1
/
5

RubyKaigi Takeout 2021にRubyスポンサーとして協賛します #RubyKaigi #Wantedly

こんにちは!Wantedlyでエンジニア採用、技術イベント企画まわりを担当しています竹内みずき(@amanda__mt)です!

今週はついにプログラミング言語Rubyの国際カンファレンスであるRubyKaigi Takeout 2021が開催されますね!WantedlyはRubyスポンサーとして協賛させて頂く運びとなりました。

協賛にあたり、WantedlyのRubyの歴史や、開発チームに参加する人向けのドキュメント集として執筆したEngineering Handbookをご紹介したいと思います💪

RubyKaigiの概要

会期    : 2021年9月9日・10日・21日の 3日間
会場    : オンライン開催
公式サイト :https://rubykaigi.org/2021-takeout

WantedlyのRubyの歴史

Wantedlyでは、2011年の創業時よりRuby on Railsをつかってウェブサービスの開発を続けています。マイクロサービスアーキテクチャに移行し、数十個のコンポーネントからなる分散システムとなった現在でも、サービスの根幹はRubyによって実装されています。

2020年から開発している新規サービスも既存の自社プラットフォーム上で提供するサービスであるため、既存システムとの接続性を重視してRubyを選定しました。

また、新規事業を始める上で、高速に作り、実験を繰り返すことのできる環境は成功の確率を大きく高めます。Rubyによってもたらされる開発のアジリティは、当社で新規事業を開始する上で欠かせないものとなっています。今回も、プロトタイピングから実運用までRubyによって実現しました。

Engineering Handbookのご紹介

RubyKaigiのオーガナイザーのひとりである角谷信太郎さんをアドバイザーに迎え、、Wantedlyの開発チームに参加する人向けのドキュメント集としてWantedly Engineering Handbookを作成しました。このHandbookは社内のエンジニアが知るべき情報のうち、外部にも公開できる情報を体系的にまとめたものです。

特に「実践: gRPC in Ruby」の章ではWantedlyがRubyを用いたmicroserviceを開発する上でためた知見を丁寧に紹介しています。特にここ数年でサービス間通信に gRPC や Protocol Buffers を本格的に導入するにあたって生産性を高めるために the_pb, pb-serializer, computed_modelやgRPCの多数の interceptor を開発し、OSS として公開しています。

Wantedly Engineering Handbook WEB版


WantedlyのRubyistに話を聞いてみたい方へ

Wantedlyのカジュアル面談では、純粋にプロダクトや技術について話したい方を大歓迎しています。

  • 10年目を迎えるサービスをどのように安定運用してきたのか?その裏話
  • 新規サービスを企画からリリースまで約2ヶ月間で開発した話
  • 自社でマイクロサービス共通ライブラリを作り、高速にプロダクト開発している話

などなど

ぜひ話を聞きにいくボタンを押してみてください💪

Wantedly, Inc.では一緒に働く仲間を募集しています
6 いいね!
6 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング