1
/
5

Wantedlyは、260万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

大学院を中退、2週間のスピード内定からUXデザイナーになる!と決めるまでのお話。

こんにちは。管理部の若林です!

今回は先日の総会で新人賞も受賞した、谷口 友梨さんにお話を聞いてきました。大学院を中退してwevnalに入社を決めた話や、UXデザイナーになると決めた話など色々な話しをしてくれました!

ーーーーまずは、たにちゃんと言ったら大学院を中退して2019年の8月にwevnalに突如入社してきた!という印象が社内のみんなには強いと思いますが、なぜ大学院を中退しようと思いましたか?

大学では生物学を専攻して、ずっとウニ胚を使った発生学を研究していました。それで4年生の秋くらいに、ふと「研究しんどい....」と思い始めたものの、その時には既に院試に受かっていたし、就活もしていなかったので、「ここまできてしまったし、2年間頑張ればいっか」と思い大学院に進みました。

だけどやっぱり辛くて、このしんどい気持ちのまま研究を続けていたら、心が壊れていくと感じて大学院中退を決意しました。

ーーーーそれは研究がしんどかったんですか?それとも人間関係とか...?

研究も人間関係もだったと思います。
研究自体も「この研究をして何になるんだろう、こんなことしている場合じゃなくない?」と思うこともあって、でも人間関係が楽しければ続けることができたと思います。

でも、そうじゃなくて...。研究室が地方にあったので「早く東京帰りたい!!」って毎日思っていました。笑

ーーーー大学院まで行って中退するのって一般的には結構リスクと感じると思いますが、リスクとは感じませんでしたか?周囲から止められたりとか...

当時は辞めたいという気持ちの方が大きくて、その時はリスクとは感じていませんでした。
親には大学院に進む前からそれとなく伝えていたので、しんどいならもうやめちゃえば?という感じでほとんど止められませんでした。笑

ーーーー私がご両親だったらそこまで寛大になれる気がしないです....。wevnalに入社したきっかけは何でしたか?

就活スカウトサービスで森川さんから連絡をいただいていたので、とりあえず話を聞いてみようと思ったのが1次面接でした。wevnalと並行して数社の選考を受けていたのですが、wevnalのスピード感がものすごくはやくて!森川さんと最初に話してから、その2週間後には内定がでていました。このスピード感はとにかくすごい!と思いwevnalに入社を決めました。

ーーーーすごい!スピード内定ですね!中退して社会人になってからはどんな心境の変化がありましたか?

理学系の研究って「面白いから研究したい」みたいなモチベーションのことが多くて、直接何かの役に立てることってあまり考えてないんです。だから「面白さ」がなくなった瞬間に、これやって何になるんだろう?誰かの役に立つのはいつなんだろう?という疑問が湧いてしまいました。でも仕事ってそういうことじゃなくて。これが誰かの役に立つっていうのが前提としてあるので、いますごく楽しいんです。誰かの役に立ててると感じられるので。

ーーーー今って具体的にどんな業務をしてるんですか?職種は何になるんですか?

職種....私もわからないんですよね。新規で案件の提案〜開発ディレクション〜納品までをやったり、BOTCHANのプロダクトアップデートの企画、ディレクションをしたり、幅広すぎて結局何やってるんだ、どういう分類になるんだろうって。
だから今年の4月くらいから自分で職種を決めて名乗ろう!と思って今は「UXデザイナーになる!」って言ってます。

デザイナーっていうと、いけてるかっこいい装飾を作る人でしょ?というイメージがあると思うんですけど、設計士っていう意味でのデザイナーがいいなと思っています。例えばBOTCHANというプロダクトをどう使ってもらいたいか、どういう機能があればBOTCHANを使う人が幸せになれるのかを考える人になりたいなと思ってます。

ーーーーUXデザイナーかっこいいですね!子供の頃のからデザイナーに興味がありましたか?

いえ、全く!中学生くらいまでは、漠然と医者になりたいなと思っていました。子供の頃は勉強が得意な方で、自分は理系だなと感じていたので。ただ、グロイのが苦手で医者には向いてないと気づきました。

そのあとは医者は無理でも医学に貢献する事は出来るかなと思って、大学で生物を学んで研究者になろうと思ってました。

ーーーー逆に今後はどんな仕事をやりたいと思っていますか?

頭の中にしかないものを目に見える形にするのが好き。ということがわかってきたので、そうやって、誰かの頭の中にあるものを具現化するお手伝いができたらいいなと思っています。

ーーーーありがとうございます!では最後に、たにちゃんが思うwevnalの良いところって何だと思いますか?

思ったことを言いやすい環境かなと思います。新卒のくせに何を偉そうに、と思われるようなことでも聞いてもらえて、それに説得力があれば実際にやらせてもらえることです。

だから自分の思いや考えを発信することってすごく重要だなと思います。

wevnalは現在、新卒・中途を問わず、さまざまなポジションで採用強化中です。

少しでもご興味を持っていただいた方は、ぜひお気軽に下記の募集詳細をご覧ください!

オープンポジション
\21卒採用中!/磯山社長登壇!wevnalについて赤裸々に語ります!
弊社はChatbotマーケティングのプロダクトのBotchanシリーズを展開しています。 皆様は入力フォームの離脱率はご存じでしょうか?実は68%もの方が最後のフォームで離脱するという実証結果が出ています。 せっかく広告宣伝費をかけて集客した人が最後の最後で離脱してしまう、、、、 私たちはChatbotを使い、申込もストレスレスに行うChatbotを中心に事業展開しています。 <プロダクト> ■Botchan EFO 今まで静的な申込フォームをChatbotの動的フォームにすることで 顧客のコンバージョン率を向上させるプロダクトです。 ■Botchan payment EFOと同様の要領でEC等の決済まで行うことが出来るプロダクトです。 こちらのプロダクトは日本に数社しかいない、競争力が高いプロダクトになっています。 ■Botchan for-LP 日本で数社、世界でも数少ないSNS広告×Chabotのプロダクトです。 SNSは準顕在層にリーチする一つの媒体です、当該プロダクトはその準顕在層に対して Chatbotを使いシナリオを通して顕在化させるプロダクトです。 ■Botchan AI Chatbotのレコメンドの精度をAIを用いて向上させるプロダクトです。 今後はすべての弊社Chatbotに実装する基盤になるものです。
株式会社wevnal
広告運用コンサルタント
広告の本質的価値をつくる!chatbot×SNS広告のデータ解析マーケター
弊社はChatbotマーケティングのプロダクトのBotchanシリーズを展開しています。 皆様は入力フォームの離脱率はご存じでしょうか?実は68%もの方が最後のフォームで離脱するという実証結果が出ています。 せっかく広告宣伝費をかけて集客した人が最後の最後で離脱してしまう、、、、 私たちはChatbotを使い、申込もストレスレスに行うChatbotを中心に事業展開しています。 <プロダクト> ■Botchan EFO 今まで静的な申込フォームをChatbotの動的フォームにすることで 顧客のコンバージョン率を向上させるプロダクトです。 ■Botchan payment EFOと同様の要領でEC等の決済まで行うことが出来るプロダクトです。 こちらのプロダクトは日本に数社しかいない、競争力が高いプロダクトになっています。 ■Botchan for-LP 日本で数社、世界でも数少ないSNS広告×Chabotのプロダクトです。 SNSは準顕在層にリーチする一つの媒体です、当該プロダクトはその準顕在層に対して Chatbotを使いシナリオを通して顕在化させるプロダクトです。 ■Botchan AI Chatbotのレコメンドの精度をAIを用いて向上させるプロダクトです。 今後はすべての弊社Chatbotに実装する基盤になるものです。
株式会社wevnal
エンジニアリングディレクター
営業⇔カスタマーサクセス⇔開発の間をつなぐディレクターを大募集!
弊社はChatbotマーケティングのプロダクトのBotchanシリーズを展開しています。 皆様は入力フォームの離脱率はご存じでしょうか?実は68%もの方が最後のフォームで離脱するという実証結果が出ています。 せっかく広告宣伝費をかけて集客した人が最後の最後で離脱してしまう、、、、 私たちはChatbotを使い、申込もストレスレスに行うChatbotを中心に事業展開しています。 <プロダクト> ■Botchan EFO 今まで静的な申込フォームをChatbotの動的フォームにすることで 顧客のコンバージョン率を向上させるプロダクトです。 ■Botchan payment EFOと同様の要領でEC等の決済まで行うことが出来るプロダクトです。 こちらのプロダクトは日本に数社しかいない、競争力が高いプロダクトになっています。 ■Botchan for-LP 日本で数社、世界でも数少ないSNS広告×Chabotのプロダクトです。 SNSは準顕在層にリーチする一つの媒体です、当該プロダクトはその準顕在層に対して Chatbotを使いシナリオを通して顕在化させるプロダクトです。 ■Botchan AI Chatbotのレコメンドの精度をAIを用いて向上させるプロダクトです。 今後はすべての弊社Chatbotに実装する基盤になるものです。
株式会社wevnal
株式会社wevnalでは一緒に働く仲間を募集しています
25 いいね!
25 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう