1
/
5

Wantedlyは、260万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

【コロナ渦】社員満足度93%!オンライン適正高めな人たちの集うゲーム企業のテレワーク対応ご紹介

WFS人事木村です。
コロナ渦で、各社様々な取り組みをしていたかと思います。

緊急事態宣言にともない、すぐにテレワークに切替え、
WFSでも独自の取り組みを行いました。
(WFSでは、テレワークのことをオンラインオフィス出社と呼んでいます!)

今回は、WFSで実施されたオンラインオフィス勤務に関する取り組みの一部をご紹介します。

オンラインオフィス環境整備支援金を支給

特殊なPCやツールを使用しているメンバーも多くいるため、
リアル出社と変わらないオンラインオフィス環境作りを目指し、
対象者にはオンラインオフィス環境整備支援金が支給されました。
みなさん、会社で使用している椅子を購入したり、自宅で快適なオフィス環境を作られていたようです!

満足度高め(?)なオンラインオフィス勤務

メンバーは普段からチャット(Slack)を頻繁に使用しており、
困ったことはすぐに聞ける環境なので、オンラインでもそんなに支障はないはず!と予想していましたが、従業員にアンケートを実施し生の声を集めてみました。

さすが、オンラインへの適応力の高さ!!
とはいえ、「コミュニケーションの場が欲しい(寂しい)」「通勤がなくなった分の運動不足」との声も上がりました。
その対策の一環として、コミュニケーションができる仮想空間作り・オンラインの体操を始めました。

◆仮想空間でコミュニケーション

ちょっと誰かと話したい、、そんな時はこの空間に入れば気軽に話せるようになっています。
主にお昼時間に解放しBGMを流しながら、自由に出入りでき気軽に話せる空間を用意しました。
中にはボードゲームの様子(元々活動があったボードゲーム部)を配信をしているメンバーもいたりと、
新しいコミュニケーションの場になりました!

※コミュニケーションの場提供ツールとして取り入れたRemo。
 普段のMTGはZOOMですが、使い分けており、チームビルディング等で使用したりしています。


◆オンラインの体操

朝と夕方の部に分けて、オンラインで体操をする時間を作りました。
オンラインで気になるのは、カメラをONにするかOFFにするかという点。カメラをONにしたくないな・・・と思う方も心配いりません!!

WFSではフラットな場であればアバター参加ができるのです!!

オンライン体操の初日には、アボカドさんが出現w

ラジオ体操をする姿がシュールすぎてw

オンラインMTG用の背景も作ってみたり♪

と、そんなこんなでコロナ渦中も、
新しい取り組みをどんどん取り入れながら、
今までの常識にとらわれずに進んでいくことが出来ました。

変化が目まぐるしい世界ですが、
どんなときも挑戦する姿勢を大切に進んでいけるWFS集団でありたいと思っています!

株式会社WFSでは一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう