1
/
5

Wantedlyは、270万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

Wantedlyの営業ノウハウを指南する「Partners Support Contents -提案編-」を実施しました。

こんにちは。Wantedly Partnersチームの中沢です。

前回の投稿しましたBlogの通り、Wantedly Partnersが誕生して一年半が経ち、本当に有り難いことに拡販いただいてるパートナーさまの数は増加の一途を辿っています。


そこでPartnersチームでは、パートナーさまの販売・運用代行活動をより一層サポートすべく、この春からメンバーの増員を進めています。

その中で、私は「Partner Enablement」という、主にパートナー契約締結後のパートナーさまが拡販できるようになるまでのサポートをする役割を担っています。

本日は、Partner Enablementの一環で実施いたしました「Partner Support Contents -提案編-」というプログラムの振り返りをお届けします!

「Partner Support Contents」とは

「Wantedlyの拡販をするパートナーになってみたけれど、まだサービス内容を上手く説明できない…」「サービス概要は理解したけれど、どのような企業にどうやって提案すべきか分からない…」

このようなお悩みをお持ちのパートナーさまに、Wantedlyの提案ノウハウをご提供するセミナーです。
よくあるお悩み毎に、下記の通り4回に分けて開催しました。


2/7(金) 商品概要編

2/19(水) 他社競合編

  • 内容:Wantedly Adminとバッティングしやすい他社サービスとの違い
  • ※当日資料の共有はいたしかねます。

2/25(火) ケーススタディ編

3/4(水) オプション商品編

  • 内容:Wantedly Adminのオプション商品概要、オプション別成功事例
  • 当日資料(PDF)


基本的な商品知識はもちろん、ケース別の提案方法や成功事例のエッセンスといった内容を一気にインプットしていただきました。ご参加いただいた方にとっては、今後の営業活動のヒントになったのではないかと思います。

次のセクションでは、「第1回 商品概要編」「第3回 ケーススタディ編」の内容を抜粋して、具体的にご紹介します。


第1回 商品概要編より

商品概要編では、「Wantedlyの魅力を伝える4つの切り口」と題し、Wantedlyの強みを紹介しました。

①Wantedly=共感採用サービス

特にミレニアム世代にとって、仕事は条件だけでなく意義も重要となる時代に突入。

Wantedlyは、条件ではなくビジョン訴求でマッチングするサービスとして展開しています。

②採用にもマーケティングが必要である

弊社が提唱している「リクルートメント・マーケティング」の概念がサービスのコアにあります。

Wantedlyは、転職を本気で考えていない層でも「気軽に会社に遊びにいける」サービスです。また、興味をもったユーザーが、オンラインからオフラインにシームレスに移行できることもWantedlyの強みだと言えます。

③パートナーの利点は「打ち手が多いこと」と「採用コンサルティングができること」

Wantedlyだと募集記事は出し放題。Meetup機能やfeed機能など様々なので、同じお値段の中で創意工夫で採用活動を進化させられます。

採用コンサルティングを行うパートナーさまにとっては、ABテストによる効果検証などが容易にできることは大きなメリットでしょう。

④Wantedlyの特長は「20代~30代中心・圧倒的コスパ・スカウトの質が良い」の3点

Wantedlyは現在220万人のユーザーを抱えており、そのうちミレニアル世代を中心とする20〜30代のユーザーが8割程度を占めています。

また、ベースプランは月額3.5万円〜となっており成果報酬は一切かかりませんし、ダイレクトスカウト機能の返信率が他サービスより高いことも大きな特長です。


第3回 ケーススタディ編より

ケーススタディ編では、商談におけるお客様からのFAQに対する直販の営業メンバーの回答例や関連する成功事例をご紹介しました。

今回は、その中から抜粋したケーススタディを1つご紹介します。

Aさん:小さい会社で「ひとり人事」なのですが、 SESの会社かつ人事1名による運用での成功事例ありますか?

「採用人事がAさんしかいらっしゃらないのは大変ですよね。さらに、SES事業の会社は他社との差別化が難しいですよね…

しかしWantedlyでは、採用活動を開始したばかりのスタートアップ企業の利用も多いので、1名での運用で採用成功に至ったケースも多くあります

また、SESの会社こそ、入社後の研修体制や内定者の声、卒業社員の進路といった点で魅力を発信し他社と差別化することが重要ですよね。したがって、募集記事やフィード記事で会社の中身を存分にアピールできるWantedlyを活用することは効果的だと言えます。」

例えばこのようにお伝えしています。

具体的な成功事例としては下記内容を紹介させていただきました。
▼株式会社コーボーさま

最後に

今回参加されたパートナーさまからは、

「データが豊富にありわかりやすかった」
「Wantedlyに限らず汎用的に商談の際の知識の数が増えた」
「そのまま使えそうな事例も多く満足」

といった嬉しいお声をたくさんいただきました!

特に地方企業の成功事例やデータベースに関するご質問が多いことが分かったので、今後のコンテンツに活かし、そういったケーススタディも拡充してまいります。

それだけでなく、

「スカウトの返信率を上げるためにどんな工夫をしていくのか知りたい」
「PVを伸ばす方法や記事作成のポイントを今後知りたい」

というご意見もいただきました。


そこで、4月からは、

「Partner Support Contents〜運用編〜」と題した、Wantedlyの運用ノウハウをレクチャーするオンラインセミナーを実施いたします!

※パートナーの方のみご参加可能です。以下よりお気軽にお申込ください。

「Partner Support Contents〜運用編〜」企画概要

お申込フォーム(4月分のお申込受付は終了いたしました。)

現在も、新たなパートナー様を絶賛募集中です。ご興味をお持ちの方は以下LPよりお申込ください。
https://www.wantedly.com/about/partners

7 いいね!
7 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング