1
/
5

Wantedlyは、290万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

スタートアップ経済の成長性の新たな先行指標として、スタートアップ雇用指数「WANTEX」を公開しました!

ウォンテッドリーは、日本におけるスタートアップ経済の成長性の新たな先行指標として、スタートアップ企業がWantedlyへ掲載した仕事の募集数に対する応募者数割合をスタートアップ雇用指数「WANTEX」(Wantedly Job Market Index、読み:ウォンテックス)として公開しました。

WANTEXとは

スタートアップ雇用指数「WANTEX」の定義

【算出式】「WANTEX」 = (スタートアップ企業が掲載している公開状態にある)募集数 ÷ (スタートアップ企業への)応募者数

  • スタートアップ雇用指数は上記式の各項を月次で合算して算出しています。
  • 募集数、応募者数ともに、Wantedlyで公開された募集、応募した登録者を算出対象としています。
  • スタートアップ企業は算出月から創業10年以内の企業を指します。

WANTEX公開の背景

Wantedlyはスタートアップ企業とともに成長し、近2年の全マザーズ上場企業のうち57%(20/11/26時点)にご利用いただくに至りました。世界的には米国、中国を中心にスタートアップ経済が活況を示す中、未来の日本の産業を創る新興企業のトレンドを可視化することで、日本のスタートアップ経済をより一層盛り上げていきたい、という想いからスタートアップ経済の成長性を示唆する新たな先行指標としてスタートアップ雇用指数「WANTEX」を公開いたしました。

2020年10月のWANTEXについて

コロナ禍においても活況のスタートアップ経済

新型コロナウイルス感染拡大を受け、東京都が緊急事態宣言を発令した2020年4月~5月においてWANTEXは微減しましたが、その後10月に向けて回復していることから、スタートアップ経済全体が受けたコロナショックの影響は限定的なものであったと思われます。


業種別では、IT・情報通信、コンサルティング業界の回復が早い

業種別のWANTEX推移を見ると、緊急事態宣言で全業種において減少の傾向が見られましたが、2020年6月以降では、特にIT・情報通信、コンサルティングの分野における回復が確認されました。

2020年10月時点のWANTEXの業種別ランキングは以下の通りで、コロナショックからの回復が早かった業界が上位を占めました。一方WANTEXが小さい業種においては募集数に対して応募人数が超過しているという状況のため、該当業種の募集は注目を集めることができる状況にあると思われます。


非首都圏では、特に宮崎県のスタートアップ経済に伸びが見られる

東京都を除いた46道府県におけるWANTEXに着目すると、昨年同月比169%と大幅な成長を見せた宮崎県がトップという結果に。宮崎県都農町にて「まちづくり」関連事業を行う株式会社イツノマはWantedlyを通じて東京からの移住転職者を2020年5月から計6名採用するなど、宮崎県が活況を見せております。

道府県別WANTEX:該当する道府県を所在地として登録しているスタートアップ企業の掲載募集数を、それに対する応募者数で割り込んだ数を指します。


副業関連では兵庫県のスタートアップ企業が盛り上がりを見せるというという結果に

副業関連の道府県別WANTEXを算出したところ、昨年同月比で136%の伸びを見せた兵庫県がトップという結果に。西日本がランキングの過半数を占めるという結果となりました。

道府県別副業関連WANTEX:道府県別WANTEXにおいて、副業、兼業というキーワードを含んだ募集に限って集計したWANTEXを指します。


ウォンテッドリーは、企業の潜在転職者への認知形成、共感を軸とした人と企業の出会いの創出を提供しながら、入社後の従業員の定着、活躍を支援するエンゲージメント事業を推進しております。今回のスタートアップ雇用指数「WANTEX」の公開を通じて、未来の日本の産業を創るスタートアップシーンの盛り上がりを加速させることで、Wantedlyが「はたらくすべての人のインフラ」となる世界の実現を加速させてまいります。

38 いいね!
38 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング