1
/
5

子育てママがもつ、次の目標は「笑みがこぼれるシゴト」

こんにちは。
WEB GRAM広報担当 内山です。

2019年4月にWEB GRAMへJoin。
2019年12月まで 広告事業部で広告運用を一貫して行い
2020年1月から現在 経理・人事・総務・メーカー事業部。。。と、なんでもやってます。

いや、ホントにWEG GRAMは、言ってはいけないがブラック感半端ない会社かもしれない。(笑)

そして、ブラック感半端ないWEB GRAMで古株になってしまった私は、もしかしたらマゾ気味の変態で、
興奮して鼻チでる くらいじゃないと毎日の単調さに飽きてしまうから、とても悲しいがWEB GRAMのブラック感が逆に調度イイのかもしれない。(泣)

でも、こんなことを書いてしまったら、ウチの社長がもっとシゴトを渡してくるのでこの辺で。
※「社長、ホントやめてください」

そんな私が最近見たドラマで「これイイな~」って思ったものが、この2つ。

①Dinner
有名イタリアンレストランを舞台に、そこで働く人たちが抱える悩みや葛藤から
「働くこと」「生きること」の意味を問いかけられるような内容。

②Chef~三ツ星の給食~
世界中から注目される三ツ星レストランの天才女性シェフが、ある理由で小学校の給食をつくる「給食のおばちゃん」へ。天才シェフならではの面白さがうまく描かれていて笑いながら最後までみてしまうような内容。

この2つのドラマには、共通点があって
・自分の仕事が好きでたまらない
・目の前の仕事に対して、とことん突き詰めていくことを心底楽しんでいる
・自分も周りも良きライバル

私には6歳の息子がいて、まだまだ手がかかって手に負えない子育て期真っ最中。

子供が生まれる前と子供を産んだ後、自分の中で働くことに対しておおきな分岐点がありました。

今でも覚えているのが、「自分がやりたい仕事よりも、自分が稼げる仕事へ」
当時の自分には、ここに大きな違いがあると感じていたので、働き方に勢いはあっても楽しんでいる感覚を感じたことがなかったと思います。WEB GRAMという会社を知るまでは。

WEB GRAMは紹介で入社したのですが、
PCメインのIT企業なのに、私は大学卒から約20年近くPCを触っていない。。。
PCの電源の入れ方さえも忘れきってしまった私がWEB GRAMに入社した日は

なんだここは、何語(PC用語)を話しているのか理解できない
アウェイ感が半端ない
宇宙?

しかも、給与はインセンティブ制度。

経験もない。PC使えない。話している専門用語がすぐに理解できない。
完全に終わった。。。

ひとつの業務に対して時間が人の何倍もかかる分、人の何倍もやってやっと周りと同じスタートライン。

そんな中でも、心が折れず仕事に貪欲になれたのは、WEB GRAM 代表 名倉の仕事観に惹かれたこと。
そして名倉が代表である限り、自分がいなくてもこの会社はかなり大きくなっていくと強烈に肌で感じたことを今でも覚えている。

この会社を辞めてしまったら勿体ない

たぶんこの感覚が頭の片隅にいつもあって今日まで働いてこれたのかもしれない(笑)

そして、子供がだんだん手が離れそうで離れない微妙な今。

子供は好きなことに夢中になり、毎日を心底楽しんでいる。
そんな姿をみて、そろそろドラマのように心底楽しめる仕事へ私も切り替えようと思っている。

自分がやりたい仕事=自分が稼げる仕事

WEB GRAMだからできること。
この会社にはチャンスがいっぱい落ちている。

WEG GRAMは、仕事に貪欲で一緒に笑ってくれる人を待っています!

株式会社WEB GRAMでは一緒に働く仲間を募集しています
52 いいね!
52 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング