This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

組織が大きくなってもずっと意思疎通が図れるように!アドテク本部コミュトーク始めました。


ウエディングパークは現在社員数約160名。数十人規模の部署も複数あり、各部署がチーム力をアップするための様々な取り組みを自主的に企画・運営しています。本日ご紹介するのは、ウエディング業界向けのアドテクノロジー(以下、アドテク)活用型広告の開発・販売を担当するアドテク本部の施策「コミュトーク」です!

コミュトークとは

アドテク本部の営業・コンサルタント・エンジニア全員が集まり、仕事に対しての考え方や日々の習慣など、ひとつテーマを掲げてトークセッションを行う部署内のイベント。毎週月曜日に20分ほどかけて実施しています。上司やメンバーの考えていることや経験してきたことを知って、チームメンバー間の意思疎通をスムーズにすることを目的に行われています。登壇メンバーも質問内容はその場で初めて知るため、用意してきた言葉ではなく、リアルな言葉でその人らしい考え方を知ることができるのが特徴です!

第一回目のテーマは“カルチャーについて”

アドテク本部は2017年10月に部署が設立されてから2年弱の比較的若い部署です。部署新設後に中途入社したメンバーも多いため、ウエディングパークのカルチャーを魅力に感じて入社する人は多いものの、入社してから新しく知る事も多いのです(実は私もです!)。そんなカルチャーについて、第一回は事業本部長とマネージャーにそれぞれの考えや想いを語ってもらいました。

▲毎回2~3名のメンバーが登壇します

第一回のコミュトークで特に印象的だったのは、登壇した2人が「カルチャーは、合わせにいくものではなく、ビジョンに照らし合わせて一人ひとりが創っていくもの。」と共通して話していたこと。入社したばかりでカルチャーに対して受け身に考えていたメンバーからも、「カルチャーに対しての理解が深まった」「自分たちで創っていくんだという希望が持てた」などのポジティブな声が非常に多く出てきました。

その後も毎週コミュトークは続き、「つらかった時期とそれをどう乗り越えたのか」「業務効率化について」「一緒に働きたいと思う人とは」など、毎回様々なテーマを取り上げています。


今後コミュトークは、組織が大きくなっていくアドテク本部にとって非常に重要な役割を果たしていく取り組みになりそうです。引き続き良い組織を築き上げるために、一人ひとりの考えや想いを共有することを大切にしていきます!

株式会社ウエディングパークでは一緒に働く仲間を募集しています

今週のランキング

ランキングをみる
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう