒に働く仲間を募集しています!詳しくはこちらをご覧ください💁

コンサルタント
中小・ベンチャー企業と本気で向き合うWebコンサルタントを募集🔥
◆ウィルゲートの事業 弊社はこれまで、「一人ひとりの『will』を実現する」という経営理念のもと、価値ある『will(意志、想い、やりたいこと)』を持った企業・個人に最適な機会を提供するためにWebマーケティング事業を展開してまいりました。今期で16期目を迎え、累計6,500社の支援をさせていただいております。 近年、テクノロジーの発展や人材リソースの減少により「デジタル変革」と「働き方変革」の実現が求められており、この2つは企業の事業成長に欠かせない課題でもあります。これらを実現するためには、データに基づく戦略立案や業務改善の推進が必要であり、多様な人材の活用が核となります。 弊社はWebマーケティングのコンサルティング、15年以上のSEO支援で培ったノウハウが凝縮されたSEO分析・改善ツール「TACT SEO」、フリーランス向けの記事作成サービス「サグーワークス」、オンライン編集チーム構築サービス「EDITORU」などを通じて、企業のデジタル化やフリーランス向けに働き方変革の推進をしていきました。 今後はこれらのノウハウを活かし事業方針を「デジタル化を推進し、誰がやるべき業務か再定義して経営を最適化する ーDigital & Work Optimizationー」と掲げることで、企業の事業拡大の支援や個人が力を発揮できる機会提供を行い、世の中にとって素晴らしい価値を提供する『will』を持っている方々の実現を支援してまいります。 <Twitter> ウィルゲートの“今”をお届けしている公式Twitterアカウントです。 https://twitter.com/WILLGATE_PR ウィルゲートメンバーのTwitterリストはこちら https://twitter.com/i/lists/1237665831405797376 <WILLGATE TECH BLOG> ウィルゲートで活躍しているエンジニアの開発ブログ。 技術探求のため勉強会や事例のシェアを積極的に行っています。 https://tech.willgate.co.jp/
株式会社ウィルゲート
アカウントプランナー
Webマーケの企画営業!リーダー職へチャンス!第二新卒・Web業界経験募集
◆ウィルゲートの事業 弊社はこれまで、「一人ひとりの『will』を実現する」という経営理念のもと、価値ある『will(意志、想い、やりたいこと)』を持った企業・個人に最適な機会を提供するためにWebマーケティング事業を展開してまいりました。今期で16期目を迎え、累計6,500社の支援をさせていただいております。 近年、テクノロジーの発展や人材リソースの減少により「デジタル変革」と「働き方変革」の実現が求められており、この2つは企業の事業成長に欠かせない課題でもあります。これらを実現するためには、データに基づく戦略立案や業務改善の推進が必要であり、多様な人材の活用が核となります。 弊社はWebマーケティングのコンサルティング、15年以上のSEO支援で培ったノウハウが凝縮されたSEO分析・改善ツール「TACT SEO」、フリーランス向けの記事作成サービス「サグーワークス」、オンライン編集チーム構築サービス「EDITORU」などを通じて、企業のデジタル化やフリーランス向けに働き方変革の推進をしていきました。 今後はこれらのノウハウを活かし事業方針を「デジタル化を推進し、誰がやるべき業務か再定義して経営を最適化する ーDigital & Work Optimizationー」と掲げることで、企業の事業拡大の支援や個人が力を発揮できる機会提供を行い、世の中にとって素晴らしい価値を提供する『will』を持っている方々の実現を支援してまいります。 <Twitter> ウィルゲートの“今”をお届けしている公式Twitterアカウントです。 https://twitter.com/WILLGATE_PR ウィルゲートメンバーのTwitterリストはこちら https://twitter.com/i/lists/1237665831405797376 <WILLGATE TECH BLOG> ウィルゲートで活躍しているエンジニアの開発ブログ。 技術探求のため勉強会や事例のシェアを積極的に行っています。 https://tech.willgate.co.jp/
株式会社ウィルゲート
株式会社ウィルゲートでは一緒に働く仲間を募集しています
11 いいね!
11 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング