1
/
5
This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

決定者の声【vol.3】上京して派遣社員から正社員の道へ。女性(29歳)転職エピソード。

こんにちは、梶原です。

キャリア支援をする中で「いまある環境を変えたい!」と強い決意で上京し新しい環境を求める人も少なくありません。転職が全てを変えるわけではありませんが、少なくとも新しい自分に出会うきっかけにはなるのではないでしょうか。

この記事では日本若者転職支援センター(*以下若者センター)の決定者メッセージを紹介しています。

決定者の声【vol.3】上京して派遣社員から正社員の道へ。女性(29歳)転職エピソード。

氏名:志村さん(派遣社員)
経歴:大卒、29歳、女性、
仕事内容:通信サービスの受付、登録業務

夢はこれから先もキャリアアップし続けること。

ー転職を決意したきっかけ

手に職をつけたい。長く働ける環境をつくりたいと思ったのがきっかけです。
結婚・出産後も働きたいという夢がありました。その夢の実現のために、転職を決意しました。


いざ活動する時に困ったのは、情報量の多さ。

ー仕事探しで最初にしたことはなんですか?

まずは、求人サイトをみることからはじめました。
人材紹介は知っていたので、自分に合った転職エージェントをみつけることにしたんですが、 エージェント探しは大変でしたね。


企業と自分の相性を面接で確かめました。

ー「転職」のイメージ、「転職活動」を振り返って

活動は大変だけど、自分のやりたいことに向かっていける。
会社にも特色があり、自分自身との相性はすごく大切だなと思いました。
活動していけば、自分のやりたいことも明確に見えてくる気がします。


ー志村さんからの直筆メッセージ

未経験でも成長する意欲がある人は強い

ー担当アドバイザー金澤より

自分の成長できる幅を広げたいと話していた志村さん。
転職活動では初めて企業研究をしたため、ポイントをお伝えしました。転職をポジティブに捉えていた彼女。このまま派遣社員を続けるより手に職をつけて、10年後もその先も、周りの変化に流されない自分だけの強みを持っていたいそうです。

転職活動は、長い人生の中ではほんの数ヶ月、早い人では30日程度です。投げやりにならず、しっかり自分と向き合うことが大切です。私も応援しています!

株式会社日本若者転職支援センターでは一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング