1
/
5

全7日間で実施した21年卒新入社員研修の様子をご紹介します!

ウィルゲートでは、4月1日〜4月9日まで全7日間にわたって、2021年卒の新入社員9名を対象とした全体研修が実施されました!

今回の記事では、この研修でどんなことが行われていたのか?について紹介していきます!

研修ラインナップはこちら!

今年のウィルゲートの新入社員研修は、

①ビジネスコミュニケーション理解
②自社についての全方位的な理解
③自己・相互理解

をテーマに実施。これからの配属先や仕事内容に関わらず必要となる「ウィルゲートの社員として最低限身につけておくべき素養・知識」を習得することがゴールとなります。

具体的には、以下のような研修が行われました。

  • 理念理解研修
  • ビジネスマナー研修
  • ビジネススキル研修(オンライン教材等)
  • リスクマネジメント研修
  • 労務研修
  • 事業部研修(コンテンツマーケティング事業部、DXコンサルティング事業部、M&A事業部)
  • 自己理解研修(ストレングスファインダー診断、ライフラインチャート作成)
  • 相互理解研修(他部門メンバーとの1on1、ライフラインチャート発表・ディスカッション)
  • 実践研修(商談・コンペ形式での「エディトル」の改善提案)

(ちなみに研修はこの7日間だけではなく、以降の各部署への配属先でそれぞれの業務内容に応じた研修や導入が行われるスケジュールになっています。)

研修の様子を一部ご紹介!

それでは、ダイジェスト形式で研修の様子をお届けしていきます!📷✨

📝理念理解研修

代表の小島から、創業の経緯や会社として大事にしている行動指針等が伝えられる研修です。ウィルゲートの「一人ひとりの『will』を実現する」という理念に込められた想いや、その想いをなぜ大切にしているのかについての話もありました。新入社員のみなさんは少し緊張した様子でしたが、積極的に直接質問していたのが印象的でした。

<新卒の感想>

  • 改めてウィルゲートの成り立ちから今に至るまでの思いなどを聞けて再確認できました。
  • 社長本人から会社の向かう方向や目指す姿のお話を聞くことができ、より会社に対するイメージが湧きました!

📝ビジネスマナー研修

ビジネスマナー研修はOneColors株式会社 CEO 堂前様を講師に迎えて行われました(前回は2020年新卒メンバーを対象に実施)。「目的を持つことの重要性」などといった人間力やスタンスに関することから、ビジネスパーソンとしてのコミュニケーションで大切にすべきことまで、様々な話が計2日程にわたって伝えられました。

<新卒の感想・ツイート>

📝他部門メンバーとの1on1面談

先輩社員との1on1面談が行われました。新卒1人あたり4人の先輩社員と順番に話す流れで1on1は実施されました。部門横断的な関係性構築のためのものでしたが、想定以上に新卒からの自発的な議論の展開や質疑応答が見られました。

<新卒の感想>

  • 自分が配属される部署ではない部署の業務内容を知ることにより、全体としての理解も深まりました。
  • 他事業部の課題や自分の目標達成のためのヒントなどをヒアリングでき、目標に向けたNAができたので、本当に良かったです!

📝実践研修(サービス改善提案ワーク)

研修のラスト2日間は、3チームに分かれてサービスの改善提案を行う実践研修が行われました。「研修」と聞くと「一方的に話を聞き続ける」みたいなイメージを持たれる方も多いかもしれませんが、ウィルゲートの新入社員研修では「インプット」だけでなく、「アウトプット」(実践)もかなり重視しています。

<研修内容詳細>

  • 「商談(サービスの課題や提案の方向性を確認する)」→「提案準備(調査・分析・提案に向けた議論等)」→「提案コンペ(サービスマネージャーに対して)」の流れで実施
  • 対象サービスはウィルゲートが運営するオンライン編集チーム構築サービス「エディトル」( https://client.editoru.jp/ ) ※新卒メンバーはウィルゲートとは別の他社という設定

抽象度の高いお題に対して、チームメンバーと協力しながらアウトプットするという、難易度の高い内容でしたが、各チームしっかりと議論し、提案内容をまとめ、みんなの前で堂々と発表している姿が印象的でした。

<新卒の感想>

  • 全く知識のない中、リアルなワークをしたので得るものが多かった。チームの中での立ち回りについても学びになることが多かったです。
  • ヒアリングや商談があったあとすぐにフィードバックをくれたり、作業の途中で提案資料へのフィードバックがあったのが嬉しかったです。エディトルのサービス改善提案を行ってくださいというざっくりした課題から、ヒアリングや商談までを実践する機会になったので良かったです。(特にエンジニアだと訪問することも少ないので)

これからの「意気込み」について聞いてみました🎤

入社式の発表でも聞いてはいましたが、1週間の研修が終わった直後のタイミングで、あらためて新入社員のみなさんに、意気込みについてインタビューしてみました!

TACTユニット:宮下

社員の働く姿勢や学びに対する貪欲さに惹かれ入社を決めました。ウィルゲートではインターンを通して多くの機会や学びを与えてもらったので、その恩返しができるよう精進します!行動指針である「WinG」の心を忘れずに、さまざまな角度からウィルゲートに貢献していきたいです。

コンサルティングユニット:西本

「一人ひとりの『will』を実現する」という理念に惹かれ、その理念達成のために入社を決めました。尊敬できる社員の皆さんと切磋琢磨しながら、一刻も早くお客様に価値を発揮できるようなビジネスパーソンになりたいです。そのための努力は惜しまずやっていきます。

コンサルティングユニット:仁木

社員のみなさんの『will』に惹かれたこと、また個人として自分を評価してもらっていると感じたことから入社を決めました!先輩社員の方々にお世話になりながら、でも決して甘えることなく努力し、ウィルゲートで自分なりの価値を発揮していきます!

インサイドセールスユニット:横田

まだ分からないことばかりではありますが、何事も吸収していく姿勢を大事にしながら、早く自立して仕事ができるように日々精進致します!

ソリューションユニット Webソリューションチーム:土井

同期含め関わる方全員から学んで、自部署だけでなくウィルゲート全体に好影響を与える存在になります!その結果「土井を採用してよかった」と言われたら、この上ない喜びです笑

コンテンツ開発ユニット エディトル開発チーム:水野

一人ひとりのキャリアに向き合ってくれる会社で、エンジニアとして成長できる環境があると感じて入社を決めました。サービスの成長に技術で貢献出来るように力を身につけていきたいです。

ソリューション開発ユニット:宮田

企業理念や社員の良好な人間関係、任される責任の範囲などウィルゲートでは自身の成長につながる要素が沢山あると思い、入社を決めました。会社に寄与できる自身の価値とは何かを考え、行動を起しながら成長してきたいと考えています。

経営管理ユニット:高柳

柔軟で1人1人の意志を尊重する社風に魅力を感じて入社を決めました。集団としての勢いはもちろん、個の力も強い素敵な環境で自力を磨き、組織に影響を与えれるような人材を目指します。

DXソリューションユニット:上田

“意志“を大切にするという理念は自身のビジョンと親和性が高く、さらに一緒に働きたいと思う方達に出会えたので入社を決めました。今後は正解が見えない状況で先に進まなければならないことが多々あるかと思うので、常に冷静に、目的意識を持って努力し続けていきます。

※ちなみに入社式の様子についてはこちらの記事にまとめています👇

さいごに

以上、今年の新入社員研修についてご紹介してきました(最後までご覧いただき、ありがとうございます…!)。

新入社員のみなさんは今週からそれぞれの部署に配属となり、各部署での研修や業務が始まっているかと思いますが、研修で学んだことを活かして、これからウィルゲートを盛り上げる活躍を見せてくれることを楽しみにしています!💪💪💪

▼ウィルゲートでは一緒に働く仲間を募集しています。詳しくはこちらをご覧ください!

株式会社ウィルゲートでは一緒に働く仲間を募集しています
9 いいね!
9 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング